IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社説明会の質問の仕方とマナー・好感度の高い質問例/タブー例

更新日:2020年08月14日

就活マナー

会社説明会で質問をしたことはありますか?説明会で質問をすることで、企業への志望度の高さをアピールでき、選考でも有利になる場合もあります。しかし質問時には注意点がありますので、それらを知っておきましょう。今回は会社説明会の質問時のマナーなどをご紹介します。

説明会で産休について尋ねたい場合は、直接産休の制度はあるか、どれくらいの人が取得しているかを尋ねて構いません。産休は福利厚生の一環でもありますし、これを聞くこと自体は全く問題ではありません。 産休について質問をしたからといって、マイナスの印象を与える心配はありませんし、安心して質問しましょう。産休の質問をする場合に、好印象を与えるのであれば、産休の取得状況と一緒に職場復帰の状況についても尋ねることが大切です。 職場復帰について聞いておくことで、出産後も働く意欲があることがアピールできますし、仕事への意欲が高いことが伝わり、好印象を与えることができます。

育児休暇

育児休暇についても産休と同じで、説明会で質問したからといってマイナスの印象を与えることはありません。育児休暇について尋ねる場合に好印象を与えたいのであれば、時短勤務の制度はあるか、フレックスタイム制はあるか、在宅ワークは可能かなどを聞いておくといいでしょう。 これらについてを聞いておくことで、仕事への意欲が高いことが伝わり、育児休暇中でもどうにか働こうという意志が伝わりますので、好印象が与えられる可能性が高いです。

福利厚生

福利厚生について質問する場合は、まずは企業の募集要項などをしっかりと確認しておくことが大切です。基本的な福利厚生については企業のホームページや募集要項などに記されていますし、それを見れば確認できます。 調べればわかることを聞いてしまうとマイナスの印象を与えてしまいますので注意しましょう。福利厚生についての質問で好印象を与えるためには、事前に知識を身に付けてから、細部を尋ねることが大切です。 企業の福利厚生についてはすべて理解した上で、どうしてもわからない部分だけを聞くようにしましょう。

勤務地

勤務地について聞く場合は、直接聞いてしまうと注文が多いと思われ、マイナスの印象につながってしまう可能性がありますので注意しましょう。就職後の勤務地はどうなるかを直接聞くのではなく、先輩社員の例でどのようなキャリアがあるかを尋ねるようにしましょう。 先輩社員のキャリア例を聞いておくことで、どこで働いているのか、どれくらいの頻度で転勤があるのかなどもわかります。勤務地については直接尋ねるのではなく、別の質問をしてさりげなく情報を得るようにしましょう。

休日

休日についても直接聞くのは仕事への熱意が低いと思われる可能性がありますので、注意が必要です。休日について尋ねる場合は、先輩社員の一週間の仕事のスケジュール例などを聞いてみるといいでしょう。 実際のスケジュールを聞いておくことで、どれくらい休日があるのかを知ることができますし、仕事の内容や流れについてを知ることができます。また一週間ではなく、一日のスケジュールを聞けばより詳細な仕事内容や仕事の流れ、残業時間なども知ることができます。 休日や労働時間については直接質問するのではなく、他の質問からまわり道をして聞くようにしましょう。

研修

研修の制度については、直接質問してもマイナスの印象を与えることはありません。研修内容や制度についてを聞くことで、自身の成長への関心の高さ、向上心の高さをアピールすることができますし、好印象になる場合も多いです。 就職する上では研修制度や教育制度は重要になりますし、就職前にしっかりと疑問を解決しておくことが大切です。また研修制度については募集要項や企業のホームページに記載されている場合も多いので、それらについて質問してしまうのはNGです。 質問するのであれば、研修の概要ではなく、細部についてを聞き、実際の研修ではどのようなことが行われるかなど、具体的な部分を聞いていきましょう。

会社説明会ではマナーを守って質問しよう

会社説明会での質問時のマナーや好印象を与える質問、タブーな質問などを紹介しましたが、説明会で好印象を与えるためには積極的に質問をすることが大切です。マナーをしっかりと守り、鋭い内容で質問をすることができれば、好印象を与え、選考でも有利になる場合も多いです。 説明会でも担当者は学生のことをよく観察していますし、印象に残った学生は選考まで覚えていることも多いです。説明会に参加すれば業界、企業について知れるだけではなく、好印象を与えて選考を有利に進めるチャンスも眠っていますので、積極的に説明会に参加して、質問をしていきましょう。

初回公開日:2018年01月08日

記載されている内容は2018年01月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング