IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サバサバの意味/類語/語源/使い方・サバサバした人の特徴

初回公開日:2018年01月07日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

あなたは「サバサバ」という言葉を耳にしたことはありますか。おそらく、聞いたことがないという方はいないでしょう。しかし、この「サバサバ」という言葉にどのような意味があるかご存知でしょうか。今回は、「サバサバ」という言葉について詳しくご紹介します。

サバサバの意味とは?

「サバサバ」という言葉の意味は、気持ちがスッキリとした様子や、気持ちが爽やかになった様子を表します。他には、あまりこだわりを持たず、あっさりとしていてさばけている様子を表します。 「サバサバ」とういう言葉の意味がわかったところで、「サバサバ」の類語や語源や遣い方などについてご紹介します。

サバサバの類語とは?

「サバサバ」という言葉の類語は、以下のようなものがあります。

さっぱり

「さっぱり」という言葉の意味の中には、わだかまりや不快感が消えて気持ちが良くなった様子や、しつこさがなくスッキリとあっさりとした様子を表すものがあり、「サバサバ」と似たものが存在する類語です。 しかし、「サバサバ」という言葉の意味とは異なった、すっかりという意味や否定的な意味の全然やまったくという意味を持っているのが「サバサバ」の類語である「さっぱり」という言葉です。

あっさり

「あっさり」という言葉の意味の中には、性格や物事が複雑ではなくしつこくない様子を表すものがあり、「サバサバ」と似たものが存在する類語です。 しかし、「サバサバ」という言葉の意味とは異なった、物事に時間や手間がかからない様子を表す意味を持っているのが「サバサバ」の類語である「あっさり」という言葉です。

淡白

「淡白」という言葉の意味は、あっさりとした様子やさっぱりとした様子、あまりこだわりを持たずしつこくない様子を表しており、「サバサバ」と似た意味だけを持つ言葉です。

からっと

「からっと」という言葉の意味の中には、あまりこだわりを持たず、あっさりとしている様子を表すものがあり、「サバサバ」と似たものが存在する類語です。 しかし、「サバサバ」という言葉の意味とは異なった、爽やかに晴れ渡った様子や、湿り気がなくよく乾いている様子を泡ラス意味を持っているのが「サバサバ」の類語である「からっと」という言葉です。

サバサバの語源とは?

「サバサバ」とい言葉を聞くと、その様子から生まれた擬音語だと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、「サバサバ」という言葉には、キチンとした語源があります。 「サバサバ」という言葉の語源は、捌く(さばく」という言葉にあります。捌く(さばく)という言葉には、混乱したものや複雑な状態のものを整理して解き分けたりほどくという意味があります。 この捌く(さばく)の意味から、混乱や複雑な状態から解き放たれた状態や複雑な関係にこだわらない様子に対して「サバサバ」という言葉を使うようになりました。これが、「サバサバ」という言葉の語源とされています。

サバサバの使い方とは?

関連タグ

アクセスランキング