IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退の手紙の書き方の注意点と例文|封筒/用紙・手書き縦書きで

更新日:2020年08月28日

内定後

なかなか書きにくい内定辞退の手紙。内定辞退の手紙はどのように書けばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。この記事では内定辞退の手紙の書き方を詳しく解説していきます。内定辞退の手紙を書かなければいけないという方はぜひ読んでみてください。

一般的な内定辞退の手紙の例

拝啓 ○○の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 私、内定の通知をいただきました○○大学の○○です。 この度は御社の内定を頂きまして誠にありがとうございます。 (「先日お電話にてもお話しをさせていただきましたが」または「大変嬉しい限りではございましたが」)誠に勝手ながら、内定を辞退させていただきたくご連絡をさせていただきました。 書類審査から面接、内定に至るまで貴重なお時間を頂戴したにもかかわらず、このようなご連絡になり大変申し訳ございません。 心苦しい限りではございますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 採用に関わってくださった皆さまには心より感謝しております。 最後になりますが、貴社の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。 敬具

病院・看護師の内定辞退の手紙

看護師の場合、病院と就職活動者の間に紹介業者をはさんでいる場合は、その紹介業者が内定辞退の連絡をしてくれる場合もあります。就職紹介業者をはさんでいる場合は一度、就職紹介業者にどのように内定辞退をすればいいのか確認してみましょう。 ただ採用したあとは、勤務開始に備えて研修の準備や手続きなどの段取りを進めています。また採用してもらった際にお世話になっているところでもあります。誠意を示すためにも就職紹介業者経由の連絡だけで済ますのではなく、自分でお詫びをすることも必要なときもあるでしょう。 病院や看護師の場合も内定辞退の手紙の内容としては同じようなものになります。変わってくるのは貴社、御社のところは採用先は病院なので「貴院」とすること。また出だしの「○○の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」は民間企業に向けた挨拶なので少し変える必要があるでしょう。

病院・看護師の内定辞退の手紙の例

拝啓 厳寒の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。 私、内定の通知をいただきました○○大学の○○です。 この度は貴院の内定を頂きまして誠にありがとうございます。 (「先日お電話にてもお話しをさせていただきましたが」または「大変嬉しい限りではございましたが」)誠に勝手ながら、内定を辞退させていただきたくご連絡をさせていただきました。 ※理由は述べてもいいが、言って相手の気分を害してしまうようなら述べない方が無難なこともあります。 書類審査から面接、内定に至るまで貴重なお時間を頂戴したにもかかわらず、このようなご連絡になり大変申し訳ございません。 心苦しい限りではございますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。 採用に関わってくださった皆さまには心より感謝しております。 最後になりますが、貴院の益々の発展を心よりお祈り申し上げます。 敬具

転職の場合の内定辞退の手紙

転職の場合の内定辞退の手紙は新卒などの一般的な内定辞退の手紙と同じで構いません。内定辞退をしたいという意思と採用してくれたことに対する感謝、それを裏切るような形になってしまい申し訳ないという気持ちを書いて送ります。 特に理由は長々と書く必要はありませんので、一身上の都合や検討の末などと簡潔にし、シンプルなものにましょう。

内定辞退の連絡は早めに

今回は内定辞退の手紙の書き方を詳細にご紹介しました。内定がもらえるのはうれしいことですが、実際に入社するのは1社なので、どうしても絞らなければいけません。 内定辞退の連絡は電話でするのが基本ですので、まずは会社に電話を入れましょう。辞退をすることが確定したらできるだけ早く会社に電話をすることが大切です。 電話を入れたものの担当者と話すことができず、取り急ぎ内定辞退の連絡をするという場合や電話で連絡したものの正式な文書でほしいといわれた場合、手紙で返却書類とともに内定辞退の手紙を添える場合など、内定辞退の手紙を書くことになったときには早めに作成しましょう。 内定辞退の連絡となると気が進まず、後回しにしたくなってしまいますが、内定辞退の連絡を後回しにしても何もいいことはありません。企業側も内定辞退者が出ることでしなければならないことが出てきますので、早くシンプルに終わらせることが大事です。

初回公開日:2018年01月07日

記載されている内容は2018年01月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング