IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お大事に」の敬語表現と使い方・「おだいじに」の歌詞の意味

敬語

「お大事に」という言葉を聞いたことがありますか。この「お大事に」は、病気やケガなどの方へのお見舞いのときに話言葉としても、またメールや手紙などでもよく使われるフレーズです。ここでは、「お大事に」の意味や使い方、例文をご紹介しますので、ご参照ください。

更新日時:

「お大事に」の敬語表現

風邪や体調不良のときに「お大事に」と声を掛けられたことがある方は多いでしょう。この「お大事に」とはどういう意味で、どのような場面で、どのように使われる言葉なのでしょうか。また、「お大事に」を敬語で表現するとどのようになるのでしょうか。ここでは、「お大事に」の意味や使い方、敬語表現などをみていきます。

「お大事に」の意味

「お大事に」とは、主として相手の健康状態を気遣い、早く治ることを願う気持ちを伝える言葉です。けがや病気をしている人に、自分の体を労わり、大事にしてくださいという意味で使うフレーズです。 また「大事」という意味には、「おおごと」「大変なこと」「重要なこと」という意味が含まれており、「お大事に」という言葉は自分の体を癒してくださいという意味のほかに、体が健康であることが何よりも「重要なこと」であると捉え、体を治癒させることに専念して、早く治してくださいという願いと、病気が重くなり「おおごと」にならないようにという願いが込められています。

お大事にしてください

「お大事に」は、「お大事にしてください」という文章を略している言葉です。そのため、立場が上の人に対して言う場合には、略さずに「お大事にしてください」ときちんと語尾まで丁寧に言うようにしましょう。例えば、以下のように言います。 (例文)「どうかお大事にしてください」

お大事になさってください

「お大事に」は上司や目上の人に対して使うと、上から目線に捉えられることがあります。もし、目上の人に使う場合には、前述の「お大事にしてください」の他に「お大事になさってください」と伝えましょう。 (例文)「くれぐれもお大事になさってください」 「お大事になさってください」の言葉の前に「くれぐれも」や「どうぞ」という言葉をつけると、より丁寧な表現となります。しかし、同僚や友達に対しては、ここまで丁寧な表現はかえって堅苦しく聞こえますので、その場合は「お大事に」だけで良いでしょう。

ご自愛ください

「お大事に」と同じような意味で「ご自愛ください」という言葉があります。「ご自愛ください」の「自愛」とは、自分を大切にするとか自分の健康に気を付けるという意味があり、そこに接頭語の「ご」をつけて「ご自愛」としていることで「ご自分のお体を大切にしてください」という意味になります。「大事」という言葉と一緒に使う場合には、以下のような使い方があります。 (例文)「大事にいたりませんように、どうかご自愛ください」

「ご自愛」を使う場合の注意

「ご自愛」を使おうとして、「どうぞお体ご自愛ください」と言うのは間違いです。前述のように「自愛」とは「自分の体を大事にする、愛する」という意味で、既に「自愛」に「体」という意味が含まれているためです。

「お大事に」と言われた場合の返事

ケガや病気のときに「お大事に」と声を掛けられた場合にどのように返事をすべきでしょうか。「お大事に」と言われたからといっても、「はい、大事にします」ではちょっと不自然です。「お大事にしてください」と言われたときには、相手が自分を気遣ってくれたことに対するお礼の気持ちを込めて、「ありがとうございます。」「お気遣いありがとうごさいます。」と答えるようにしましょう。

「お大事にされてください」は正しい表現か

「お大事にされてください」という表現をたまに見かけますが、これは正しい表現なのでしょうか。「されて」という言葉は、サ変動詞の未然形である「さ」に尊敬の助動詞「する」が接続した形で、通常であれば尊敬語となりますが、「お大事に」という言葉の後に使う場合には、「お大事になさってください」が正しい敬語表現です。間違った表現を使わないように気を付けましょう。

「お大事に」の使い方

「お大事に」は、病気やケガの方に対して話言葉としてもよく使われる言葉ですが、ほかにもさまざまなシーンで使える言葉です。「お大事に」というフレーズについて、以下にいろいろな場面の使い方をご紹介します。

メール

メールでも、「お大事に」というフレーズはよく使います。例えば、上司や取引先など目上の人に対して、相手を気遣う意味で使います。その場合は、「お大事に」と省略形ではなく、「お大事になさってください」と最後まで書くようにします。 (例文) 1.「どうぞ、お大事になさってください。」 2.「どうか、お大事にしてください。」 3.「一日も早いご回復をお祈りしております。どうぞ、お大事に。」 4.「お大事に、くれぐれもご自愛くださいませ。」

手紙

お見舞いの手紙を書く場合に「お大事に」のフレーズを使うことができます。お見舞いの手紙には、時候の挨拶などは不要で、相手の安否や心情を気遣うことが重要です。また、送る時期としても、知らせを聞いたときからできるだけ早く送ることが礼儀です。なるべく前向きな表現にすることは良いですが、明るすぎず、相手の立場に立った文章を書きましょう。 また、使ってはいけないことばや表現は、他の災害や病気との比較や病名や病状に触れたもの、忌言葉(死とか重ね重ねなどの連続)、追伸などです。「お大事に」を使った、お見舞いの例文が以下になります。 (例文)「突然のご病気との知らせに接し、大変驚いております。その後、お加減はいかがでしょうか。~どうかご無理をなさりませんように、お体をお大事になさってください。」

電話

電話でも「お大事に」は使えるフレーズです。友人や同僚など同じ立場だったり近しい人であれば「お大事に」で良いですが、目上の人には「お大事になさってください」と言いましょう。 (例文)「うちの夫が病気で入院したんです。」「それは、お気の毒に。どうかお大事になさってください。」

目上

目上の人に対しては、「お大事に」と省略せずに「お大事になさってください」「お大事にしてください」と語尾まできちんと伝えます。また、より丁寧な表現とするために「どうか」とか「どうぞ」という言葉を先に付け加えるようにしても良いでしょう。

ビジネス

ビジネス上のメールや電話、文書などのやり取りでも「お大事に」というフレーズは使えます。ただし、この場合も取引先や先輩、上司などの目上の人に対しては、「どうぞお大事になさってください」「お大事にしてください」「大事にいたりませんように、どうかご自愛ください」などのように、丁寧な表現を心がけましょう。

くれぐれも

「お大事に」というフレーズをより丁寧に表現したい場合には、このフレーズの先に「くれぐれも」とか「どうか」「どうぞ」という言葉を付け加えましょう。 (例文)「くれぐれもお大事になさってください」

風邪

風邪で早退したり、休んだ人に対してかける言葉としても「お大事に」はよく使われるフレーズです。例えば、同僚が「風邪を引いたみたいで具合が悪いから早退します」と言った場合には、「そうなのね。後のことは任せて。お大事に。」というように使います。

快方した後の気遣いも

上司や目上の人にお見舞いメールとして「お大事になさってください」などの気遣いメールを送ったとします。ビジネスパーソンとしては、合格と言いたいところですが、よりデキる人になるためには、快方後の気遣いも重要です。もし、回復して復帰したと聞いた場合は、「思ったよりもお元気で安心いたしました。」とか「顔色が良いので安心いたしました。」などのお見舞いの言葉を掛けましょう。また、「あまりご無理をなさりませんように」とさらに相手を気遣うということも良いでしょう。

「お大事に」以外の相手を気遣う言葉

「お大事に」は、病気やケガの方に対して相手のことを気遣って使う言葉ですが、ほかにも以下のような相手の体調を気遣う言葉はあります。 (例文) 1.「くれぐれもご自愛くださいませ。」 2.「十分に静養なさってください。」 3.「しっかりと養生してください。」 4.「一日も早いご回復をお祈りしております。」

「ゆっくり」「気長に」は使わない

お見舞いの言葉として「ゆっくりお休みください」とか「ゆっくり養生してください」「じっくり静養してください」というフレーズを使いがちですが、あまり使わない方が無難です。これらの「静養」「養生」という言葉は「休む」という意味であり、病気やケガの場合は回復が早いことが理想だからです。「ゆっくり」「気長に」「じっくり」という言葉はできるだけ避けるよう心がけましょう。

「ゆっくり」「じっくり」よりも「十分に」

では、「ゆっくり」「じっくり」などの言葉を使わずにどのようにお見舞いの言葉を言えば良いのでしょうか。「お大事になさってください」というフレーズは、前述しましたように目上の人にも使える言葉ですので問題ありませんが、もう少しバリエーションをもってお見舞いのメールや手紙を書きたいという方は、以下のようなフレーズを使ってみてはいかがでしょうか。 (例文) 1.「くれぐれもご無理はなさりませんように」 2.「十分にご静養なさりますようお願い申し上げます。」 3.「十分に養生され、一日も早いご回復をお祈りしております。」 4.「一日も早く元気になられて、また職場にお見えになることを心よりお祈り申し上げます。」

椎名林檎の楽曲「おだいじに」の歌詞の意味

椎名林檎さんの楽曲に「おだいじに」というものがあります。歌詞は、以下のようになります。

この歌詞の解釈ですが、まず一番については、「隣の芝 青く見えたら」というフレーズがあるように、他人と比較して妬みや嫉妬を感じるなら眠って自分を甘やかしても良いんだ、大人だから小さく歌って笑っているくらいは許してよ、息ができるくらいまでは」という歌詞です。大人だって他人と比較して嫉妬もするし苦しい気持ちがあるけど大人だから自分を大切にして眠って自分を慰めるくらい許してよ、という意味に受け取れます。 また、二番の歌詞では「赤い疑念 辛い罰」とあります。大人は、辛い罰や疑念、悲劇を目の当たりにするから、歌って笑って何とかやり過ごして守りたいものだけは守ってるという意味にとれます。どちらも、辛いことはあるけど、自分の大切なものだけでも守って自分を大事にしてねというメッセージのようにとれます。

お見舞いメールの書き方

仕事ができる人は、周りへの気遣いのできる人が多いです。取引先や顧客、また上司や先輩が風邪や病気で体調を崩してしまったときに、相手の体調を気遣うお見舞いメールを送ることができるか否かで、今後の自分への評価が変わってくる可能性があります。ここでは、お見舞いメールの例文をご紹介しますので、お見舞いメールを書く際の参考にしてください。

お見舞いメール例文

お見舞いメール例文

お見舞いをする相手が入院している場合のお見舞いメール例文をご紹介します。 (例文)「○○株式会社開発部部長 ○○○○様 株式会社□□の○○○○です。ご入院されたと聞き、突然のことに驚きました。その後お加減はいかがでしょうか。心よりお見舞い申し上げます。一日も早いご回復をお祈り申し上げます。どうかお大事になさってください。早速お見舞いに伺いたいところでしたが、お休みのところ押しかけてはかえってご迷惑かと思い、メールを差し上げました。お身体に差し障りますので、ご返信はお気遣いなさらぬようお願い申し上げます。」

「お大事に」を英語で表すと

病気やケガなど具合の悪い方に「お大事に」と言いますが、英語ではどのように表現するのでしょうか。ここでは、「お大事に」の意味を持つ気遣いを伝える英語nフレーズをご紹介します。

1.Take care

これは、日本語の「お大事に」というフレーズに最も当てはまる英語のフレーズになります。例えば以下のように使います。 (例文)「風邪を引いたって?お大事に!」→「Have you caught a cold? Take care!」 ほかにも「Please take care of yourself」で「どうぞお大事にしてください」という言い方もできます。

2.I'm sorry!

通常は、「ごめんなさい」と謝る場合に使う言葉ですが、相手が病気などで辛い思いをしている場合に、それに寄り添う言葉として使います。日本語で言えば「貴方の辛いお気持ちをお察しいたします。」ということになります。 (例文)「気分がよくないようですが、大丈夫ですか?」→「I'm sorry, I heard that you are not feeling well.」

3.God bless you!

これは、誰かがくしゃみをした場合に投げかける言葉です。直訳すると「神のご加護を」ですが、日本語に訳すと「お大事に」という意味にもなります。 (例文)「お大事に。くしゃみは風邪のサインだよ」→「Bless you! Sneezing is a sign of a cold!」

「お大事に」の意味と使い方を覚えましょう

「お大事に」の意味と使い方を覚えましょう

いかがでしたか。「お大事に」は、話言葉としてもメールや手紙などの書き言葉でも使える便利なフレーズですが、「お大事になさってください」とか「お大事にしてください」という言葉の省略形であることがわかりました。そのため、「お大事に」は、上司や先輩、お客などの目上の人には、ちょっと失礼になる可能性があるため、「お大事になさってください」と語尾まできちんと使うべきだということもわかりました。 「お大事に」という言葉は、ビジネスシーンでも使える便利な言葉ですのできちんとした意味を知りましょう。また病気やケガを負った相手を気遣う言葉ですので、きちんとした使い方で使うように心がけましょう。

関連タグ

アクセスランキング