IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接時の最後の質問の仕方と例|就職/転職・公務員試験・大学受験

就活の面接

面接の最後に、「何か質問はありますか。」と質問されることが頻繁にあります。この最後の質問の機会に、どう対応するかによって、面接の結果に影響を及ぼすことができます。この機会を利用して自己アピールに繋げ、内定を勝ち取りましょう。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接最後の質問の仕方と質問例

自己PR

就職活動の面接にせよ、大学受験の面接にせよ、面接の最後に、「何か質問はありますか」という最後の質問をされることがあります。皆さんはこの最後の質問をどういうものと考えて対応しているでしょうか。 だいたい、募集要項だとか面接の序盤で、面接官側から内容の説明がなされています。そのため、面接官としては、一応質問があれば聞いておくか、くらいの感覚で聞いていることがほとんどです。 この最後の質問で素晴らしい質問をできるかどうか、を目をギラギラさせて見ているとは限りません。 ただ、そうは言っても、この最後の質問の機会までは、面接官主導で質問をしてきます。それはつまり、あなたが事前に考えていたこととズレるおそれがあり、せっかく準備していたものがアピールできない可能性があります。 そうすると、せっかくこちら主導で発言の機会を与えてくれた最後の質問の際に、これを自己PRの機会として使わない手はありません。

就職の面接の際の最後の質問の注意点

まずは、就職のための面接の際になされる最後の質問についてみていきましょう。就職のための面接は、文字どおり、仕事を得るためのものです。面接官としては、この人は能力があるかどうか、うちの職場で人間関係を築けるかどうかを見たいがために面接しています。そうすると、最後の質問の際にも、このニーズに合ったことを言えると良い、ということになります。 とはいえ、上でも述べたとおり、面接官的には、最後の質問は念のため受験者に質問があるかを確かめて、面接を終えるための便宜的なものであることが多いです。そのため、この最後の質問の際に何もできなくても、特にマイナス評価はありません。 そのため、基本的には質問しなくても、「これまでのところで大体聞きたいことは伺えておりますので、特にございません」でも問題ありません。

とはいえ、注意すべき点はある

そうはいっても、変なことを質問してマイナスのイメージを持たれるおそれは否定できません。 そこで、各種類別に、この点はあまり印象が良くない、という点を挙げていき、本番で注意できるようにしていきましょう。

転職

転職の際の面接では、基本的には前職で培ったスキルや経験を聞かれます。新卒と違って、何かしら社会に出て経験を得ているので、そこを次の仕事で活かせるかどうかが注目されています。 逆に言えば、最後の質問の際にも、自身のキャリアの自己アピールに繋げる質問をするとよいでしょう。例えば、このような経験があるのですが、御社にも似たような案件はあるでしょうか、などです。 ただ、明らかに関係のなさそうな経験をアピールしてみても、この人の前職での経験はうちにはいらないな、としか思われませんので、会社を調べ、繋がりのよさそうな点を基に最後の質問の対策をしていくべきです。

新卒

新卒は、社会人経験がないので、基本的に社会人の即戦力としては考えられていません。逆に重要なのは、会社に入ってからどこまで伸びてくれるか、ということです。 そうすると、今後伸びていく人の特徴である、まじめで、勉強熱心で、人とのコミュニケーションがうまい、という点をアピールできると良いです。 逆に、学生は礼儀がなっていない場合が多いです。さすがに面接時くらいはマナーに気を遣って欲しい、と思っています。話し方だったり、態度だったり、面接の短い場ですらまともにコントロールできないようでは、その能力を疑われてしまいます。 最後の質問でもそうです。自分の面接の締めくくりの場ですので、気を抜かず、マナーに気を付けつつ、自己アピールに繋げられるようにしましょう。

公務員

公務員の場合、面接を受ける人には、公務員の公正性・誠実さを体現できる人格の持ち主かを気にしています。そのため、ちゃらちゃらしたことを最後の質問の際にしてはなりません。例えば、服装や髪型について気にしたりしてはいけません(聞くまでもなく分かれ、というレベルです)。 また、失礼にあたることを言っては当然行けませんので、税金の無駄遣いだとか揶揄されがちな公務員に対して、そのような類のことを言われてどう思うか、などは聞かないでおくべきです。

アルバイト

アルバイトのときに気になるのは、すぐ辞めてしまわないか、です。人を確保するのは面倒なのですが、基本的にアルバイトは短期でもいいやと思っている人が多いので、面接する側としては、できるだけまた人を雇いなおすことがないようにしたいと思っています。ですので、逆に言えば、耐性のなさそうな素振りを見せるのはよくないです。 例えば、遅刻に厳しいかとか、残業はどれくらいあるかとか、体力的にどうか、など、怠けそうな雰囲気を感じさせる質問は避けるべきです。

受験の面接のときの最後の質問の例

大学

大学の受験で面接を求めているところや、推薦入試の一環として面接を求めてくるところがあります。こういったところでは、事前にしっかりしたパンフレットや募集要項を読むことができます。 そのため、逆に言えば、そこに書かれているような内容を聞いてしまうのは、あまり興味を持っていないのだなという印象を与えてしまうので、マイナスです。 とはいえ、パンフレットなどは受験生にとって大きなとっかかりになります。それをきっかけにして、深堀りした質問を考えるのは、非常に良い戦略と言えます。 基本的に、最後の質問までの時点で、面接官が受験生に対して聞きたい内容は既に聞かれていますので、どれくらい興味を持って、どれくらい良い実績をこの学校に残してくれそうかを、最後の質問の際に示せるよう準備しましょう。

面接の最後の質問への対応の仕方

質問がないとき

基本的には、最後の質問の機会のときに、質問がないというのはないようにしましょう。しっかり事前に準備をしていき、自分の長所やアピールポイントに繋げられるような質問をいくつも用意していきましょう。 しかし、事前のやり取りで全て出切ってしまった、というような不幸な状況が訪れ、質問がなくなってしまうことがないとは言い切れません。 そういった場合には、「興味がないのではない、ということを示す」ということを主眼に置いて対応すべきです。 具体的には、「当初伺いたかった点は●●でしたが、先ほどのやりとりで丁寧にご教示いただけましたので、追加でこれ以上はございません」とか、「事前に聞きたいと考えていた情報はすべてお教えいただけましたので、これ以上は結構です」といった感じで、準備はしっかりしていたけど、もうOKだよ、という言い方で示しましょう。

聞かれなかったとき

最後の質問を聞いてもらえないということもあり得ます。最後の質問が聞かれないのは、単純に忘れているだけか、既に興味を失われてしまっている場合があり得ます。 いずれにせよ、面接を受ける側としては、自己アピールの場として最後の質問の機会をもらえるよう働きかけるべきです。 「では、これで終わります」と言われたら、普通に「ちょっと最後に1点ご質問よろしいでしょうか」と気負わずに聞けば、どうぞ、となるはずです。これを言うだけで足りるので、機会を得に声をかけてみるべきでしょう。 そして、仮に興味を失われているパターンでも、ここから挽回するつもりで、自己アピールをしにいきましょう。

面接の最後の質問をうまく利用して自己アピールにしよう

以上のとおり、面接における最後の質問は、自己アピールの場としてとらえて臨むべきです。この質問の機会を利用して、自分の魅力や、自分のその社・学校に対する興味の強さを示しましょう。 例えば、「私はこういうのが得意なのですが、こういう能力は求められますでしょうか」という聞き方をしたり、「御社は…のようですが、この点はどうなのでしょうか」とリサーチをしっかりしていることを示して、自己PRをしましょう。

関連タグ

アクセスランキング