IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リクルーターへのメールの書き方と例文・送るベストなタイミング

初回公開日:2018年01月24日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メールマナー

リクルーターへメールを送る時には気を付けるべき事がそれなりにあるから、前もってそれらを理解しておく方が良いです。実際にメールの正しい書き方や例文の内容を見ておくだけでも違ってくるため、少しでもリクルーターに良い印象を与えられるように頑張るべきです。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

リクルーターへのメールの正しい書き方と例文

リクルーターにメールを送る際には正しい書き方や例文があるから、なるべく参考にするべきです。それはやはりそのメールで、リクルーターが自分に持つ印象が少なからず変わってくるためです。したがって自分なりに書かないようにして、しっかりと相手にどう伝わるかに重きを置くと良いです。

件名

件名はなるべく端的に書き、できる限り長くならないように気を付けるべきです。その理由としてはリクルーターに本文を見なくても、件名だけで何の用件か言っているかがわかればスムーズに話を進める事ができるためです。だから件名に何と書くかまで、真剣に考える方が適切です。

宛名

宛先はそのリクルーターが所属している会社の正式名所を書くべきです。略した名前を宛先に書いてしまうと非常に失礼だから、そこだけは充分に気を付けるべきです。よってまずはリクルーターが所属している会社の正式名所を調べて、誤字脱字が絶対に無いように書く事が大事になっています。

宛名が複数の場合

宛先が複数の場合は、どの人に送る事が最優先かを考えると良いです。それはやはり複数の人に送るとなると誰に真っ先に送るべきかがわからなくなるのだけれど、自分がまず誰に送らなければいけないか優先順位をつけましょう。そうすれば宛先が複数いたとしても整理して、順次メールを送る事ができます。

リクルーターとメールで会話する際には○○様のように、しっかりと様を付けなければいけないです。それはやはり相手は目上の人間で、実際にリクルーターとしてコンタクトを取ってくれているためです。だからリクルーターに敬意を持ち、どんな時でも様を付けておく方が適当な判断になってきます。

好印象を与えるリクルーターへの初メールの例文

リクルーターに初めてメールを送る際に上手くすれば好印象を与える事が可能になってくるため、積極的に実践してみると良いです。なぜなら今後もリクルーターとは何回もメールのやり取りをする事になるため、できる限り良い印象を与えておく方が賢明なためです。したがって初めて送るメールに、どういう事を書けば良いかを入念に考えてるべきです。

書き出し

好印象を与えるリクルーターへの初メールの書き出しは、自己紹介から始めると良いです。初めてメールを送る際に急に本題から言われてたとしてもリクルーターも非常に困るため、「○○大学の○学部○学科の○○」のように、ちゃんと自分が所属している所を言うべきです。そうするとリクルーターも自分に対する接し方がわかり、良い関係を築けます。

挨拶

好印象を与えるリクルーターへの初メールの挨拶は必須だから、絶対に書くべきです。特に挨拶に関してはどんな時でも大事で、基本的な部分になってくるため書き忘れる事がないようにしなければいけないです。具体的に挨拶は朝ならば「おはようございます」、昼ならば「こんにちは」のような感じで、全く問題は無いです。

結び

好印象を与えるリクルーターへの初メールの結びは「今後ともよろしくおねがいします。」と書いておけば、ほとんどの場合で大丈夫です。これからもリクルーターとはメールを通して関わっていく事が多いため、相手に対して敬意を示す方が適切です。それはリクルーターにもちゃんと伝わり、充分な効果を発揮します。

リクルーターへの依頼メールの例文とポイント

リクルーターに依頼メールをする際にはする方が良いポイントがいくつかあるから参考にして、できる限り実践する方が良いです。その理由としては依頼メールを上手く進める事ができて、リクルーターにも迷惑をかける心配も無くなるからです。よってポイントを充分に見て、どういう風に活用すれば良いかを見定めるべきです。

訪問

企業訪問したい時にはその事を相手に伝えて、いつの日にちが空いているかを聞くべきです。自分の予定だけを言ったとしても相手からすると非常に迷惑なためです。だからまず相手が良いと言う日にちを聞いてから、その日にちの中で選ぶ事が適切です。そうすれば相手に迷惑をかけずに済み、企業訪問の日にちをちゃんと決められます。

工場見学

工場見学したい時には相手の提示した日にちに、できる限り合わせるようにする事です。その理由としては実際に工場の中に入り、見学する事はそこで仕事をしている人達に迷惑がかかり、自分が行く事が可能な日にちを言うだけでは中々話が前に進まないからです。よって相手に合わせて、少しでも早めに話しを進めるべきです。

面談

面談をする場合には、先に何を話したいかを伝えておくべきです。メールで先に伝える事で実際に面談をする際に、話をスムーズに行えます。それは時間の有効活用に繋がってくるため、なるべく早い段階で話したい事を決めていると良いです。

アポ

アポを取る時には先方の予定を聞いてから決める方が賢明とされています。相手もこなさなければいけない仕事がたくさんあるから、自分の予定だけを言ったとしても全く聞き入れてくれない可能性が出てくるためです。したがって、まずは先方の予定を聞き、そこからいつにするかを双方で決めていけば上手くいきます。

日程調整

日程調整をする場合には「○日と○日が空いている」などを積極的に言っていくべきです。それはやはり日程調整は基本的に相手がしてくる事がほとんどだから、自分から空いている日にちを言う方が良いためです。その際にはできる限り多くの空いている日にちを提示して、選択肢をなるべく多くする事が大切です。

質問

質問をする場合はまず相手先のサイトを細かい所まで見る事が大事になっています。そのサイトに書いてある事を質問した際には相手にサイトを見ていないと言う認識を持たれやすいから、質問をする際にはかなり注意が必要です。少しでも印象を良くしたいならば、質問にも充分に気を遣うべきです。

ES添削

ES添削をしてもらう際にはどこが悪いかをしっかりと言ってもらい、可能な限り早めに改善する事が重要です。その理由としては頭の中に言ってもらった内容が残っている時に、改善する方が実際により良いESを作る事にができるからです。だからES添削をしてもらった後にどれだけ意識的に早く取り組めるかが、良いESを作るカギを握っている事になります。

リクルーターへのお礼メールの例文とポイント

リクルーターにお礼をする時にもポイントがあるから、なるべくそれらに合うように書く事が大事です。特に文面でお礼をする事は中々気持ちを伝えにくいとされていて、書き方は充分に気を付けなければいけないです。

連絡のお礼

連絡のお礼の場合は、まず初めに連絡をしてくれた事に対して「ありがとうございます。」と言わなければいけないです。そこでどれだけ相手に礼儀を見せられるかが大切になっています。だから特に連絡のお礼に関しては相手が率先して行ってくれた事がほとんどだから、その事に対して精一杯の感謝の気持ちを伝えるべきです。

食事のお礼

食事のお礼の際には、その食事の際にどういう事を話したかを盛り込むべきです。食事で何を食べたかが重要ではなく、話した内容が大事になってきます。よってお礼をする時に「~の話がとても印象に残っています。」と言うと良いです。そうすれば相手の印象にも残り、覚えてもらいやすいです。

面談のお礼

面談のお礼の場合には、「~について話された事に対して○○と言う意見を持っています。」と言う風にお礼をする際に自分が感じた事を付け加えると良いです。そうすれば相手からすると自分自身の意見をちゃんと持っていると感じる事ができて、お礼の内容から良い印象を与えられます。

リクルーターへの採用の合否報告メールの例文とポイント

次はリクルーターへの採用の合否報告メールの例文やポイントを見ていきたいです。合否報告メールも適切なやり方があるから、なるべく参考にしていくと良いです。

内定

内定を貰った場合は「内定、ありがとうございます。」から始めて、自分がその企業で何をしていきたいかを書くと良いです。実際に書いた内容次第ではあるのだけれど、それは相手の心に響いてくるから積極的に伝える方が適当です。

不合格

不合格の際には今まで自分にしていただいた行為を絡めて、最後に「ありがとうございました。この経験を次に活かします。」と書いておけば、相手にも伝わってきます。この時に相手を批判するような言葉を書いてしまうと印象をかなり悪くするから、できる限り誠意を持つべきです。

リクルーターへのお詫びメールの例文とポイント

リクルーターへのお詫びメールは相手にどういう風に伝えれば良いかが難しくなってくるのだけれど、この事に関してもポイントがあるから参考にすると良いです。特にお詫びメールの際に何を書くかが大事で、今後の活動にも繋がってきます。

選考辞退

選考辞退の際には「○○の理由で選考辞退させていただきます。」と書けば良いです。この時の理由はなるべく詳しく書くようにして、自分がなぜ選考辞退する事になったかを明確に伝えるべきです。そうすれば相手も納得してくれて、次のステップに繋げていく事ができます。

内定辞退

内定辞退の時には選考辞退と同じになってくるのだけれど、「○○の理由で内定辞退させていただきます。」と書く事です。特に内定辞退の場合には一度内定が決まった企業があるにも関わらず辞退する事だから、書き方も気を付けるべきです。そして内定辞退後に自分がどこに進むかも明記して、リクルーターにもちゃんと説明する事が大事になってきます。

リクルーターからのメールへの返信の書き方と注意点

リクルーターからのメールへの返信に対しても適切な書き方と注意点があるから、それらをちゃんと守らなければいけないです。その理由としては家族や友達に返すようなやり方を取ってしまうと、相手の印象をかなり下げてしまう可能性があるためです。だから適切な書き方と注意点は前もって頭の中に入れておき、いつでも使えるようにするべきです。

件名を書き換えない

リクルーターからのメールへの返信の書き方と注意点は相手から送られてきたメールには件名が書かれており、そのメールに対して返信する際には絶対に件名を書き換えない事です。なぜなら相手にとっては自分からの返信のメールが来たとしても、件名が書き換えられていると文面を見なければ何の内容かがわからないためです。 実際に件名を書き換えていなければ、メールのやり取りをスムーズに行う事が可能になってきます。それは双方にとって良い事だから、件名を書き換えないようにする事をなるべく実践する方が適切です。

リクルーターへメールを送る際のベストなタイミング

リクルーターへメールを送る際には、タイミングを考えなければいけないです。それはやはり変な時間にメールを送ってしまうと相手に迷惑をかける事が多いためです。だからなるべく常識的な判断をする事が大事で、実際に送る前に本当に今の時間で大丈夫かを自分自身に問う方が良いです。

時間帯

リクルーターへメールを送る時間帯は朝から昼にかけてです。その時間帯であれば相手も仕事をしている時だから、割と連絡を取りやすいです。その一方で夕方から夜の時間帯は仕事が終わっている可能性があるため、急ぎの用事が無い限りはメールを送らない方が賢明な判断です。

頻度

リクルーターへメールを送る頻度は一日に2~3通です。なぜならリクルーターも自らの仕事をしなければいけなく、メールを返している時間も中々取る事ができないためです。だから2~3通よりも多いメールの数を送らないようにして、リクルーターの負担を多くしないように気を遣うべきです。

休日はOK?

リクルーターへメールを送る時には休日は避けるようにする方が良いです。それはやはりリクルーターも仕事が休みで、その際にメールを送ってしまうと迷惑をかけてしまうためです。よって自分だけの都合だけでメールを送るのでは無く、本当に休日にリクルーターへ送ってよいかを事前に考え、適切な判断をするべきです。

リクルーターへメールを送る時に気を付ける事

リクルーターへメールを送る時にはまず書き方に気を付けて、なるべく良い印象を与えられるようにする事が大事です。それはやはりメールの書き方次第で、相手の自分に対する印象は割と変わってしまうためです。だから正しい書き方や例文を参考にして、少しでも良いメールを書けるように頑張るべきです。 その他にもリクルーターへメールを送るタイミングも注意する方が良いです。なぜなら変な時間に送ってしまうと、相手も困ってしまうからです。よって自分だけの都合ではなく、リクルーターの事もちゃんと考えなければいけないです。

関連タグ

アクセスランキング