IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

役職と平社員の違いと名刺の違い・履歴書への書き方・記入方法

事務

会社では、役職がつく人と平社員がいます。平社員といわれると、下っ端というイメージでしょう。しかし、平社員の平は、本来のちゃんとした意味があります。また、各種書類や履歴書・職務経歴書では、平社員は何と書くか迷うこともあります。ここで、平社員について解決します。

更新日時:

役職と平社員の違い

役職と平社員の違い

どの会社でも、人数に差はあっても、役職がつく役職者と平社員がいるでしょう。役職がついているか、平社員なのかは、社外の人にとっては、その人がどんな立場なのかを知る手掛かりになります。社内の人にとっては、違う部署の人だとしても、その人がどんな責任を負っているのかがわかる目安になります。 役職者は、役職に見合う責任と職権をおっていて、その範囲内で社員をまとめ仕事を進める段取りをします。自分の仕事だけではなく、全体の仕事の進みを見定める必要があるでしょう。社長であれば会社全体ですが、全体の範囲は役職名によってかわります。また、一般的には、副社長や取締役、室長などは、立場の上の人をサポートするのがメインの仕事になる役職もあります。 一方、平社員は役職がついていないので、役職者の指示のもとに自分にまかされた仕事を、責任をもってこなしていくのが一般的です。

一般の会社員の通称が平社員

平社員という言葉は、役職名ではありません。一般の社員の通称が平社員というのであり、平社員という言葉は口語の会話でのみ使われます。役職名のように、正式な書類などで平社員という言葉を使うのは、間違っています。他の言葉で言い換えるようにしましょう。

平社員の「平」の意味とは?

「平」という漢字には、「並み」、「普通」、「普段」などの意味があります。ですから、平社員の「平」は下っ端の意味ではなく、一般の社員の意味での「平」です。休日に対しての平日や、相撲での横綱や三役に対しての平幕などの「平」も、平社員の「平」と同じ意味で使われています。 役職でも、「平」をつけて呼ばれることもあります。たとえば取締役が複数いて、代表取締役、専務取締役、取締役などと立場の違う役職者がいるとすると、取締役は「平取締役」と呼ばれることもあります。「平取締役」も通称なので、役職名としては「取締役」のみになります。

役職と平社員の名刺の違い

役職と平社員の名刺の違い

主に社外の人に渡す名刺には、役職がついているなら明記するのが一般的です。平社員は一般の会社員なので、特に明記することはありません。所属部署のみの明記で充分でしょう。

役職と平社員の書き方

名刺での役職は、氏名の近くに小さめの文字で添えられているでしょう。 役職は、会社の規模や体制によって、立場の順番が違ったり、使われている役職が違ったりすることが多いでしょう。一般的に使われる役職は、立場が上から「(取締役)会長」、「代表取締役(社長)」、「取締役」、「執行役員」、「部長」、「課長」、「係長」、「主任」などがあります。 平社員の場合には、名刺には何も明記しません。会社の名刺ですから、役職と同じように「会社員」とわざわざ明記しなくても、名刺を持っている時点で、その会社の社員だとわかるからでしょう。何も書いていなければ、役職はつかない一般的な社員であると判断するのが常識です。逆に、個人のプライベート名刺でない限り、「会社員」や「一般社員」と書かれた会社から与えられた名刺は珍しいでしょう。

平社員でも肩書をつける場合がある

最近では、平社員でも肩書を持つ場合があります。名刺では、肩書が役職と同じように氏名の近くに記されることがあります。 たとえば、ファイナンシャルプランナーの資格を持っている平社員の名刺には、肩書として明記されることがあります。また、主に担当する業務から「〇〇スペシャリスト」、や「〇〇エキスパート」、「〇〇専門」などとされることもあるでしょう。 今では、主任クラスを「チーフ」とカタカナ語で役職をつける会社も少なくありません。中には、「〇〇チーフ」と肩書として使われる場合もあり、役職名なのか肩書なのか、見ただけでは判断できない肩書もあります。 たとえば、航空会社の客室乗務員は、チーフパーサーができる社内資格を持っていれば、名刺には「チーフパーサー」と書かれることがありますが、役職ではないでしょう。

職務経歴書で平社員は役職に何とかくのか

職務経歴書で平社員は役職に何とかくのか

職務経歴書では、平社員なら所属部署のみの明記で構いません。本来の職務履歴書の意味は、職務=何ができるか、何をしてきたかをアピールする書類なので、役職は関係ありません。役職がついていれば、責任を任された客観的な目安になるので、明記することはプラスαのアピールにはなるでしょう。 先にも説明したように、役職は会社規模などにより違いがあるので、役職そのものは評価されないこともあります。平社員だからといって、職務経歴書で評価されないことはないので、心配はいりません。

役職者はわかりやすく役職名を書く

今では役職名にも、カタカナ語や英語が使われることが多くあります。自社では通じても、他の会社にはない役職ならどんなものかわからないことがあります。 たとえば、ジェネラルマネージャーやエグゼクティブマネージャーなどは、会社によって立場に差があり、わかりにくいでしょう。役職でアピールしたいなら、カッコ書きで「〇〇に準ずる」という併記をするのもひとつの方法です。

平社員の役職・所属の書き方

平社員の役職・所属の書き方

ビジネスシーンでは、メールなどでも会社名と部署名を明記するだけで充分です。例えば、メールの最後につける署名なら、正式な会社名と部署名、氏名という順番の書き方でいいでしょう。平社員というのは役職名ではないので、明記すると社会人としての常識を疑われてしまいます。

平社員の役職の記入方法

平社員の役職の記入方法

さまざまな申込書などでは、勤務先の他に役職を記入する欄がある書類もあります。役職者であれば、そのまま役職名を書けばいいでしょう。平社員の場合には、役職名の欄は空欄にしておきます。

平社員の役職の表記方法

平社員の役職の表記方法

書類によっては、役職にあたる何かを書かなければいけない場合もあるでしょう。特に、インターネットでの申し込みなどでは、空欄のままでは手続きを完了できない時もあります。 そういう時に平社員のかわりに使える言葉は、会社員でしょう。他にも、一般社員、職員、社員、従業員などとしても意味が通じます。

英文の履歴書での平社員

最近では、ビジネスのグローバル化が進み、外資系企業に英文で履歴書を送ることもあるでしょう。ステップアップのいい機会なので、英文でも履歴書はそつなく仕上げたいものです。 欧米では平社員の場合であっても、履歴書の役職名を記入するところに肩書をあてるのが一般的です。正式に役職や肩書がなくても、自分で仕事内容から考えるようにしましょう。例えば、営業部を「Sales Department」としたら、「Sales Coordinator」、「Sales Specialist」、「Sales Assistant」などがいいでしょう。

平社員として「staff」はふさわしくない

よく、平社員を「staff (member)」とする訳が見受けられますが、「staff」ではプロフェッショナルな印象を受けません。履歴書では、平社員でも「staff」ではない肩書を考えるだけで印象が違います。

平社員は会話のみで使う言葉で下っ端の意味ではない!

平社員は会話のみで使う言葉で下っ端の意味ではない!

平社員の意味を下っ端という意味だと思っていて、自信のなさにつながっていた人もいるでしょう。 書類や履歴書などで、役職名がないことに劣等感を抱く必要はありません。平社員は一般社員であり、一般社員は一般社員なりに組織の中で役割はちゃんとあります。特に、職務経歴書では、役職自体が会社によって立場が違いうので、あくまでも目安としています。役職よりも、何をしてきたかやそれまでの成果が重要視されます。肩書とともに、しっかり自分をアピールできるものに仕上げることに集中しましょう。 平社員はあくまでも会話で使う通称で、書き残すような言葉ではありません。シーンによって、空欄にしたり、「会社員」、「一般社員」、「従業員」などの言い換えを使ったりするようにしましょう。平社員でも、社会人として正しい表現ができればいいのです。

関連タグ

アクセスランキング