IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

年収・給与

システムエンジニア・SEはどの程度年収が期待できるのでしょうか。ただ、SEとして仕事をすれば、高い年収を得られるということではありませんが、一般的にSEは一般職よりは高い年収を期待することができます。外資を狙うのもおすすめです。

更新日時:

SEの年収

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

システムエンジニア・SE の年収はどの程度期待できるのでしょうか。システムエンジニア・SEの仕事なら、年収は1000万あたり期待している人たちもいるでしょう。実際にはどうなのでしょうか。いろいろ疑問をお持ちでしょうから、それにお答えしましょう。

社内

システムエンジニア・SEの平均年収は、賃金構造基本統計調査調べでは、519万円ということです。もちろん、これは平均値ですのでシステムエンジニア・SEになって、1000万円年収というのも可能です。 SEというお仕事は年収という意味でも、充分これから就職を考えている人たちにとって目指す価値のあるお仕事といえます。 SEでは、1000万円年収というのも可能は可能ですが、平均はあの程度なので1000万円年収を稼ぎたい方は、それなりの覚悟を持って挑む必要があるでしょう。 SEは、1000万円年収を期待できるお仕事ですが、同時に激務を要求されてしまうお仕事でもあります。それについても後ほど検証していきます。

1000万

システムエンジニアと言うお仕事は、一般職よりも年収は高めです。年収1000万円も、システムエンジニアなら目指すことができます。 まず、狙いは 東京、大阪、福岡といった主要都市での求人です。大都市のほうが、給与の水準は高くなる傾向にあるからです。 しかもシステムエンジニアというお仕事は、エリアによって仕事の絶対量にも差があります。どうしてもシステムエンジニアになりたいという方は、その点も考慮に入れておく必要があります。

高い

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

システムエンジニア・SEとして、平均よりも高い年収を目指しているならば、それなり激務が要求されてしまうでしょう。東京の企業に勤務するのなら、激務に見合った年収がついてくる傾向はあります。 今、マイナンバー制度や2020年の東京オリンピックによって、世の中は変化しようとしています。 その過程でSEのニーズも高まり、多くの企業が、積極的にシステムエンジニアに向きあう意識を持っています。SEの求人も現在まだ積極的と言われています。 SEの需要が拡大している今がまさに年収アップのチャンスともいうことができます。

平均

ただし、SEになれば、全員が1000 万円越えするということではありません。平均でいうと、おおむね36.2歳で542万円程度となります。 男女ともに20代の前半と後半の間で特に大きな差がでる傾向があります。男性はその後に年70万程度まで上昇を期待することができますが、女性の場合そうではなく、20万程度とややゆるい感じです。 未経験、新卒のシステムエンジニアが多いので20代後半までは比較的低めの年収です。ただし、経験を積むことで段々と年収がアップしていきます。システムエンジニアに問われているのはまさに経験で、130~140万程度年収をアップさせようと思ったら、ある程度の期間経験を積む必要があります。

30代

30代は、ある程度経験を積んでおり、チームリーダーやプロジェクトマネージャーなどの管理職として、チームを率いる立場になることができます。管理職になれれば、年収アップを期待することができます。

SEの年収ランキングTOP10

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

SEの年収ランキングをチェックしてみましょう。システムエンジニア・SEそれぞれに違いがあります。

10位サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーをゼロから「構築・設計」し「管理、保守」する仕事です。「構築・設計」の分野では、SEはサーバーの設置場所の通信速度、電源の容量などの条件に合わせ、運用に必要なサーバーを選択して、配線やOSのインストールなどを行います。 「管理・保守」の分野では、サーバーの監視、セキュリティチェック、バックアップなどシステムが問題なく進行していくことをサポートします。 このSEの年収は、平均年収465万円あたりです。サーバーエンジニアの20代男性と20代女性の平均年収を比較した場合、20代男性が411万円なのに対し、20代女性は438万円というデータがあり、女性のほうが給料が高い結果があります。 そのような意味では、サーバーエンジニアというお仕事は、SEの中でも女性もしっかり評価される職種だということができます。

9位社内システム企画・社内SE

社内システム企画・社内SEは、特定の企業に就職して、企業のシステムを開発し、システムの運用をしていきます。 仕事はチームを組み行うことが多く、チーム内のメンバーは、社内での新規システム立案、見直しをする「システム企画担当」、サラリーマンにて「アプリケーション開発担当」、「ネットワーク・インフラ担当」、「ヘルプデスク担当」、「システムアナリスト担当」といったもので構成されます。 このシステムエンジニアは、平均年収が516万円です。

8位社内情報システム、MIS

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

社内情報システム、MIS(マネジメントインフォメーションシステム(経営情報システム))は、企業の情報を取り扱うシステムの構築、運用を行うSEです。 社内情報システム、MIS の年収は、526万円あたりです。

7位システム開発(Web・オープン系)

システム開発(Web・オープン系)のお仕事は、webサイトのシステムを構築、管理するSEです。 web系エンジニアの年収は532万円あたりです。いろいろなメーカーのハードウェア、ソフトウェアを組み合わせたシステムを構築し、管理します。

6位製品開発・研究開発

そして、製品開発・研究開発というシステムエンジニアは、会社の開発部門に属し、IT関連の開発を行う仕事をしています。製品開発では製品を開発し、研究開発では次世代IT技術を開発していきます。 まさに、会社によって内容は違い、ソフトウェアやアプリの開発ほか、自動車メーカーなら車の自動制御システムなどを開発します。製品開発・研究開発の年収は、542万円あたりです。

5位プロジェクトリーダ

このSEはシステム開発の責任者であり、プロジェクト全体をしっかり把握する必要があり、計画から運営管理を、そして納期、予算、開発スタッフのマネジメントまで行う仕事です。 プロジェクトリーダーの平均年収は569万円です。プロジェクトリーダーは、開発の優先順位を決めて、納期、予算を決めるプロジェクト情報共有の仕事だったり、次回開発にかかる必要な人員や工数を明確にする開発作業の計画だったり、プロジェクトチームの編成、プロジェクトの進行・管理、評価、レビューまでをおこなっていきます。

4位プロジェクトマネージャー

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトチームを作り、問題を解決できるシステムを開発します このようなSEは、顧客となる企業の仕事内容をロジカルに理解する思考力が必要となります。プロジェクトマネージャーの平均年収の610万円です。

3位研究、特許

研究、特許の仕事は、情報技術分野の研究者として、情報と計算の理論的基礎、そしてそのコンピュータ上への実装と応用に関する研究などを行います。平均年収は625万円です。

2位ITコンサルタント

ITコンサルタントのお仕事は、経営戦略に基づいた「IT戦略」の立案をし、企画やマネジメントをするなど、コンサルティングのプロジェクトにより多岐にわたります。 エンジニアとしてキャリアを積めばITコンサルタントに転職するケースが多くあります。平均年収は629万円です。

1位インフラエンジニア

SEは、目的に応じた通信環境設備を構築をし、設備の管理をする技術者です。 通信環境設備とだけ聞けばイメージが難しいでしょうけど、ここでの通信環境は、インターネットをさし、そしてネットから膨大な情報を受信し処理するWebサーバーを指すことがほとんどです。ここでのSEの平均年収は640万円です。

会社別のSEの年収ランキング

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

SEの年収は、さまざまな分野がありそれぞれ違いが出てきます。一番、システムエンジニアの年収が高いと言われているのは、金融・保険系です。 次に外資系SIer/NIer、コンサルティングファームが続き、総合電機メーカー、専門コンサル系、大手SIer/NIer、コンサルティングファーム、ベンダーという順です。 このような業種で、SEをすれば、年収は、1000万円越えも期待できる可能性があります。 そして、医薬品・化粧品メーカー、大手SIer/NIer、コンサルティングファーム、ベンダーの子会社、関連会社、通信系、コンピュータ・通信機器・OA機器関連メーカ、家電・AV機器・ゲーム機器メーカ、インターネット関連系と言った業種にも、システムエンジニアのニーズがしっかりあります。

年収と需要

特に、金融・保険系がシステムエンジニア・SEのニーズを求めているのは、社会インフラであり、なくてはならないITを取り扱うSEは技術力もセキュリティ対策も信頼性もしっかり確保しなければならないためです。 このようなお仕事で、しっかりシステムエンジニアという存在が求められ、かつ年収も高いと考えていいでしょう。 三菱東京UFJ銀行の子会社である三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社や保険のアフラック、イオン銀行にも結構期待値があります。

KDDI

KDDIはご存じ電気通信業をおこなう企業です。携帯電話事業、固定電話事業などの各種通信事業をし、沖縄セルラー電話やジュビターテレコムなどをグループに持っています。 このような企業でシステムエンジニアとして活躍すれば、1000万円越えも夢ではないでしょう。

DELL(デル)

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

DELL(デル)世界を代表するPCメーカーです。企業などでは、このメーカーのパソコンを使用しているところが多くあります。 DELL(デル)は、本社はアメリカのテキサス州であり、現在、ITソリューションサービスにもかなり力をいれています。 平均年収は約700万円と言われていますが、外資系企業には実力差が生まれ、年齢にも幅があると考えることができます。

日本HP

日本HP・ヒューレット・パッカードはコンピュータ、プリンタ、コンピュータ関連製品の開発から販売 をしている会社です。本社はアメリカのカリフォルニアですが、日本法人のためこちらも、日系企業と同じ程度の年収と考えていいでしょう。平均年収は約700万円です。

富士通

富士通のシステムエンジニアは、企業や官公庁などの要望に応じ、ITシステム全体の構築をおこなっています。 富士通が受注するシステムは、データセンターの構築などを含んだ大規模なものがあり、企業のイントラネットの構築などまでさまざまです。 富士通ISサービス、富士通アイソテック、富士通ITプロダクツ、ITマネジメントパートナーズ、富士通アイ・ネットワークシステムズなどが関連企業です。 富士通は、理念・指針として「FUJITSU Way」を掲げています。富士通グループは、常に変革に挑戦し続けて、快適でかつ安心できるネットワークの社会づくりに貢献し、豊かでかつ夢のある未来を世界中の人々に提供しています。 富士通の平均年収は797万円と言われています。同じ企業だとしても、どの部署に配属されるかなどで、かなり数字が上下することにも注目する必要があります。

日本IBM

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

外資系ITメーカーとしてシステムエンジニアをすれば、年収は結構期待できるのではないでしょうか。ずいぶん昔から日本で事業を行ってきたので、日本IBMなどは外資という感じもあまりしないですが、日本IBMでシステムエンジニアとして仕事をすれば、約800万円ほどの年収を期待することができます。 日本だけで従業員が1万7千人を超えることもあり、日本企業と似た感じもしますが、外資ゆえ、本当に実力を持っているSEならもっと高い年収も期待することができます。

インテル

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

インテルも外資系ITベンダーです。CPUにおいては、世界で80%以上のシェアを持っている企業です。 この企業で、システムエンジニアとして活躍すれば、約900万円あたり期待することができます。

ISID

ISIDは、電通国際情報サービスのことです。 広告代理店大手の電通グループのIT系企業であり、コンサルティング業務、システム開発、ソフトウェアの販売からサポート、システムの保守業務などを行っている企業です。 約970万円が年収です。

三菱総合研究所

そして、三菱総合研究所(「三菱総研」、「MRI」)ではシンクタンク業務、コンサルティング業務、ITソリューション業務を提供し、年収は、約1,020万円です。

シグマクシス

シグマクシスは、三菱商事系のコンサルティングファームであり、戦略コンサルから業務改善コンサル、システムコンサル、システム構築、システム運用までの業務を行っています。ここでのシステムエンジニアの年収は、約1,030万円と言われています。

日本オラクル

日本オラクルはアメリカ企業であるオラクルコーポレーションの日本の法人です。ここでのシステムエンジニアの年収は、約1,040万円です。ハードウェア、コンサル、サポートサービスなどを扱い、多くのユーザを抱えています。

野村総合研究所

そして、野村総合研究所もシステムエンジニア・SEにとって無視するとは決してできない企業です。 野村総合研究所は、約1,150万円が年収と言われています。野村総合研究所は、野村證券のグループ企業になります。シンクタンクやコンサルティングファーム、システムインテグレーター(SI)事業をメインでおこなっています。

ソフトバンクグループ

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

そして、システムエンジニアが大いに活躍できる舞台といえば、ソフトバンクグループです。ソフトバンクグループではSEの年収は約1,160万円と言われています。 ソフトバンクグループは、ご存知の方が多いでしょうけれど、携帯電話などの通信事業の他、インターネット関連事業を行っており、現代社会において必要不可欠な会社です。

日本マイクロソフト

日本マイクロソフトは、OS「Windows(ウインドウズ)」を開発、販売する企業です。 外資系ITベンダーといわれ、外資系ITメーカーとは違う感じであり、営業やマーケティングが日本支社ではメインとしておこなわれています。 開発は本社に集中していとる言っていいでしょう。しかし、日本マイクロソフトに勤務すれば、システムエンジニア・SEの年収は、約1,200万円あたりも決して夢ではありません。

スクウェア・エニックス・ホールディングス

SE年収でかなり期待値が高いのは、スクウェア・エニックス・ホールディングスです。スクウェア・エニックス・ホールディングスのSEの年収は、約1400万円とも言われています。 そのような意味では、SEという仕事もピンキリであり、高い年収を目指していくのなら、最初から勤める企業の選別していかなければなりません。 「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などの大ヒットゲームを生み出している「スクウェア・エニックス」や、「タイトー」などの老舗ゲームメーカーも抱えていて、これだけ年収が期待できるも当然と言えるのではないでしょうか。

koSEなどの年収

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

資生堂、花王、コーセー、マンダム、ファンケルなど含む医薬品・化粧品メーカーでSEとして仕事をするというのもおすすめです。 このように、まず、システムエンジニアとしてお仕事をするには、どこで仕事をするかによって年収に大きな差が出てきてしまうことに注意をする必要があります。 資生堂、花王、コーセー、マンダム、ファンケルなどの企業で勤務すれば、あなたのシステムエンジニアとしての力を充分評価してくれるでしょう。 そして、システムエンジニア・SEとして年収1000万円越えを目指しているのなら、大手SIer/NIer、コンサルティングファーム、ベンダー、専門コンサル系、外資系SIer/NIer、コンサルティングファーム、金融・保険系を目指してみましょう。

SEの年収は違いがある

SEの年収ランキングTOP10|社内/1000万/平均

いかがでしょうか。ただ、SEとしてお仕事をすれば、平均値程度では高い年収を得られるということではありませんが、一般的にSEなど専門職は一般職よりは高い年収を期待することができます。 SEとしてもうちょっと年収をアップしたいとお考えの人は「ステップアップ」のための「転職」もおすすめです。

アクセスランキング