IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社説明会の質問の仕方とマナー・好感度の高い質問例/タブー例

更新日:2020年08月14日

就活マナー

会社説明会で質問をしたことはありますか?説明会で質問をすることで、企業への志望度の高さをアピールでき、選考でも有利になる場合もあります。しかし質問時には注意点がありますので、それらを知っておきましょう。今回は会社説明会の質問時のマナーなどをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

会社説明会の種類は?

就活を攻略するためには、業界研究、企業研究を欠かすことはできず、その一環として会社説明会というものがあります。会社説明会はその名のとおり、会社について説明したものであり、企業について詳しく知ることができるチャンスです。 会社説明会はほとんどの企業が行っていますし、参加しておくことで就活を有利に進めることができます。会社説明会にはさまざまな種類があり、どれに参加するかによって得られる情報やメリットなども違っています。 参加する種類によっては、企業への理解が全く深まらなかったという場合もありますので、注意しなければなりません。会社説明会にはどんな種類があるのかを知り、それぞれの特徴や違いなども把握しておきましょう。

企業独自と合同説明会

会社説明会は大きく、企業独自の説明会とさまざまな企業が集まる合同説明会の二つに分けられます。企業独自の説明会は、事前に予約が必要である場合が多く、その企業について詳しく知ることができます。 開催場所はさまざまであり、企業内で行われる場合や貸し会議室、場合によっては大学内で行われる場合もあります。一方で合同説明会はさまざまな企業が集まっていますので、一つの企業を集中して理解するというよりは、多くの企業に触れて、就活の選択肢を増やしていく目的で参加することが多いです。 基本的には予約は必要ありませんが、説明会ごとに参加できる人数が決まっており、企業はすぐに席が埋まってしまう可能性が高いです。合同説明会の場合は、広く浅く企業を知っていくことになります。

説明会参加が選考資格の場合も

会社説明会の在り方はさまざまであり、企業によっては合同説明会には参加せず、企業独自の説明会だけを開催している場合もあります。志望する企業の説明会の情報はこまめにチェックして参加するようにしなければなりませんが、それは単に企業研究を進めるためだけではありません。 企業によっては、説明会への参加を選考の参加条件にしている場合もあり、説明会に参加していないとそもそも選考を受けることができません。選考に参加した際にエントリーシートが配られ、それを提出しなければエントリーできない場合もありますので、志望企業の説明会は必ず参加しておきましょう。 説明会に参加しておくことで、書類選考が免除される企業などもありますし、できるだけ多くの企業の説明会に参加しておくことが大切です。

会社説明会で好印象を残す質問の仕方と質問時のマナーは?

会社説明会では、企業の担当者が自社の魅力や概要について細かに説明してくれますが、一方的な説明だけで終わるわけではありません。説明会の最後には、学生からの質問を受けつけている場合も多く、質問をすることでさらに貴重な情報を得ることができます。 また質問をすれば疑問点を解決できるだけではなく、企業へ興味を持っていること、志望度が高いことも伝わりますし、担当者に顔と名前を覚えてもらえる可能性もあります。説明会の段階で覚えてもらうことができれば、選考でも有利に働く場合も多いですし、積極的に質問をすることが大切です。 好印象を与えるためには、ただ質問すればいいわけではなく、マナーを守って質問することが大切ですので、好印象を与えるポイントを覚えておきましょう。

質問時の言葉遣い

説明会で質問をする場合は、質問時の言葉遣いに気をつけなければなりません。敬語で話すことはもちろん、略語や流行り言葉などで話さないように注意しましょう。言葉遣いには人柄が表れますし、意識していても一朝一夕でなおせるものではありません。 言葉遣いがきちんとできていなければ失礼にあたる可能性もありますし、普段から言葉遣いができていないと評価され、素の部分でマイナスの評価を与えてしまう可能性があります。反対に言葉遣いができていれば、普段からきちんとした学生であることが伝わり、素の人柄も良いと判断されます。 敬語も間違えて使っている人が多いので、就活に向けて正しい敬語、正しい言葉遣いを身に付けておき、失礼のないように質問していきましょう。

名乗り方

説明会で質問をするときには、いきなり質問の本題に入るのではなく、きちんと名乗ってから質問に移ることが大切です。いきなり本題に入るのは失礼ですし、マイナスの印象を与えてしまう可能性があります。 名乗るときには大学名、学部名、氏名を伝えましょう。また名乗るときに「本日は貴重なお話しをありがとうございました」など感謝の気持ちを伝えておくことで、より丁寧さをアピールすることができ、好印象にもつながります。一言付け加えるだけで印象は大きく変わりますので、必ず名乗るときにはお礼の言葉も伝えるようにしましょう。

回答の聞き方

質問をすればそれで終わりではなく、担当者が回答しているときの聞き方にも注意が必要です。質問をする場合は、立って質問をすることが多いですが、回答を聞いている間は基本的には立ったままの方が印象が良いです。 座っていても問題はありませんが、立っている方が好感を持たれやすいので、きちんと立って回答を聞きましょう。担当者から「どうぞお座りください」など声かけがあった場合は「失礼します」と言って座りましょう。 回答を聞いている間はふらふらせず、担当者の方をしっかりとみて、時折頷きを入れるなど話を聞いていることをアピールしましょう。聞いている態度が悪いと自分勝手だと思われる可能性もありますので、回答が終わるまで油断しないせずに聞くことが大切です。

会社説明会で好感度の高い業界別質問例とタブーな質問例は?

会社説明会ではマナーを守って質問をすれば、好印象を獲得できる場合も多いですが、マナーを守っていれば質問内容は何でもいいわけではありません。たとえマナーが守れていたとしても、質問内容がよくなければ好印象を与えることはできませんし、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。 説明会で質問をして好印象を勝ち取るためには、鋭い質問をしなければなりません。少し調べればすぐにわかるような質問をしてしまうと意欲が低いと思われてしまいますし、他にもタブーな質問はさまざまあります。 説明会ではいかにタブーに触れずに、鋭い質問をするかが大切です。業界ごとに好印象を与えられる質問やタブーな質問は違いますので、それぞれを知っておきましょう。

初回公開日:2018年01月08日

記載されている内容は2018年01月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング