IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

国家公務員の平均年収|モデル/30歳/地方公務員との比較

就活

国家公務員はりっぱな職業です。エリートばかりが集まるイメージがありますが、高卒でも入ることができるのか疑問になっている方もいます。ほかにも年代ごとに分けて年収はどのくらいちがうのかや、国家公務員はどのくらい年収をもらっているのかがわかる記事です。

更新日時:

国家公務員の平均年収

国家公務員の平均年収

国家公務員といえば、難関な採用試験を突破した者だけがなれるエリートです。なかでも特に、「総合職」は将来の事務次官候補として期待される、エリート中のエリートと言えます。そんな国家公務員はいったい、どのくらいの年収があるのでしょうか。今回は国家公務員の年収について掘り下げていきます。

モデル

国家公務員の平均年収のモデルは、任されている係や年齢にも違いがあります。俸給と扶養手当、俸給の特別調整額と本府省業務調整手当がありますが、国会公務員の平均年収に含まれています。他にも役職によって地域手当や、本府省業務調整手当を約3万円を貰っていて手当ての額も違いがあります。 国家公務員で本府省課長をしている45歳の男性は、配属者がいて子供が2人がいる場合があります。この国家公務員の方の年収は、11,809万円の年収額になっています。月収で考えると一カ月で722,632円貰っていることになります。国家公務員は年収が高いのですが、本府省課長なので他の国家公務員の役員の方よりは、年収が高いのでしょう。

国家公務員の職種別の平均年収

国家公務員の職種別の平均年収

ここからは、国家公務員の職種別に平均年収を見ていきます。

1種

1種

国家公務員1種は国家公務員総合職になっていて、国家公務員1種の方は難関の試験を突破したエリートです。なので、かなり優秀な人が多いといわれています。優秀な方が多いために昇進も、一般職採用も他に方に比べると早いです。国家公務員1種の平均年収は、約400万円と言われています。 国家公務員1種は、国の政策や予算と法案策定などの、政治の重要な業務に関わることがメリットになります。日本のことばかりではなくて、海外政府の交渉やプロジェクトなどにも関わります。なので、自分の能力を発揮することができます。他の国家公務員とは違う経験ができるのも魅力です。しかし、デメリットは年功序列などの理不尽な人事もあります。

2種

2種

国家公務員2種は、国家公務員1種と比べると「ノンキャリア」と言われています。出世も国家公務員2種の方が、国家公務員1種より遅い傾向があります。また。1種とは違って2種はしっかり定年まで勤めていても、課長までしか出世することができません。そんな国家公務員2種の平均年収は、年齢で差がありますが平均年収は約370万円です。 仕事内容は行政機関と専門とする分野などの、配属された部署によって大きく異なってきます。金融庁に配属すると、金融制度の企画立案の事務作業をします。他にも入国管理局で、不法入国者や不法滞在者などの取り締まりをします。農林水産省でも、農薬の適切な使用を農業従事者に伝えたりしています。

3種

3種

国家公務員3種は、国家公務員1種2種と比べると高卒に分類されています。大学を卒業するしないで年収が分かれています。なので、国家公務員3種の平均年収は約200万円でしょう。就職すると安定している国家公務員ですが、「リストラ」される可能性があります。リストラは他の会社で起こると言われてきましたが、最近は国家公務員の「人員削減」が話題になっています。 安定している職についても、現在の日本では安心できません。経済が不況が理由で、倒産する会社ではなくてもリストラが裏で行われています。小さい会社だけではなく、安定していると言われている国家公務員も当てはまります。リストラされて借金が残ったりしてしまいます。

研究職

研究職

研究職の方は主に試験所や研究所などに勤務しています。仕事内容は、専門的な科学的知識を持っている方が、試験研究か調査研究業務をしている国家公務員です。研究職には6級から1級に分かれていて、その級によって年収も違いがでています。6級は、入ったばかりの方が助手の仕事をします。 5級は、試験所か研究所を長く職務していて、広範囲の研究の統括や調節を行う役割をしています。4級は研究職の指導や調節をしています。3級は高度の知識経験を持っていて、困難な研究を一人でできることが基準です。2級からは、上級で給料も他の研究職の方と比べると、貰っている年収が高いです。研究職の平均年収は約300万以上は貰っています。

一般職

一般職

国家公務員の一般職は、政策の実行や運営を担当しています。他にも事務処理などをしていますが、省庁か出先機関に入るかで大きく変わります。一般職の勤務は、1日8時間の土日休みで会社員の理想の時間です。その中に少し残業が入るので他の職種よりは安定しています。しかし、本省庁に勤務になると残業が多くなってしまいます。そのため不定期な勤務時間になります。 しかし、一般職でも国家公務員は中堅幹部候補になる可能性があります。一般職職員は、法律になった政策を実現するために活躍しています。一般職職員は専門的な仕事をする場合が多いです。なので、いろんな仕事を任されるのも特徴です。一般職の平均年収は、約300万です。

指定職

指定職

国家公務員指定職に認定されているのは事務次官、会計検査院事務総長と人事院事務総長、内閣法制次長です。宮内庁次長や警察庁長官と消費者庁長官も当てはまります。公正取引委員会事務総長や警察庁次長、厚生労働審議官や農林水産審議官です。幅が広く経済産業審議官や原子力安全保安院長、技監地球環境審議官気象大学校長と海上保安大学校長も幅広く認定職です。 国家公務員指定職は1号から8号まで分かれていて、号ごとにもらえる年収が違います。1号が70万円といわれていて、8号が117万円が決まりになっています。なので、国家公務員の指定職の平均年収は、年齢や号と合わせると約800万円です。国家公務員年収になっています。

キャリア

キャリア

官僚は国家公務員の職種で、キャリア官僚とも呼ばれています。本庁の職員を官僚と言います。はっきりと決まっていませんが「国の政策や予算、法案策定に携わる」仕事をしているのが官僚と言われています。しかし、官僚はキャリアとキャリアじゃない方と分かれています。 同じ官公庁で働く国家公務員でも、「総合職試験」で採用なら「キャリア官僚」となります。しかし、一般職試験で採用は一般官僚となってしまいます。キャリア官僚は難関の試験を突破したエリートです。ノンキャリア官僚は、基本的には採用された分野しか仕事をしません。なので、年収は約500万円が平均年収になります。ノンキャリア官僚が100万円低い年収になります。

高卒

高卒

国家公務員は、高卒の進路で最も人気がある職種です。しかし、国家公務員は大学を卒業するイメージがあります。高卒でも「国家公務員一般職高卒程度」という、試験を受ければ高卒でも国家公務員になれます。一般職は事務と技術や農業、農業土木と林業に分かれています。しかし、一般職は高卒では難しいです。なので「国家公務員専門職」は高卒の方はおすすめです。 将来性や報酬の安定性が保障されることで、高卒の方の国家公務員志望が増えています。高卒の国家公務員の平均年収は、基本給と各種手当が一緒に考えてください。約150万円ほどになります。高卒も勤続年数によって給与も上がるので、約500万円貰える可能性はあります。

国家公務員の年齢別の平均年収

国家公務員の年齢別の平均年収

国家公務員にも他の会社員と同じく手当があります。全部で19種類もあるので、景気の悪い日本セは人気の職種です。とくに、貰える金額が大きいのは地域手当などになります。理由は転勤で、家賃が高い地域に住む場合や、不便な地域に住む場合などに支給されるからです。国家公務員のボーナスは、期末手当と勤勉手当として年2回あります。

20代

20代

20代の国家公務員の平均年収は、高卒で国家公務員になると3年以上になります。しかし、20代は中途採用もありますので、20代は違いが多いですが平均は約300万円になります。他の企業は平均年収が250万円なので、300万円は安定している年収になります。なので国家公務員は人気の職種になっています。 しかし、大学を卒業して国家公務委員になれば年収は上がります。最初は高卒と一緒ですが、大卒はキャリア官僚もなれます。なので、同じ20代でも約500万円は年収で貰えます。同じ20代でも20代前半と、20代の後半では年収が違います。昇格すれば年収が上がりますし、大卒だと国家公務員の職種の幅が広がっていきます。

30歳

30歳

30代の国家公務員の平均年収は、高卒だと勤務年数は10年以上勤務しています。なので、約500万円貰っています。しかし、大卒はまだ10年も勤務をしていません。なので、高卒と変わらず約450万円貰っています。しかし、キャリア官僚になっている場合は約700万円貰っています。 他の職種の30歳の平均年収は約400万円です。女性は400万円以下なので、女性の国家公務員は年収がいい金額です。同じ30歳でも勤務数で貰える金額が違います。大卒は年数が少ないので給料がデメリットに感じますが、高卒と比べて出世や総合職などの幅が広がっているので、職種によっては貰える年収の幅の格差がある年齢になっています。

35歳

35歳

30歳と35歳の平均年収は実はあまり変わりません。出世をしないかぎりは、ほぼ変化がありません。大卒は30代で出世する方がいるので100万は違いがありますが、高卒は出世が難しいので結婚して家庭を持っていたら、厳しく感じてしまう方もでてくる年齢です。女性の場合は、男性よりも年収が低い傾向があるのに対して、国家公務員はあまり差がありません。 この年代はリストラされてしまうこともありますので、国家公務員も年収が下がってきています。なので、30代は出費がたくさんありますが、未婚の方も貯金はするようにしましょう。年金が払ってきた分もらえないと話題になっていますので、現在は年収があっても気をつけましょう。

40歳

40歳

40歳は国家公務員になろうと考えている、社会人の方が転職できる年齢が40歳で制限されます。途中で国家公務員になるためには、「社会人試験」は40歳までしか受けられません。しかし、「経験者試験」は年齢制限はありません。なので、40歳で転職は難しいです。この年代で出世する可能はほぼありません。 他には40代の方はバブルで景気がいいときに就職したので、人柄関係なく採用されています。なのでリストラされやすいです。昇進しなかった場合は、平均年収が600万円ほど貰っています。この年代は女性だと結婚していて、子育てをしているのでこの年収は高いです。国家公務員なので、一般家庭は家庭の両立は難しいです。

50歳

50歳

50歳になると平均年収は約600万円前後です。この年になるとあと10年で退職になります。退職金は800万円前後になります。以前は、国家公務員なのでもう少し多く支給されていましたが、不況が続く現在ではあまり期待できなくなっています。定年退職したあとは年金での収入しかありません。その年金も65歳からなので、60歳で退職した場合に5年間無収入になります。 就職しているときに貯金をしないと、年金をもらえるまでは苦しくなります。老人ホームも入居するのに数十万はかかります。孫にもお金はかかりますし、独身の方は今まで仕事をしたぶんなにもしなくなり。定年退職するまで趣味を作って楽しまないと、鬱になる可能性があります。

国家公務員の平均年収ランキング

国家公務員の平均年収ランキング

国家公務員の平均年収3位は、240万円です。新入社員がもらう金額です。最初は他の会社員より少し高い金額が支給されます。しかし、大卒で官僚だともう少し増えます。高収入になるには、出世を早めにしましょう。2位は580万円です。昇進しなかった30代の平均年収です。高卒で国家公務員になると、10年以上働いています。なので、年収が少しあがっています。官僚は700万円の収入があります。 1位は、800万円で官僚の方が多かったです。官僚は大卒しかなれませんが、高卒で国家公務員になったときよりも、100万くらい年収に違いがあります。転職してきた方も大卒だったので、官僚になって、新卒よりも多く支給されるケースもあります。

国家公務員と地方公務員の年収比較

国家公務員と地方公務員の年収比較

同じ公務員でも国家公務員は、地方公務員と年収に差があります。国家公務員は役職に「級」が定められていて、また職務経験で年収がが決められています。この決められた金額と、諸手当が加えられたものが給料となります。国家公務員はボーナスが2回あって、どちらも平均70万円以上の金額が支給されています。それと700万円の収入がある方は、年収が地方公務員と倍も違います。 地方公務員も級がありますが、都道府県で年収に違いがあります。東京都は520万円なのに、埼玉だと480万円しか貰えません。国家公務員よりも年収が低いです。国家公務員と地方公務員は100万以上も差があるので、年収で決めるなら国家公務員です。

国家公務員はエリートの集まり

国家公務員はエリートの集まり

国家公務員は高卒でも採用されますが、出世が簡単ではありません。しかし、給料は他の職業よりは年収が高いです。 公務員になるためには、まず一次試験を合格するための学力、そして、二次面接を突破する人物力が必要です。安定した収入を得るためには、それなりの覚悟と努力が必要です。国家公務員で高収入を目指すなら、目標を持って努力をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング