IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ハイリスクハイリターンの意味・類語や対義語・金儲けの方法

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ハイリスクハイリターンという言葉の意味をご存知でしょうか?言葉自体は聞いたことがあるものの、意味は知らない人が多く、実際にどんなときに使われる言葉なのかを知らない人も多いです。今回はハイリスクハイリターンについてご紹介します。

ハイリスクハイリターンの意味は?

ハイリスクハイリターンの言葉の意味はご存知でしょうか。ハイリスクハイリターンは日常的にも良く耳にする言葉であり、実際に使っている人も多いです。しかしその意味を正しく理解できていない人は多く、間違ったまま使っている人もいます。 ハイリスクハイリターンとは、高いリスク、危険性に対して、得られるものも大きいという意味です。危険度は高く、失敗する可能性は高いが、その分成功したときの見返りが大きいことを指した言葉です。 ハイリスクハイリターンはさまざまな場所で使われますが、基本的には投資において使われている言葉です。投資で使われていた言葉が一般的にも浸透し、さまざまなシーンで使われるようになりました。

投資

投資におけるハイリスクハイリターンの意味は基本的なものは同じであり、高い危険性、失敗の可能性に対して、成功したときの見返りが大きいという意味です。投資におけるハイリスクハイリターンは新興事業、ベンチャービジネスへの投資などを行う際に使われることが多いです。 大企業や中小企業でも優良企業で有名な企業であれば成長は確実で、安定性の高い企業も多いです。それらの企業に投資すれば、ほぼ確実に利益は得られるものの、見返りも少なく、利益としてはそれほど大きくない場合も多いです。 しかし新興事業やベンチャー企業の場合は、失敗する可能性は高いですが、新しく始めることがヒットすれば見返りもその分大きくなります。

ハイリスクハイリターンの類語は?

ハイリスクハイリターンの類義語としては、虎穴に入らざれば虎子を得ずが挙げられます。虎児とは虎の子のことであり、非常に価値のあるものとして考えられています。虎の子を得たければ虎穴、つまり虎の住処に忍び込まなければならず、リスクにも挑戦しなければならないということを意味しています。 虎に見つかってしまえば命も危険に晒されますし、虎の住処に忍び込むということは、それだけ見つかってしまう危険性も高いです。リスクは高いものの、成功すれば非常に価値のあるものを手に入れることができ、まさにハイリスクハイリターンです。

ハイリスクハイリターンの対義語は?

ハイリスクハイリターンの対義語としては、ローリスクローリターンが挙げられます。ハイリスクハイリターンが危険度が高く、見返りも大きいのに対して、ローリスクローリターンは安全性が高く、その分見返りも小さいです。 ローリスクローリターンもハイリスクハイリターンと同じく投資において使われる言葉であり、信用ある企業への投資などを指して使うことが多いです。ローリスクローリターンは堅実ではありますが、利益は少ないですし、必ずしも失敗しないわけではありません。 あくまでリスクが低いだけでゼロではありませんので、ローリスクローリターンの場合でも失敗してしまう可能性はあります。

ハイリスクハイリターンの金儲けの方法は?

ハイリスクハイリターンは投資において使われる言葉ですが、現在では一般的に使われることも多いです。ハイリスクハイリターンは基本的には金儲けをするときに使われる言葉であり、ハイリスクハイリターンの金儲けの方法はさまざまなものが挙げられます。 一般的にギャンブルはハイリスクハイリターンのものが多いですが、それも賭け方次第です。賭け方によってはギャンブルであってもローリスクローリターンの場合もありますし、やり方一つで大きく違ってきます。 またハイリスクハイリターンはギャンブルだけに使われるものでもありません。ハイリスクハイリターンの金儲けの方法はどんなものがあるかを知って、一攫千金を目指しましょう。

投資の代表としては株が挙げられ、株取引でもハイリスクハイリターンで金儲けをすることはできます。ハイリスクハイリターンで金儲けをしたいのであれば、誰も注目していない、あるいは注目はされているが値上がりが確実ではない株を買うこと。さらに一株や二株などの少量ではなく、もっと大きな単位で買うことが大切です。 せっかく値上がりしたとしても、所有している株式の数が少なければハイリターンにはなりませんし、ハイリスクでもありません。あくまでハイリスクハイリターンを目指すのであれば、購入予算ぎりぎりまで株式を購入して勝負をかけることが大切です。

宝くじ

宝くじは100円単位からでも購入することができますが、それでは当たる確率は低く、当たったとしてもリターンが少ない可能性も高いです。ハイリスクハイリターンで狙うのであれば、購入口数を多くしなければなりません。 購入数が多くなればそれだけ損をする確率も上がりますが、当選する確率も上がります。場合によっては購入した中から複数の賞が当たる場合もありますし、複数重なればリターンの金額も大きくなります。 宝くじは一つ当たりの単価が小さいので、ハイリスクハイリターンで金儲けをすることが難しくありますが、購入数を増やせば、損をするリスクは上がるものの、リターンが多くなる可能性もありますので、それを覚えておきましょう。

競馬

競馬でハイリスクハイリターンを狙うのであれば、本命馬は外し、穴馬狙いで馬券を買う必要があります。競馬では何が一着になるかは分かりませんが、それでも本命、対抗と順当にくる場合は多いですし、それらに賭けていれば配当が得らえる可能性も高いです。 しかし本命や対抗ではリターンも少ないですし、何よりローリスクです。万馬券となるほどの大穴であれば、100円が1万円以上に化けますし、1000円買えば10万円、1万円買えば100万円とリターンの額も上がっていきます。 あまりに高額をつぎ込みすぎるとオッズが下がってしまいますので、リターンが少なくなる可能性もありますが、それでも万馬券であれば高いリターンを得ることができます。

スロット

スロットでもハイリスクハイリターンを目指すことは可能で、コイン1枚当たりの値段を上げればハイリスクハイリターンになります。スロットやパチンコなどは1枚何円、1発何円と決められており、1円パチンコから4円パチンコなどさまざまなものがあります。 1枚あたり、1発あたりの値段が上がれば、損失が増える可能性も上がりますが、大当たりが出た時に一気に取り返すことができます。ハイリスクハイリターンを目指すのであれば、1発あたりの単価を上げて挑みましょう。

ハイリスクハイリターンになる仕事を紹介

初回公開日:2018年01月07日

記載されている内容は2018年01月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング