IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ゆうメールの封筒の運賃/サイズ/書き方・送る際のルール

初回公開日:2018年01月03日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年01月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

日本郵政のサービスであるゆうメールを使ったことはありますか。ゆうメールでは送れるものや送り方にルールがありますので、送る際には注意が必要なサービスです。そこできちんとゆうメールを送るために注意点や封筒、封筒への入れ方などをまとめています。

ゆうメールの封筒の運賃

ゆうメールは日本郵政のサービスで、3辺が1.7m以内で3キロまでの荷物を送ることができます。ただし送ることのできるものとできないものがありますので注意が必要です。また規格内のものと規格外のものとで運賃が変わってきますが、今回はゆうメールを封筒で送るときの運賃を見ていきましょう。 ゆうメールの運賃は重量によって変わります。~150gのものは180円、~250gは215円、~500gは300円、~1㎏は350円となっています。規格外のものは~150gのものは265円、~250gは305円、~500gは400円、~1㎏は450円、~2㎏は560円、~3㎏は710円です。

ゆうメール専用の封筒はあるの?

ゆうメールを送るときに専用の封筒はあるのでしょうか。結論から言うと、ゆうメール専用の封筒はありません。中身が見えるような封筒なら基本的になんでも大丈夫です。また中身が見えないものでも、中身が見えるように一部を切っておけばゆうメールの封筒として使うことができます。中身が見えるようにどのようにしたらいいのか、という点については後程詳しく見ていきましょう。

ゆうメールの封筒のサイズ

またゆうメールを送る際の封筒のサイズはどのくらいの大きさなのでしょうか。まずゆうメールの規格内の封筒ですが、長辺34㎝×短辺25㎝×厚さ3㎝までのものとなります。それよりも小さいサイズの封筒でしたら規格内で送ることができます。 また規格外の封筒を使う際は、3辺の合計が1.7m以内のものでしたらゆうメールで送ることが可能です。それ以上の大きさになってしまうとゆうメールで送ることはできません。

ゆうメール対応の封筒10選

ゆうメール専用の封筒はありませんが、どのような封筒を選んだらいいのかわからないという方のために、送るもの別に封筒を紹介しましょう。

透明封筒

【国産】テープ付 A4【 A4用紙/DM用 】透明OPP袋(透明封筒)【100枚】30ミクロン厚(標準)225x310+40mm
【国産】テープ付 A4【 A4用紙/DM用 】透明OPP袋(透明封筒)【100枚】30ミクロン厚(標準)225x310+40mm

まず中身が見えても構わないというときに封筒が、全体が透明の封筒です。この封筒なら中身が見えているので穴をあける必要もなく、ゆうメールとして送ることができます。雑誌や書類などの紙類を送るのにです。

商品の梱包用に使っています しわの出ないタイプの柔らかいタイプなので 商品がきれいに見えます

半透明封筒

A4 OPP封筒 料金別納 ゆうメールスタンプ付 テープ付/折線付 横225×縦305+フタ40m【30000枚】
A4 OPP封筒 料金別納 ゆうメールスタンプ付 テープ付/折線付 横225×縦305+フタ40m【30000枚】

またこの封筒は完全透明ではなく半透明なので、中身が丸見えになることはありません。中身が見えてもいいけど丸見えは嫌だという人にです。

関連タグ

アクセスランキング