IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

成功に導く面接マナー30選!面接官に好印象な受け答えも

初回公開日:2018年01月27日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活マナー

面接は、人生の分岐点となる場面で行われることが多く、自分の人生を左右する大事なシーンとなります。面接の入退室などのマナーを知らずに、その後の人生を台なしにしてしまっては勿体無いです。今回は、面接の前から退出した後までのマナーと注意点をご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接の入退室の仕方のマナーと注意点

就職活動だけでなく、高校受験や大学受験、英検の試験の中でも面接が行われます。面接は、人生の分岐点となる場面で行われることが多く、自分の人生を左右する大事なシーンとなります。 面接の入退室などのマナーを知らずに、その後の人生を台なしにしてしまっては非常に勿体無い結果になってしまいます。逆に、面接を重視している学校などの場合は、試験の結果が少し悪かったとしても、入退室などのマナーがしっかりしていれば評価される場合もあります。今回は、面接の入退室の仕方のマナーと注意点をご紹介します。

就職や転職で使える面接時の入退室の流れ

面接の入退室を行う前に、身だしなみを確認しておきましょう。スーツなどの服に毛やほこりがついていないか、シャツにはしわがよっていないか、髪型は面接の場に相応しいかどうかを鏡でチェックしておきましょう。 また、面接する場所には10分前に着くようにしましょう。どのような面接であったとしても、遅刻をしてしまうと印象が非常に悪くなります。また、時間に余裕がない状態だと、忘れ物をしてしまう場合もありますし、いつものポテンシャルを十分に発揮できなくなりますので注意しましょう。 面接に臨む前の時間や身だしなみを確認したら、入退室のマナーも把握しておきましょう。面接では第一印象が大事になります。入退室の際に、面接官に良い印象を与えることができれば、面接がスムーズに進みやすいです。面接時の入退室の流れと注意点をご紹介します。

就職や転職で使える面接時の入退室の流れ1:入室

入退室のマナーで、はじめにおさえておきたいのは、入室時のマナーです。面接室の前まできたら、扉の前で一度立ち止まり、3回扉をノックします。2回はトイレで使うノックですので、落ち着いて3回ノックしましょう。 ノックした後は、急いでドアを開けるのではなく、どうぞと声をかけられたら、失礼いたしますと返答してドアを開けるようにしましょう。入室後は、丁寧にドアを閉めお辞儀をします。

就職や転職で使える面接時の入退室の流れ2:挨拶

入退室のマナーでは、挨拶も大切です。扉の前で一礼をしたら、椅子の横に立ちましょう。名前を言った後、「本日はお時間を頂き、ありがとうございます。よろしくお願いします。」といって挨拶をしましょう。 丁寧にはっきりと笑顔で挨拶を行うようにしましょう。緊張で声が小さくなってしまう人や顔がこわばってしまうひとは、面接の前にお家で挨拶の練習をしたり、顔のマッサージをするとよいでしょう。口角を上げる練習をしておくと表情筋が柔らかくなります。

就職や転職で使える面接時の入退室の流れ3:椅子に座るタイミング

入退室のマナーの中では、椅子に座るタイミングも見逃されやすいポイントになります。椅子の立ち位置は、ドアに近いほうに立つようにしましょう。これは退出する際も同じです。挨拶を行った後、着席を促されたら失礼しますと言って、一礼してから着席を行うようにしましょう。 一礼の際に、一瞬目を見開くと印象に残ります。この行動は、心理学的にも実証されている行動で、海外の方は自然と習慣がついている人が多いです。余裕がある場合試してみると良いでしょう。

就職や転職で使える面接時の入退室の流れ4: 退室

最後の入退室のマナーは、退室時のマナーです。最後に退出する際には、お礼を述べてから椅子の横に立ち、一礼をしましょう。その後、荷物を持ち、ドアまで落ち着いて歩きましょう。部屋を出る際にも、一礼することを忘れないようにしましょう。 面接が終わったという開放感で、気を抜いてしまう人が多いです。最後に気を抜いてしまって、悪い印象を与えてしまうと今までの苦労が台なしになります。ドアの開閉の音にも気を配り、退室するようにしましょう。

面接前に準備すべきマナー3選

関連タグ

アクセスランキング