IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学生のおすすめ遊びスポットと遊び方・夏休み/冬休み・日帰り

更新日:2022年06月13日

おでかけ

大学生の遊びは、まさに多種多様です。インドアからアウトドアまで、あるいは1人から大人数までという風に、ニーズによって遊び方を選べます。時間がある大学生だからこそ、大学生活を謳歌し、この時期にしかできない遊びを楽しみましょう。

大学生にとって、夏休みは思い切って楽しめる絶好の時期です。約2ヶ月近くもあるので、多種多様な遊び方ができます。 夏休みの大学生の遊びの定番と言えば、海水浴が筆頭格として挙がります。日帰りでも泊まりでも好きなように楽しめるのがポイントです。夏にしか楽しめない遊びを、心地良い海風に浸って楽しみましょう。きっと素晴らしい思い出ができます。

冬休み

大学生にとっての冬休みは2週間ぐらいですが、この時期も楽しみ方次第では十分遊べます。アウトドアでもインドアでも、好きなように遊ぶのが良いでしょう。 ウィンタースポーツをしたいのであれば、スノーボードやスキーがおすすめです。どちらも冬ならではの遊びで、一旦ハマると面白さに気づくはずです。 インドア派であれば、鍋をつつくなどのホームパーティや、すごろくなどの昔ながらのボードゲームがおすすめです。

雨の日は、屋外よりも屋内での遊びが人気です。雨に濡れることはないですし、屋内でも十分遊べるからです。 気軽に屋内で遊ぶ方法としては、カラオケが挙げられます。天候や気候に関係なくみんなでワイワイ盛りあがれるのみならず、ストレス発散になる点では嬉しい遊びと言えるでしょう。雨の日でも楽しめるカラオケは、大学生の遊びとしてはおすすめです。

お金がかからない

遊びを楽しみたいけど、多額の費用がかかるのだけは避けたい、そのような要望は多いです。それならば、無料で遊ぶことにフォーカスを置く方が賢明です。お金がかからない遊びとしては、仲の良い友人とのおしゃべりが挙げられます。嫌なことはとことん忘れて好きなことをお話すれば良いので、本当に気軽に楽しめることでしょう。 もしゆっくりと時間を過ごしたいのであれば、読書もおすすめです。スポーツみたいに体を動かすような遊びとは程遠いですが、知的興奮を味わえる遊びとしては優れています。「お金がないから遊びを楽しめない」と悲観的になるのではなく、「どうすればお金のかからない遊びを楽しむことができるか」と知恵を働かすことが大切です。

楽しい

せっかくの遊びであれば、心から楽しいと思えることが一番です。逆に言えば、どんなに素晴らしい遊びでも、楽しいと感じないならおすすめできません。楽しい遊びとしては、「いつもとは違った場所に足を運んでみること」が挙げられます。普段は気づかないであろう新しい発見がありますし、視野が広がるのが嬉しい点です。 水族館でも美術館でも、普段行かないようなら、ぜひ楽しんでみましょう。きっと他人とは違った楽しさを発見できるはずです。

目的別大学生のおすすめ遊びプラン

大学生になると、行動範囲が大きく増えると言われています。その分、遊び方も増えるのは容易に予想がつくはずです。ここでは、大学生の遊びプランについて比較してみましょう。

キャンプ

キャンプは大学生に人気の高い遊びの代表格です。普段とは全く異なる時間を過ごせますし、何より仲間との語り合いは楽しいです。 自然に満ちた場所で日頃の生活を忘れ、非日常に浸ることで、何かしらの発見があることでしょう。いつも同じような生活ではどこかつまらないですが、キャンプならそういうマンネリ化も解消してくれます。キャンプを通じて、普段は経験しない時間を過ごしてみませんか。

カラオケ

カラオケは、言わずと知れた人気の遊びです。大学の授業終了後に、あるいはサークル活動の終了後に、気が合う仲間を連れて思い切って盛り上がれるのがメリットです。 もし一緒にカラオケに行く仲間がいなくても、特に心配する必要はありません。というのも、一人でカラオケを楽しむこともできるからです。これなら人目を気にしなくても大丈夫です。カラオケを楽しむと、思い切ってストレス発散もできます。気軽にカラオケボックスに足を運んで、一曲歌ってみましょう。

体育館

体育館と聞くと、高校までの体育の時間を連想することでしょう。しかし、この場所は大学生の遊び場としても活用できます。遊び方として人気なのは、レクリエレーションゲームです。難しいルールを知らなくても、みんなでワイワイ気軽に楽しめます。 体育館でのレクリエレーションゲームは、どこか懐かしい想いを感じさせてくれることでしょう。

運動

次のページ:大学生のならではの遊びを、思い切って楽しもう!
初回公開日:2018年01月16日

記載されている内容は2018年01月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング