IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活での自己紹介の例文|個人面接/集団面接/英語面接/最終面接

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就活生のみなさん。面接の準備は進んでいますか?自己分析や企業研究はしていても、「自己紹介」の準備を忘れてしまう人が結構少なくありません。今回は、面接官からの第一印象が決まる「自己紹介」の仕方と、使える例文を場面別にご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の面接「自己紹介」ってどうやるの?

エントリーシート、Webテスト、面接、グループディスカッションなど、さまざまなステージを突破しなければならない就活。その中でも「面接」は、就活生一人ひとりの話を聞き、その会社に合う人材を獲得するための手段として、多くの企業が非常に重視しています。面接は採用に大きく影響を与えるので、不安に感じる就活生も多いはずです。 志望企業の研究を進めたり、志望動機を練ったりと、面接に向けた準備の中で意外と見落としがちなのが、最初に行う「自己紹介」です。「自己紹介くらい準備しなくてもできる」と甘く考える就活生が多い傾向にありますが、何の準備もなしに自己紹介をすることは、実は想像以上に難しいことす。 そこで今回は、就活面接で最初に行う「自己紹介」で失敗しないために、盛り込むべき内容や使える例文をご説明します。就活生のみなさん、必見です。

就活の自己紹介と自己PRって何が違うの?

自己紹介の内容について説明する前に、そもそも就活における「自己紹介」と「自己PR」の違いについて解説します。 自己紹介とは、面接の最初に行うもので、これから面接官と行われるやりとりのキッカケけとなる導入部分です。自分のプロフィールや面接時に伝えたい内容についてキーワードのみ盛り込むことで、その後の会話が円滑に行えるようにします。 一方「自己PR」とは、自分の長所やアピールしたい活動内容などを話し、自分の魅力を相手に伝えることです。もちろん就活において自己PRは面接の大切な部分ではありますが、最初に行ってはいけません。誰でも初対面でいきなり「私はコミュニケーション能力に長けています」などと言われたら、驚いてしまいます。 つまり、就活面接の最初のステップとして、「これからこのような人間があなたと話しますよ」と面接官にお知らせするために行うのが「自己紹介」です。

就活での自己紹介って何を話せばいいの?

簡単に「自己紹介」といっても、自分の何を紹介すべきか悩むことも多々ありますので、面接で好印象を与えられる自己紹介について詳しくご紹介します。

最初にきちんと伝えたいのは「名前」

就活面接では、初めに面接官から「それではまず自己紹介をしてください。」と言われることがよくあります。その場合に必要なのは、きちんと、そして誠実にあなたの名前を伝えることです。 初めに自分の名前を名乗ることは就活だけでなく、社会人としての基本となります。そのため、就活生のみなさんも常に心がけることが大切です。 また、就活面接では苗字のみではなく、フルネームを伝えることが必須です。その際に、「〇〇大学××学部から参りました」と、大学名や学部名を伝えることも大切です。ハキハキと大きな声で、誠実に話すよう心掛けてください。

出身地を伝えるのも印象に残りやすい

就活面接の初めに自分の名前を伝える際、「〇〇県出身の」と自分の出身地をプラスして伝えると、その後の話題が広がるキッカケになる場合があります。 数多くの就活面接を行う面接官は、何気なく添えたひと言を意外と覚えていてくれてます。マストで盛り込まなければいけない項目でこそありませんが、面接官との共通点を見つけられるなどして、それがアイスブレークのキッカケにもなり得るので、時間が許すのであれば付け加えてみるのもお勧めです。

志望動機について触れよう

その会社を志望する動機も上手に盛り込みましょう。「御社の〇〇という理念に共感し、一緒に××な社会を作りたいと強く思い志望いたしました。」など、完結に済ませることが大切です。 就活面接だかたと言って「志望動機は~~」と話し始めてしまうと、自己紹介ができない、論点がずれていると捉えられてしまう可能性があるので、「自己紹介」という枠の中で不自然にならない程度に収めると良いでしょう。

ゼミや研究室での研究内容も簡潔に述べよう

ゼミや研究室に所属している人は、自分が研究しているテーマや内容についても完結に述べましょう。これを述べることで面接官に対し、どんなことに興味を持って大学で勉強しているのかを伝えることができます。 また、その内容が企業の事業内容とマッチしている場合は、志望度合いの高さなどもさりげなくアピールできるチャンスとなり、他の就活生との差別化を図ることができます。ただし、こちらも長々と話すことは避け、1~2行程度で完結に伝えるようにしましょう。

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング