IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

協調性をアピールする自己PRの例文・協調性を示すエピソード

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

協調性をアピールする自己PRの例文とはどのようなものでしょう。協調性を自己PRにすることは印象が良いように思えますが実際に考えてみるとなかなかまとめることが難しいです。そこで、協調性の自己PRをさまざまな例で記事にしてみたので参考にしてみて下さい。

業種別で協調性が求められる場面とはどのようなものでしょう。どのような業種でも社会人である以上は協調性が求められます。例えば、班に分かれて仕事をする時でも役割分担をしっかりとするので協調性が求められます。 また、そのような場面における自己PRとはその業種特有の場面における協調性を必要とする時のエピソードを具体的に記載すれば良いでしょう。

看護師の自己PR

看護師の協調性を求められる場面としては、急患の患者などが来た時にチームワークを発揮して限られた時間で適切な対応をする必要があります。 このような時に協調性も大切になり、看護師の自己PRの例文としては、「急患の患者が来た時にみんなで協力して限られた時間で適切な処置をしてきました。御社に入社しても適切な処置を協調性をもってします」となります。

保育士

保育士の協調性が求められる場面は、子供も含めみんなで輪になって歌を歌ったりする時に保育士同志でタイミングを合わせて歌う時があります。このような時は、しっかりと協調性をもって歌うことでより楽しく子供も歌うことができるでしょう。 また、保育士の自己PR例文としては、「保育士として子供に対する対応をみんなで手分けしながらてきぱきと適切に行い、子供にとって楽しい保育園にします」となります。

警察官の自己PR

警察官の協調性も必要とする場面は、犯人などを見つけて追跡した後に逮捕する中で必ず必要です。協調性を発揮して、犯人を追い詰めることができるのと複数で協力して逮捕することでより確実に逮捕することができます。 警察の協調性に関する自己PR例文は、「どのような時も協調性を発揮して犯人を逮捕する時もチームワークよく追い詰めて逮捕します」となります。

公務員

公務員に求められる協調性の場面としては、分からに事がなどがお互いある時に、忙しい時でも相手の事を考え不明な点を協力して解決する姿勢が大切です。 また、公務員の協調性に関する自己PR例文としては、「自分が忙しい時でも他の人から分からない事について質問があった場合、協調性を発揮して相手の立場に立って解決します」などになります。

どのような視点で協調性を自己PRでアピールするか

協調性を自己PRする時は、特別難しい内容を言えば良いわけではありません。簡単な内容でも良いので、自分はこれが協調性がある言動でありアピールできると考えれば、それが答えです。また、具体的なエピソードも自分ならではの内容であれば、採用担当者も好印象でしょう。

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング