IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

簿記1級の難易度と独学での勉強時間|公認会計士

更新日:2020年08月14日

資格・検定

最近、注目されて女性にもの簿記1級。持っているだけで転職するさいとても役に立ちます。簿記1級と言っても難易度はよくわからない方のために簿記1級の難易度と独学でも簿記1級の試験に合格できるのか、について説明していきます。

簿記1級の難易度

そもそも簿記1級とは

資格を持っていると転職するとき、また結婚出産してからの社会復帰の時にとても役にたちます。そんな中で今女性にもの簿記1級の難易度について紹介していきます。 そもそも簿記とは簡単に言うとお金の出入りを管理し記帳することです。家計簿をつけるような感覚です。その記帳がきちんとできているかを判断するのが簿記検定になります。 簿記検定にもいろいろな難易度があります。そもそも簿記検定には4級からあります。簿記4級は比較的簡単に取得できますが、上級になってくると取得が難しくなってきます。簿記の上級、いわゆる簿記2級、簿記1級になってくると難易度はかなり高くなり、社会労務士(通称社労士)と同レベルになってくるので事前の試験勉強や対策をお勧めします。 ただし、これは簿記2級、1級のレベルの話です。簿記4級、3級は事前にしっかり勉強しておけば比較的合格しやすいです。

簿記1級の難易度

簿記1級と他の資格

第3位 公認会計士

公認会計士とは日本の国家資格のなかでもかなり難易度が上の資格で、司法試験の次に難しい資格と言われています。つまり文系系の資格では国内で二番目に難易度の高い試験です。公認会計士に比べればまだ簿記1級はとりやすいと言えます。 しかし、公認会計士も簿記1級もかなりハイレベルな資格です。初心者には取得が難しいということをしっかりと理解したうえで事前にしっかりと対策と傾向をしておくことが大前提です。

第2位 社労士

社会労務士、通称社労士も国家資格です。レベル、偏差値、的には簿記1級と同じレベルです。偏差値も同じと言うことは簿記1級と社労士の試験の難易度はほぼ変わりません。ただし、社会労務士、社労士は国家資格なので合格率で言えば簿記1級のほうが高いです。

第1位 税理士

税理士も公認会計士と同じく日本でも有数の難易度が高い国家資格です。公認会計士と税理士は同じくらい難しい試験なので、税理士よりも簿記1級の難易度のほうが簡単と言えるでしょう。 また、税理士とは税理のスペシャリストで経理や数字に強くない人はあまり向いていません。経済学部や商学部を卒業されている方は税理士もおススメの資格です。

独学での簿記1級をとる難易度

昨今、通信教育や専門学校、市販教材などさまざまな方法で簿記1級取得のための方法があります。ですが取れるものならなるべくお金をかけずに取りたいというのがみんなの本音です。独学でも簿記1級取得は可能かどうか調べてみました。

絶対無理とは言わないけれど

先ほども記載したように簿記には4級、3級、2級、そして簿記1級があります。数が大きくなればなるほど簿記検定取得の難易度は低くなります。簿記検定は町の本屋で売られているような市販教材も豊富にそろっているため、独学でも勉強はしやすいです。 また、4級から取得していけば簿記検定の基礎となることをすでに理解しているから簿記1級の試験での難易度はあがるものの全く理解できないということは起きずらいです。 しかし、何度も言っていますが、簿記1級は難易度がとても高く、合格率も年ごとに前後はしますが10パーセント前後です。大学で簿記の勉強をしていた、など自信のある人なら話は別ですが、初心者や未経験から簿記1級の試験を受ける場合は効率よく学べるということも含めて考えると、独学よりも専門学校や通信教育を使った方をお勧めいたします。

初回公開日:2018年01月21日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング