IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定通知書の返事の書き方や例文|メール/お礼状・注意点や対処法

更新日:2020年08月28日

内定後

これまでの就職活動の努力が実を結び、面接を受けた企業から内定をもらい喜ぶのも束の間、就活生は企業からもらう内定通知書にお礼の返事をしなければなりません。ここでは、内定通知書の返事の書き方をポイントを押さえながら紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定通知書の返事とは?

内定通知書を受け取った時に、内定者がその内定先の企業やお店に出すお礼状のことをさします。 書く内容は、採用してくれたことへのお礼と、その会社で働く際の意気込みなどを書きます。 お礼状を書かなければ内定が取り消しさせるかというとそうではないですが、会社に好印象を与えるため、最近では、高校や大学の就職課・学生課が学生に対して「内定通知書を受け取ったらお礼状を出すように」という指導をしているところが増えてきています。 また、転職の場合にも内定通知書に対してお礼状を出す人が増えています。

マナーを守って誠実な対応を

ここでは、就職や転職が決まった際の内定通知書に対する返事の書き方とポイント、注意点や対処法をご紹介します。 また、就職活動、転職活動では、1社しか応募しないケースは稀なため、複数社から内定通知書をもらうこともあるでしょう。内定の辞退は気が重い作業ですが、そんな時のための書き方もご紹介します。 内定をもらってお礼を送る場合も、辞退をする場合も、後々トラブルにならないように、しっかりとマナーを守った上で、誠実な対応をとるようにしましょう。

内定通知書の返事を出すタイミングは?

内定通知書を受け取ったらすぐに出しましょう。メールの場合は、即時性を活かし、すぐに返事できるのがメールです。内定通知書をいただいた翌日までには送ります。 お礼状の場合は、できるだけ翌日には投函したいものです。早ければ早いほど価値がありますが、遅くとも先方の手もとには一週間以内に届くようにしましょう。

内定通知書の返事の書き方や例文

どんな内容を書くの?

内定通知書の返事は、メールでも、お礼状でも内容は下記の流れになります。 1.ビジネスマナーに従った挨拶を文頭に書く 2.内定を出してくれたことへのお礼を述べる 3.その会社で働く意気込みを簡潔にまとめる 4.改めて感謝の意を述べ、結びの挨拶で締める 内定通知書を頂いたことに対しての感謝の気持ちと、高い入社への意欲をなるべく早く伝えることが大切です。

メールの場合

内定通知書がメールが来たら、社会人として丁寧な返信をしましょう。その会社で働く場合は、会社でのその後の印象を良くすることにも繋がりますし、断る場合であったとしても、企業は次の候補者を探さなければなりませんので、早めに伝えてあげることが必要です。 人事担当者が知りたいことは「この会社に入るつもりがあるのか、それともないのか」の1点なので、内定通知書の返事のメールでは、それを明確にすることが大切です。ポイントとは、短く・簡潔に・丁寧に・素早くが大切です。

初回公開日:2018年02月13日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング