IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定先へのメールの書き方のポイントと例文|挨拶/終わり方

更新日:2020年08月28日

内定後

内定先へのメールはどのように送るべきか不安はありませんか。ビジネスメールは一見難しく見えるかもしれませんが、基本的な流れやポイントを押さえてしまえばとても簡単です。今回は内定先へメールを送る際の基本的なルールをまとめました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

内定先とのメールのやり取り

内定先とのやり取りでは、細かな日時を正確に伝えたい場合や急ぎの内容でない場合はメールを使用することが多いです。ビジネスでのメールは、書き方についていくつか決まりがあります。内定先にメールを送る際はその点に気を使い、社会人らしいきちんとした体裁のメールを送りましょう。今回は内定先へのメールの書き方について確認します。

内定先へのメールの書き方のポイント

メールの内容は各場面によってさまざまですが、基本的な書き方の流れは同じです。内定先へのメールの書き方について、ここではポイント別に解説します。丁寧で完結な内容のわかりやすいメールは、あなたの好感度をより高めるはずです。

件名

採用担当者の受信メールボックスは、社内や取引先、ほかの内定者のメールであふれています。ダイレクトメールも多く、重要なメールを見逃してしまうことも少なくありません。 そのため、確実に内定先の担当者にメールを開封させるためには、わかりやすい件名を付けることがとても大切です。件名を見ただけで、重要度や内容がすぐわかるようなタイトルにしましょう。 たとえば、採用担当者が内定者のメールアドレスをアドレス帳に登録しているとは限りません。そのため、件名のあたまに「○○大学 △山 ×子」と入れてから「採用内定のお礼」などとメールの内容を記載しましょう。 すると「【○○大学 △山 ×子】採用内定のお礼」といったタイトルになります。こうしておけば、たとえ相手のアドレス帳にメールアドレスが登録されていなくても、誰からどんなメールが来たかすぐにわかります。

宛名

宛名は相手の名前を書く部分であるため、失礼のないよう書き方には十分注意しましょう。といっても、基本的なルールは手紙と同じです。 会社や部署宛にするときは、会社名や部署名のあとに「御中」を付けます。また、個人名宛にするときは、名前のあとに「様」をつけます。「殿」は目下の人につける表現であるため、採用担当者宛には使わないようにしましょう。 また、個人名の前に会社名や部署名を付ける際の敬称は、名前のあとの「様」だけで構いません。「○○会社 御中 □川 △郎 様」という書き方は一般的にしませんので、気を付けましょう。

挨拶

ビジネスメールでは、「お世話になっております」から文章を始めることが多いです。それに続けて、「○○大学 △山 ×子です。」と名乗ります。名乗り方は「~~でございます」としたほうがより丁寧ですが、どちらであっても構いません。あなたの普段の言葉使いに合わせるといいでしょう。

終わり方

ビジネスメールでは、最後に「よろしくお願いいたします」という文言を結びとして使うことが多いです。メールの内容が謝罪の場合など相手に特に頼むことがない場合は、「今後ともよろしくお願いいたします」などとすると、相手に違和感を抱かせることなくメールを結ぶことができます。

署名

初回公開日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング