IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の長所・短所の書き方の注意点と例文|長所/短所/特徴一覧

書類選考・ES

就職活動では履歴書を書くことが重要です。その中では自分の長所を的確に表現することで、企業に対するアピールとなります。自分を分析して、長所をどのように活かして仕事をやっていくかと言うメッセージを込めることがポイントとなります。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書の長所・短所の書き方の注意点と例文

履歴書の長所・短所の書き方の注意点と例文

履歴書は企業に対して提出する自己紹介の書類と考えることができます。虚偽の内容を書くことはできませんが、できるだけ好印象を与えるような表現にすることは重要です。企業に就職したいと言う気持ちが伝わるような履歴書にしましょう。 具体的な書き方は履歴書を購入した時に例文も同梱されています。基本的な項目は例文を参考にすべきですが、細かい内容は自分で決めることができます。自分の長所や短所についても記載することが必要です。 ただ、重要なことは仕事をする上で関係しないようなことを履歴書に書くべきではありません。高校生や大学生で書く履歴書には学校で自分が取り組んできたことを長所として記述して、悪い面を必要以上に強調しないようにしてください。 具体的な履歴書の例文について紹介しましょう。

長所の一覧と履歴書の例文

長所の一覧と履歴書の例文

長所とは自分のいいところですが、履歴書に記載する時に注意しなければならないのは応募している会社にとって長所となるかと言う点です。ただ、一般的な視点で見ればいいですから難しく考えないようにしましょう。

協調性

協調性は周りの人と協力して作業を進められるかどうかと言う点です。工場などでは分業が多いですから、自分の持ち分を確実にやり遂げることが求められます。ただ、状況によっては他の人の作業を手伝ったりすることもあるでしょう。状況を見ながら自分の作業を進める視点が必要となります。 周りの人とトラブルを起こすような性格は問題外としても、トラブルを起こさないだけでは不十分です。仕事をスムーズに進行させるためにできることを考えることが求められるでしょう。 例文は「私には人と一緒に仕事をする時に必要な協調性は十分あります。御社のお役に立てると考えています。」のようにします。

真面目

真面目

自分が真面目だと考えている人は少なくありませんが、周りから見て納得できるかどうかは疑問です。履歴書の長所として書く場合は注意が必要です。つまり、どのような性格が真面目なのかは主観が大きく関係しているからです。 指示されたことをその言葉のままにとらえて、それ以外の視点を持たない場合、逆に仕事の進捗に支障をきたすこともあります。その場で判断して、どうすればいい方向に向けられるかを考えなければなりません。もちろん、真面目が悪いわけではなく、それをどのように仕事の活かしていくかをアピールします。真面目だけでは仕事にならない職場も少なくありません。

几帳面

几帳面な人はその性格を利用できる職場を選びましょう。数字を取り扱う人は几帳面でなければ進められません。ただ、状況によって適切な判断が必要であり、数字ばかりを見ているだけでは仕事になりません。 几帳面な性格の人は全体を見渡すことで、仕事を的確に完了させる人員として非常に重宝するでしょう。数字を扱う経理関係だけではなく、製品の完成度をチェックする検査業務でも能力を発揮することができます。 履歴書に記載する場合はどのように几帳面なのかを記載してください。履歴書の例文は「自分は几帳面な性格で、最後まで自分で確認しなければ気が済みません。不良品のチェックなど重要な作業が得意です」と言った表現でしょうか。

素直

「自分は素直な性格だと考えています。指示されたことを確実に行ないます。」と言った履歴書の例文はどうでしょうか。 素直な性格の人は上司からの指示を受けて、そのの仕事ができる長所を持った人です。素直じゃない人は言われたことに対して手抜きをしてしまう傾向にあります。できるだけ楽をしようと考えるからです。結果さえ同じであれば途中を省く方がいいと勝手に判断して、無許可で作業を進めてしまうでしょう。 それは信頼性の高い製品を作る現場では致命的なことです。素直であればトラブルの心配はありません。 ただ、言われたことだけをやる素直さは職場の改善などでは逆効果となる場合もあります。つまり、作業を改善するためにはこれまでの仕事を見直すことが必要です。自分は言われたことだけを確実にやっていると自負している人にとっては取り組みにくいテーマとなります。

責任感

責任感は社会人として重要な資質です。逆に責任感がない人には仕事を任せることはできないでしょう。どのような職場であっても自分の作業に責任を持たなければなりません。 責任を持たないなら、単なる機械のように言われたことだけをやっているのと同じです。自分がどのような作業をやっていて、そこで問題が発生すればどのような影響となるかを考えることが責任感を持った人です。ミスをしないようにすること、ミスがあっても影響が少なくなるような作業を考えることが責任感に関連しています。 このようなことを考慮した履歴書の例文としては「私の長所は指示された仕事を確実に遂行する責任感を持っていることです。安心して任せられるように一生懸命働きたいと考えます。」となります。

履歴書と責任感のポイント

ただ、人は責任を持たされることによって責任感が芽生えることも少なくありません。今は年齢的にも十分な責任感を持っていないとしても、仕事をやっていく上でしっかりと責任感のある人間として成長していきたいと履歴書に表現することも面接官に好印象となるでしょう。

明るい

明るい性格の長所は職場を明るくしてくれます。もちろん、仕事の内容によって明るいだけでは役に立たないことも少なくないでしょう。ただ、暗い性格と明るい性格の場合、どちらを選ぶかと言われたら、誰でも明るい性格の人を選ぶはずです。表現しなければならないのはどのように明るいかです。履歴書では具体的な経験を記述することがいいでしょう。 具板的な履歴書の例文は「自分は周りの人から明るい性格だとよく言われます。自分の長所で周りの人が元気に仕事を進められるなら非常に嬉しいです。ただ、それだけではなく自分の仕事は確実に遂行していくように気を付けたいです。」と言うのはどうでしょうか。

長所と職場

履歴書の長所とは関係なく、会社の中でも明るい職場と暗い職場がありますが、その原因を作っているのはその職場でのトップの場合が少なくありません。明るい性格の新人が配属されても、その圧迫感で非常に居心地が悪いと感じるでしょう。ただ、そのような逆境に負けずに明るさを振りまいてくれる人は誰もが求めています。

おおらか

履歴書に記載したおおらかな性格であれば、どのような状況でもくよくよせずに前向きな考え方ができます。仕事で注意を払っていたとしても、ミスを完全になくすことはできません。そのミスをいつまでも引きずらないようにするのはおおらかな気持ちでしょう。嫌なことでも笑い飛ばせる長所ですから、暗い職場でも一人だけ笑顔を保つことができます。 履歴書に長所を記述するなら「仕事が忙しくても、一生懸命作業を進めることが大切だと考えています。そのために気持ちを引き締めるとともにおおらかな気持ちを忘れないようにしています。笑顔を絶やさない会社員となりたいです。」はどうでしょうか。

おおらかさとミス

一人作業の場合、失敗も成功もすべて自分の守備範囲です。ミスを改善することは大切ですが、一度起きたミスを取り返すためにはその後のフォローを確実に行なわなければなりません。 履歴書に記載したおおらかな性格であれば、ミスからすぐに立ち直り次の的確な判断もできるでしょう。ただ、共同作業の場合は自分のミスが他の人の作業に影響を与えてしまうことも少なくありません。迷惑をかけても笑顔でいることはあまりいいことではないでしょう。

前向き

前向き

前向きな性格の長所はどのような状況でもいい方向に向けるために必要な性格です。履歴書では強調すべき長所です。職場ではその性格がミスをカバーしてくれます。もちろん、ミスをしていいわけではなく、事前に対応できることがないかを考えていくのも前向きな性格の人が率先しているでしょう。 「自分はいつも前向きな考え方をしています。できないことではなくできることを考えることが長所だと考えています。より高い品質の製品を作るために貢献します。」が履歴書の例文です。

前向きさの重要性

重要なことは履歴書に長所として書いた単に前向きな性格ではなく、しっかりと考えることです。作業内容によって具体的なことは変わるでしょうが、自分の作業の中で効率を上げる方法、品質を高める方法を検討します。現状を維持するだけでは企業はだんだんと小さくなっていくことでしょう。 積極的な行動を取ることが企業には求められています。企業の規模を大きくすることだけではなく、製品の原価低減、デザイン性の向上、販売戦略など停滞することは許されないことがたくさんあります。社員が前向きな性格であれば企業は確実に前進していくことでしょう。

誠実

誠実

誠実な性格の長所は人と人とのつながりにとって非常に重要なことです。しかし、現実的には虚偽の説明をすることや誇大広告など、企業だけではなく人として許されない行動を取る人が少なくありません。履歴書の中では自分の誠実な性格をどれだけ強くしていけるかが、自分の将来を決めると言っても過言ではありません。 履歴書に書く場合は「自分が仕事をすることで周りの人に信頼してもらえるような社会人になりたいと考えています。そのために誠実である自分の長所を生かしたいと考えています。」

誠実を貫く

しかし、社会に出ると、いろいろな場面があり、長所の誠実であることを貫くことは簡単なことではありません。ただ、相手に合わせるのではなく自分がやるべきことをしっかりと考えることが大切です。そのためには誠実な性格を履歴書以上に意識して前面に出すことでしょう。 現代社会は企業内の不正も許さない風潮が強くなってきました。それは誠実な性格の人によっていい環境になったと言えるでしょう。自分が信じた道を進むために、しっかりと履歴書に長所を記載してください。

思いやり

思いやり

長所として思いやりのある性格は誰にでも好かれることでしょう。もちろん、職場では思いやりが長所とならない場合もあります。しかし、人と人とのつながりは性格が大きく影響しますから、思いやりを持って接することは必ずいい方向へ向かうはずです。 「自分は思いやりを持って仕事をしたいです。お客様が困っていたり、不便に感じたりすることを改善できれば、それが会社の発展になると考えているからです。」は履歴書の例文にできるでしょう。

思いやりのある職場

もちろん、履歴書に書いたり調書の思いやりだけで仕事が進むわけではありません。現実は甘くないでしょう。しかし、思いやりのない職場は非常にぎすぎすとして居心地の悪い場所になります。仕事を続けていくこと、いい仕事を遂行するためには環境は非常に重要です。その環境を思いやりの心で満たすことができれば、素晴らしいことです。 そのような企業はお客にとっても居心地がよく感じられます。直接お客と接する立場であれば、あなたの対応が会社の対応と受け取られます。社会人として思いやりは大切であることを意識しなければなりません。

粘り強い

仕事がいつでもスムーズにいくとは限りません。しかし、粘り強い長所を持っていれば、道は開けていくでしょう。「自分は一つ一つの仕事に粘り強く取り組んで、確実に成果を上げられるようになりたいと考えています。」などと履歴書に書いておけば、きっと評価してくれるでしょう。グループで仕事をする場合はそのチーム全体が粘り強くなければなりません。 ただ、一人一人の意識がお互いを刺激し合って、粘り強いチームになります。難問であっても粘り強く考えることで答えが見えてきますし、周りの人やお客が評価を高めることにつながります。若い時から仕事に手を抜かずに取り組むことは、きっと社会人として大きな成長を遂げるエネルギーとなるでしょう。履歴書で長所を書くことで可能性が広がります。

リーダシップ

リーダシップ

長所のリーダシップを発揮できる人は企業でも中心的な役割を果たします。履歴書に長所を書く場合には自分がリーダとして活動した内容を具体的に記述します。生徒会役員や体育祭でのリーダ、部活動の部長などいろいろあるでしょう。仕事の内容によって長所であるリーダシップを発揮する場面は変わりますが、その意識を持っていることが重要です。

長所と特徴の違いを意識した履歴書

長所と特徴の違いを意識した履歴書

長所と特徴の違いを明確に意識しておかなければなりません。特徴は自分の性格によりますが、仕事においていいことばかりとは限りません。しかし、長所はどのような環境でも役に立つことがあります。どのようにすれば役に立つかを考えることも社会人として重要な資質になります。

短所の一覧

短所の一覧

短所は履歴書で強調する必要はありませんが、自分の性格を分析する上では必要なことです。いくつか例を挙げておきましょう。 短気、むらがある、大雑把、のんびり屋、消極的、引っ込み思案などです。思い当たることがあるなら、仕事に影響しないように気をつけることが大切です。長所によってカバーできることも少なくありません。

自分の長所を履歴書で強調する

自分の長所を履歴書で強調する

履歴書には自分の長所をたくさん記載することがいいのですが、ただ、その長所をどのように活かすかを考えておくことが大切です。職場によっては求められないこともありますが、社会人として仕事をする上で人と人とのつながりには性格が大きく影響することは間違いありません。自分の長所を生かせる職場を探すことが大切です。

関連タグ

アクセスランキング