IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大学生のおすすめ遊びスポットと遊び方・夏休み/冬休み・日帰り

更新日:2022年06月13日

おでかけ

大学生の遊びは、まさに多種多様です。インドアからアウトドアまで、あるいは1人から大人数までという風に、ニーズによって遊び方を選べます。時間がある大学生だからこそ、大学生活を謳歌し、この時期にしかできない遊びを楽しみましょう。

日本の古都として名高い奈良。国宝建造物から世界遺産まで、レベルの高いスポットを多く有するのが特徴的です。大学生が時間を忘れて遊びを楽しむにも適しています。 この県でおすすめのスポットは、奈良公園です。園内には1000頭以上もの鹿が生息しており、一緒に戯れることができます。このような光景は巷ではあまり見かけないため、海外の観光客からも人気です。 奈良公園は入場料無料なので、大学生がお金をかけずに遊ぶには最適です。

広島

原爆ドームや平和公園のある広島を散策すると、歴史とともに発展してきた街の魅力を体感できます。遊びや観光を目的としたスポットも多く、大学生に人気の街です。 広島でぜひとも足を運びたいスポットは、宮島です。フェリーに揺られながら、瀬戸内海の光景を堪能できます。路面電車の宮島駅から徒歩1分の場所に宮島口があり、そこからフェリーで約10分で宮島に到着です。 宮島の絶景を目に焼き付けたら、きっと素敵な思い出ができることでしょう。

長崎

古くから国際都市として重要な役割を果たしてきた長崎。異国情緒溢れる雰囲気をじかに体感できるだけでなく、思い切って遊びを楽しめるスポットが、この街にはたくさんあります。 中でも大学生に人気の高い遊びスポットは、稲佐山です。この山は標高333メートルもあるのですが、ロープウェイで山頂まで登れば、長崎の街を見下ろすことができます。稲佐山からの夜景は絶景そのもので、一度見たら忘れられないでしょう。 エキゾチックな長崎で、ロマンチックな光景を堪能してはいかがでしょうか。あなたのアルバムの1ページに、素敵な思い出を飾れます。

ケース別大学生のおすすめ遊びスポットと遊び方

同じ遊びスポットでも、「誰と行くのか」「どのように楽しむのか」が異なれば、遊び方も自ずと変わります。色々な楽しみ方ができるよう、ケース別に比較すれば、さらに視野が広がることでしょう。では、状況に応じた大学生の遊びスポットについて、ここでお話します。

女子大学生同士で楽しむ遊び方は、それこそ多岐に渡ります。男子がいない分、女子でしかできない話で盛り上がるのも楽しい事でしょう。 女性同士の遊びスポットとしては、アミューズメントパークが人気です。人気のキャラクターとはしゃいだり、乗り物に乗って楽しんだりと、さまざまな遊び方ができます。 他には、ショッピングスポットに立ち寄るのも良いでしょう。お気に入りのアイテムを購入できるのみならず、おしゃれな雰囲気を味わえるからです。女子ならではの遊びスポットを、この機会に見つけてはいかがでしょうか。

細かいことを気にせずに、とにかく楽しむ遊び方が、男子大学生には好まれる傾向にあります。お気に入りのスポットで、男同士での会話も楽しいです。男子大学生の定番の遊びと言えば、ビリヤードやボーリングなどの体を動かすアクティビティです。今も昔も人気がありますし、何より気の合う仲間同士で楽しい時間を過ごせます。 他には居酒屋で飲むのも人気です。低料金で気軽に飲食でき、なおかつ普段とは違ったコミュニケーションの場を創出する点では有効です。男子大学生が楽しみやすい遊びを、ぜひ取り入れてみましょう。

一人

大勢でワイワイというよりも、一人で遊びを楽しみたい大学生もいます。他人に干渉されることなく時間を過ごせる意味では、賢い時間の使い方だと言えるでしょう。一人で遊ぶときは、カフェに足を運ぶのがオススメです。これなら一人でも人目を気にする必要はないですし、心ゆくまでのんびりとできます。 大勢でいるのも楽しいですが、たまには一人の時間を作るのも、メリットがたくさんあります。

日帰り

宿泊はスケジュール的に厳しいときは、日帰りで遊びを楽しむ方法もあります。実際、日帰りでとことん遊ぶ大学生も多いです。 日帰りで楽しめる遊びとしては、温泉やアミューズメントスポットなどが挙げられます。どちらも宿泊する必要はないですし、日帰りでも思い切って楽しめるのは、大学生にとって嬉しいことです。 温泉もアミューズメントスポットも、予約なしで大丈夫な場所も多いので、面倒な手間がなくて助かります。

夏休み

次のページ:目的別大学生のおすすめ遊びプラン
初回公開日:2018年01月16日

記載されている内容は2018年01月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング