IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接時の最後の質問の仕方と例|就職/転職・公務員試験・大学受験

更新日:2020年08月14日

就活の面接

面接の最後に、「何か質問はありますか。」と質問されることが頻繁にあります。この最後の質問の機会に、どう対応するかによって、面接の結果に影響を及ぼすことができます。この機会を利用して自己アピールに繋げ、内定を勝ち取りましょう。

公務員の場合、面接を受ける人には、公務員の公正性・誠実さを体現できる人格の持ち主かを気にしています。そのため、ちゃらちゃらしたことを最後の質問の際にしてはなりません。例えば、服装や髪型について気にしたりしてはいけません(聞くまでもなく分かれ、というレベルです)。 また、失礼にあたることを言っては当然行けませんので、税金の無駄遣いだとか揶揄されがちな公務員に対して、そのような類のことを言われてどう思うか、などは聞かないでおくべきです。

アルバイト

アルバイトのときに気になるのは、すぐ辞めてしまわないか、です。人を確保するのは面倒なのですが、基本的にアルバイトは短期でもいいやと思っている人が多いので、面接する側としては、できるだけまた人を雇いなおすことがないようにしたいと思っています。ですので、逆に言えば、耐性のなさそうな素振りを見せるのはよくないです。 例えば、遅刻に厳しいかとか、残業はどれくらいあるかとか、体力的にどうか、など、怠けそうな雰囲気を感じさせる質問は避けるべきです。

受験の面接のときの最後の質問の例

大学

大学の受験で面接を求めているところや、推薦入試の一環として面接を求めてくるところがあります。こういったところでは、事前にしっかりしたパンフレットや募集要項を読むことができます。 そのため、逆に言えば、そこに書かれているような内容を聞いてしまうのは、あまり興味を持っていないのだなという印象を与えてしまうので、マイナスです。 とはいえ、パンフレットなどは受験生にとって大きなとっかかりになります。それをきっかけにして、深堀りした質問を考えるのは、非常に良い戦略と言えます。 基本的に、最後の質問までの時点で、面接官が受験生に対して聞きたい内容は既に聞かれていますので、どれくらい興味を持って、どれくらい良い実績をこの学校に残してくれそうかを、最後の質問の際に示せるよう準備しましょう。

面接の最後の質問への対応の仕方

質問がないとき

基本的には、最後の質問の機会のときに、質問がないというのはないようにしましょう。しっかり事前に準備をしていき、自分の長所やアピールポイントに繋げられるような質問をいくつも用意していきましょう。 しかし、事前のやり取りで全て出切ってしまった、というような不幸な状況が訪れ、質問がなくなってしまうことがないとは言い切れません。 そういった場合には、「興味がないのではない、ということを示す」ということを主眼に置いて対応すべきです。 具体的には、「当初伺いたかった点は●●でしたが、先ほどのやりとりで丁寧にご教示いただけましたので、追加でこれ以上はございません」とか、「事前に聞きたいと考えていた情報はすべてお教えいただけましたので、これ以上は結構です」といった感じで、準備はしっかりしていたけど、もうOKだよ、という言い方で示しましょう。

聞かれなかったとき

最後の質問を聞いてもらえないということもあり得ます。最後の質問が聞かれないのは、単純に忘れているだけか、既に興味を失われてしまっている場合があり得ます。 いずれにせよ、面接を受ける側としては、自己アピールの場として最後の質問の機会をもらえるよう働きかけるべきです。 「では、これで終わります」と言われたら、普通に「ちょっと最後に1点ご質問よろしいでしょうか」と気負わずに聞けば、どうぞ、となるはずです。これを言うだけで足りるので、機会を得に声をかけてみるべきでしょう。 そして、仮に興味を失われているパターンでも、ここから挽回するつもりで、自己アピールをしにいきましょう。

面接の最後の質問をうまく利用して自己アピールにしよう

以上のとおり、面接における最後の質問は、自己アピールの場としてとらえて臨むべきです。この質問の機会を利用して、自分の魅力や、自分のその社・学校に対する興味の強さを示しましょう。 例えば、「私はこういうのが得意なのですが、こういう能力は求められますでしょうか」という聞き方をしたり、「御社は…のようですが、この点はどうなのでしょうか」とリサーチをしっかりしていることを示して、自己PRをしましょう。

初回公開日:2018年01月04日

記載されている内容は2018年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング