IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の軸の定義・説得力のある就活の軸の作り方・キーワード

更新日:2020年12月10日

就活ノウハウ

就活の軸とは何か、どう作ればよいのかをまとめました。就活の軸を的確に伝える志望動機の書き方のポイントは3つ、伝え方は1から3の順で伝えると説得力が増すので参考にしましょう。就活に軸が見つからない方もこの記事を参考にするとみえてきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の軸の定義

就活をしていてよく耳にする「就活の軸」というワードですが、実際のところ就活の軸とは何のことなのでしょう。ここでは就活の軸について詳しく取りあげてみましょう。

就活の軸とは

就活の軸とは自分の将来のビジョンを整理し自己分析をしたもので、就活をするうえでの基準となる物です。わかりやすくいうと「こういう人生を歩みたい」「将来こうなりたい」といった将来の夢のことです。 就活の軸は業種の選択や企業えらび、エントリーシートを書くときや、面接のときにもっとも重要になります。考え方としては就活だけに絞るものではなく人生を歩むための自己の基準といって良いでしょう。

就活をする上でどんな基準をもって行動するか

大切なのは、自分の信念や考えを整理し、まとめておくことです。いざ就活を始めてから考えだしても、なかなか整理がつかないのが就活の軸です。普段から自分について自己分析を行い、信念や考え、夢を整理しておくことが大切となります。

基準は?

自分はなぜ生きてるか?生きる理由から発展していくと考えやすいでしょう。お金持ちになって高級車に乗りたい、高級マンションに住みたいでもよいでしょう。楽しいと思う趣味を仕事にしたい、趣味をずっと続けたいといった理由でも良いです。 本音を基準にして発展させていくことが、ぶれない就活の軸の基準となります。

何故就活するのか

大人になれば、仕事をするのは当然のことで、あらためて考えたことがないという人もほとんどでしょう。すなわち就活は生活のためというのが誰もが考えるあたりまえのことですが、生活のためだけでしたら、給料さえ支給されれば就職先はどこでも良いことになります。 しかし自らの人生を考えると手ごたえや達成感など、やりがいのある仕事に就きたいがために就活をするのではないのでしょうか。

やりがいや喜びを知るためには?

喜びややりがいを感じるための就活の軸には「誰かの役に立つ」といった考え方が一番シンプルな考え方ではないでしょうか。貢献であれば「地域」「社会」「世界平和」「経済」などがあり、そこまで大げさではなくとも「笑顔が見たい」「喜ばせたい」などでもよいでしょう。

何故その業界なのか

自分のやりがいや喜びを知ることで就職したい業界と繋げてみましょう。実家がある田舎に地域貢献をしたいならば、田舎の経済を考えて物を輸送する物流業界、高齢化社会に貢献したいのならば福祉業界といった繋がりで考えると自分に向いてる業界がみえてきます。 業界がみえてきたら、その業界について研究をすることが大切です。同じ業界でも、海外向け、国内向けではスキルも変わってきますので必ず業界について調べておく必要があります。

何故その企業なのか

初回公開日:2018年01月09日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング