IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

簿記1級の難易度と独学での勉強時間|公認会計士

更新日:2020年08月14日

資格・検定

最近、注目されて女性にもの簿記1級。持っているだけで転職するさいとても役に立ちます。簿記1級と言っても難易度はよくわからない方のために簿記1級の難易度と独学でも簿記1級の試験に合格できるのか、について説明していきます。

難易度が高い試験だからこそ

簿記1級は難易度が高い試験です。 通信教育や専門学校をのほうが、簿記1級取得のための勉強のノウハウを知っていて、効率よく勉強ができます。膨大な時間をかけてもいいからお金は使いたくないという方は市販教材を買っての独学でもいいですが、無駄な時間を使いたくない、できれば最短で簿記1級を取得したいというかたは多少のお金がかかっても通信教育、専門学校に通うことがおススメです。 難易度が比較的に低い簿記4級、3級では市販教材での勉強でも取得できるので独学の方はまず難易度の低い4級から取得していくことです。自分には自信があるからといきなり2級や1級から挑戦するのもいいですが、まずは基礎となる4級から取得していくことが賢明です。

簿記1級はどのくらいの時間勉強する難易度なのか

通信教育、専門学校、市販教材を使っての独学など、簿記1級を取得するためにはいろいろな勉強スタイルがあります。ここでは独学、通信教育、専門学校を使っての時間を紹介します。

効率よく勉強できる通信教育、専門学校

働いていたり、子育て中だとなかなか自分の時間が取れなかったり、使えるお金の範囲が限られてきます。しかしお金は独学よりもかかってしまうけれども、通信教育、専門学校へ通うメリットは効率よく簿記1級を取得するための勉強ができます。簡単に言ってしまえば最短ルートで簿記1級が取れる勉強法と言えます。 しかし、簿記1級は大学卒業程度にお金の支出を記帳できるレベルができる人しか合格することができない難易度です。通信教育、専門学校のサイトで比較しても最短で取れるコースが6か月コースです。このため効率よく勉強できる通信教育、専門学校で最短コースで取れる方法で半年は要することになります。 また、受講資格としては簿記3級、2級合格している前提なので、簿記を持っていない方はまず簿記3級取得から目指すことをします。

市販教材を使っての独学

大学で簿記1級をとる難易度

大学生で簿記検定を持っている学生もたくさんいます。簿記1級となると持っている学生は激減してしまいますが、大学生で簿記1級を取ると必ずと言っていいほど就職に有利になってきます。 しかし、簿記1級は年によって前後はするものの全体の合格率10パーセント前後という難易度の試験です。大学生で簿記1級を取ることは可能かどうか検証します。

簿記1級の難易度から言うと

大学生で簿記1級の取得は不可能とは言いません。しかし簿記1級の合格率は毎年平均で10パーセント程度。しかし簿記1級の試験は国内でも有数クラスの難易度を誇る試験です。片手間に勉強をして合格するほど甘い試験ではありません。受けてみないことには合格はあり得ませんが、かなり難しいという覚悟を持っておくべきです。 ただし、学生中に簿記1級を取得すると企業側から見れば勉強を頑張った学生という風に見られるので取得できればかなり就職に有利に働きます。

簿記1級は難易度が高い

ここまで、簿記1級の難易度の高さについて説明してきました。簿記2級まではしっかりと勉強すればだれでも取得することができます。それに簿記1級の試験は全体の7割の点数を取れば合格できます。全体の合格率は10パーセント前後ですが、100点の内70点取ることができれば合格できます。 きちんと事前に対策をすれば絶対無理ということはありません。そして簿記1級を持っていれば後々自分のキャリアに必ずプラスに働きます。

初回公開日:2018年01月21日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング