IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接を辞退する時のメールの例文|転職/中途採用/新卒/アルバイト

メールマナー

面接辞退をメールで伝えたことはありますか?就活は企業からの内定を目指して進めていきますが、面接の途中で辞退を考える場合もあります。辞退をする場合はその旨を企業に伝える必要があります。メールでの面接辞退の方法を知って、就活を上手に進めていきましょう。

更新日時:

面接を辞退する時のメールの例文は?

面接を辞退する時のメールの例文は?

就活を進める上では面接は欠かせないものであり、面接に合格することで内定の獲得を目指すことができます。面接の攻略は簡単ではありませんので、しっかりと対策をしてから面接に臨みますが、場合によっては面接を辞退することも考えられます。就活ではやらなければならないことも多いですし、一つの企業の面接だけに構っていられない場合もあります。 興味がなくなったり、その企業への就職は絶対にしないと感じれば、素早く辞退をして他社の選考を進めていくことが大切です。面接を辞退する場合には、その旨を企業に伝える必要があり、無断欠席は絶対にNGです。企業との連絡のやりとりの手段としてはメールが一般的ですので、メールでの面接辞退の例文を参考にしながら、メールを上手に作成していきましょう。

転職

転職

転職の場合の面接を辞退する時のメールの例文は以下のようになります。 「○○株式会社人事部採用担当○○様 いつもお世話になっております。○○株式会社の○○でございます。この度はお忙しい中、面接のご機会を頂きまして、誠にありがとうございます。大変申し訳ございませんが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたく、ご連絡差し上げました。大変恐縮ではございますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。末筆ではございますが、貴社益々のご活躍をお祈り申し上げます。」 転職の場合は面接辞退のメールもスマートに送ることが大切です。余計な内容を書いてしまうと読みづらくなりますし、伝わりづらくもなりますので、文面は簡潔にまとめるようにしましょう。

中途採用

中途採用の場合の面接を辞退する時のメールの例文は以下のようになります。 「○○株式会社人事部採用担当○○様 いつもお世話になっております。○○でございます。この度はお忙しい中、面接のご機会を頂きまして、誠にありがとうございます。大変申恐縮ではございますが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたいと考え、ご連絡差し上げました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。末筆ではございますが、貴社益々のご活躍をお祈り申し上げます。」 中途採用の場合でも、面接辞退をするのであれば基本的には文面は簡潔にまとめるようにしましょう。メールは長くなればなるほど読みづらくなりますので、短い文章で辞退を伝えることが大切です。

新卒

新卒

新卒の場合の面接を辞退する時のメールの例文は以下のようになります。 「○○株式会社人事部採用担当○○様 いつもお世話になっております。○○大学経済学部経済学科の○○と申します。この度はお忙しい中、面接のご機会を頂きまして、誠にありがとうございます。大変申恐縮ではございますが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたいと考え、ご連絡差し上げました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。末筆ながら、貴社益々のご活躍をお祈り申し上げます。ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございませんでした。」 新卒の場合はとにかく謝罪の気持ちをしっかりと伝えておくことが大切です。何度も念押しして謝罪の言葉を述べ、謝罪の気持ちを伝えていきましょう。

アルバイト

アルバイトの場合の面接を辞退する時のメールの例文は以下のようになります。 「○○株式会社人事部採用担当○○様 いつもお世話になっております。先日面接をさせて頂いた○○でございます。先日はお忙しい中、面接をして頂き、誠にありがとうございます。大変勝手なお願いではございますが、一身上の都合により面接を辞退させて頂きたいと考え、ご連絡差し上げました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。末筆ながら、貴社益々のご活躍をお祈り申し上げます。」 アルバイトの場合はこれほど丁寧にメールをする必要はありませんが、形式どおりにメールを送っている方が好印象を与えることができます。メールで辞退する場合も、丁寧な文面を心がけておきましょう。

面接を辞退する時のメールでの書き方や注意点は?

面接を辞退する時のメールでの書き方や注意点は?

面接を辞退する場合は、メールでその旨を企業に知らせなければなりませんが、メールはただ送ればいいというものではありません。辞退の旨を記したメールでも、書き方によってはマナー違反になってしまい、マイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、企業に対しても失礼になってしまいます。 また最悪の場合は辞退の旨が正しく伝わらないということもありますので、企業に迷惑をかけないためにもメールの書き方には充分に注意しなければなりません。面接辞退のメールであっても、書き方の注意点を守って正しく作成すれば、好印象が与えられる場合もあります。最後の瞬間まで気を抜かず、好印象を与えることが大切ですので、正しい書き方で面接辞退のメールを作成していきましょう。

件名

件名

面接を辞退するメールを作成する際には、件名から注意しなければなりません。ビジネスメールでは件名をつけるのがマナーであり、件名なしのメールはそれだけでマナー違反となってしまいます。また件名がつけられていないことで、読んでもらえない可能性もありますし、面接辞退の旨を正しく伝えるためにも、メールの件名は必ず記しておかなければなりません。 メールの件名は本文の内容を簡潔にまとめたものを設定することが大切であり、件名を見ればすぐに内容がわかるようにつける必要があります。メールの件名については難しく考える必要はなく、シンプルに設定して問題ありません。「面接辞退のお詫び」など見ればすぐに内容がわかる件名をつけるようにしましょう。

宛先

面接辞退のメールでは本文も重要になりますが、いきなり本題を切り出すのはマナー違反です。最初に誰に宛てたメールなのかを記す必要があり、宛先が記入されていないことで非常識な印象を与えてしまう可能性がありますので注意しましょう。宛先として必要なのは企業名、部署名、担当者名などです。担当者名についてはわかる場合だけ問題ありません。 誰が担当かわからなければ人事部など部署に宛ててメールを出すようにしましょう。企業名は(株)と略さずに書くことが大切であり、最終的な宛先によって、敬称を変える必要があります。人事部などグループに宛てる場合は御中を使用し、採用担当者個人に宛てる場合は様を使用しますので、敬称も間違えいないように注意しましょう。

電話

電話

内定辞退の連絡はメールですることもできますが、それだけではなく電話で連絡をすることも可能です。電話で連絡をする場合は、まずは採用担当者に取り次いでもらう必要があります。会社に電話しても、最初から採用担当者が出るとは限らず、他の部署の人が一括して外部からの電話を担当している場合もあります。 その際にはまずは採用担当者に取り次いでもらい、必ず直接面接辞退の旨を伝えるようにしましょう。面接の辞退を伝言で託すのは失礼ですし、場合によっては上手く伝わらないこともあります。せっかく電話をしてもそれが正しく伝わらなければ意味はありませんし、無断欠席の扱いになってしまいます。電話をする場合は必ず採用担当者に取り次いでもらうようにしましょう。

当日・前日

面接の辞退は早めに申し出ることが大切ですが、場合によっては面接の当日や前日などに辞退することが決まる場合もあります。前日や当日など急な辞退になる場合は、メールでの連絡は避け、電話で面接辞退の旨を伝えるようにしましょう。メールで連絡しても企業の担当者が確認できない場合もありますし、確認されないまま面接当日を迎えてしまうと無断欠席の扱いになってしまいますし、企業にも迷惑をかけてしまいます。 1週間前など余裕を持って伝えられる場合であれば、メールで面接の辞退を申し出ても構いませんが、緊急時に限ってはメールでの連絡はNGです。面接の辞退を伝えるのがぎりぎりになってしまう場合は、メールではなく電話で伝えるようにしましょう。

お詫び

面接を辞退することは非常に簡単なことであり、企業に向けてメールを作成し、自身の名前を含めて、面接を辞退すると文言を入れるだけで成立します。しかしそれだけの情報でも面接の辞退は成立するものの、マナーとしては当然NGです。面接を辞退する場合は、しっかりとお詫びを伝えることが大切であり、その気持ちが記されていなければマイナスの印象を与えてしまいます。 面接を辞退することで、少なからず企業に迷惑をかけてしまいますし、企業からの期待を裏切ることになってしまいます。これまで評価してくれた企業に対して誠実な態度を示して辞退をすることが大切ですので、面接辞退のメールを作成する場合は必ずお詫びを伝え、電話でも同じように謝罪の言葉を述べるようにしましょう。

面接を辞退する理由は?

面接を辞退する理由は?

面接を辞退するには必ず理由がありますし、企業に辞退の旨を伝える際には、必ず理由を添えて伝えることが大切です。理由もなしにただ辞退すると伝えるだけでは失礼になりますし、企業としてももやもやとした気持ちになってしまいます。なぜ面接を辞退するのかを知れば、企業としてもスッキリしますし、理由次第では次の採用活動に活かせる場合もあります。 面接を辞退する理由を伝えるのは非常に大切なことであり、きちんと理由を開示することで、誠実な対応とすることができます。面接を辞退する際には、企業に対していかに誠意を示すことができるかが重要になります。どんな理由があるのかを知って、その理由の上手な伝え方も知っておきましょう。

体調不良

体調不良

面接を辞退する理由としては、体調不良が挙げられます。就活中は忙しく動き回らなければならないことも多く、疲れもたまりやすいため体調を崩してしまう人も多いです。体調を崩したまま無理に面接に参加する必要はありませんし、他の人に移ってしまう可能性もありますので、参加することで迷惑がかかってしまいます。 迷惑にならないためにも辞退をする必要がありますが、体調不良の場合であれば、企業が別の面接日を提示してくれる可能性もあります。別日を提示してもらうためには、あくまで面接に参加したい気持ちが変わらずあることを伝えるのが大切です。体調不良によって辞退せざをえないものの、面接への意欲が高いことを記しておきましょう。

他社に内定

面接を辞退する理由としては、他社に内定が決まったことが挙げられます。内定を受けられるのは一社だけですし、内定を承諾した時点で他の企業の選考は続けても意味がなくなってしまいます。他社内定は企業としてもどうしようもない理由ですし、引き止めることもできませんので、伝えておくことで企業との関係を綺麗に切ることができます。 他社内定については伝えてしまっても問題はありませんし、失礼になることもありません。ただライバル会社への就職が決まり、伝えづらい場合などは一身上の都合によりなど、オブラートに包んだ表現を用いても構いません。企業名まで明かす必要はありませんが、どうしても伝えづらいと感じるのであれば言い換え表現を使用しましょう。

面接の辞退はメールでしてもいいのか?

面接の辞退はメールでしてもいいのか?

面接を辞退することを決めれば、その旨を企業に伝えていく必要があります。企業への連絡手段はさまざまであり、メールもあれば電話を使用することもできます。面接の辞退を決めれば素早くその旨を企業に伝える必要がありますが、メールで辞退を伝えてもいいのか悩んでしまう人は多いです。面接の辞退は重要なことですし、メールで伝えるのを不安に感じる人はたくさんいます。 また重要な連絡をメールでしてしまうことが失礼になるのではないかと不安に感じる人は多いですし、連絡手段として電話を選ぶ人も多いです。メールは企業とのやりとりで頻繁に使用されるものですし、利便性も高いです。メールを使用している人も多いですが、そもそも面接の辞退はメールで伝えても良いのでしょうか。

メールでも可

結論から言えば、面接の辞退はメールで伝えても問題はありません。面接の辞退は重要な内容ではありますが、正しい方法で送ることができていれば、メールでの連絡でも問題はありませんし、重要な連絡をメールで行うことも多くあります。メールはビジネスでは一般的に使用されている連絡ツールですし、使用することでマイナスの印象を与えることはありません。 メールであれば相手の都合に関係なく送ることができますし、素早く連絡をすることも可能です。加えて相手の手を止めてしまうこともありませんし、手間をかけさせる心配もありません。メールは連絡ツールとして利便性が高いですし、素早く連絡をするためにも、メールで面接の辞退を行うことは可能です。

電話の方が誠意が伝わる

電話の方が誠意が伝わる

面接の辞退の連絡はメールで行うことも可能ではありますが、より丁寧な印象を与えたいのであれば電話で連絡するのがおすすめです。メールでも辞退をするということは伝わりますが、どこか事務的に感じてしまう場合もあり、誠意が伝わりづらい場合も多いです。もちろんメールであってもきちんと文面を考え、マナーを守って作成すれば誠意を伝えることはできます。 しかし電話の方が誠意が伝わることは確かであり、少しでも好印象を与えたいのであれば電話での連絡がおすすめです。電話での連絡は勇気がいりますが、その場ですぐにやりとりを終えることができますし、辞退までの流れもスムーズです。辞退の連絡は重要なものですので、可能であれば電話で直接伝えるようにしましょう。

電話+メールなどの方法も

面接の辞退は電話とメール両方で伝えることができますが、電話で連絡した方が誠意をアピールしやすく好印象を与えることができます。少しでも好印象を与えたいのであれば電話での連絡がおすすめですが、さらに好印象を目指すのであれば電話をした後にメールで再度連絡をするという方法もあります。 電話をして面接を辞退することを伝え、その後に改めて謝罪の気持ちを記したメールを送信することで、より丁寧な印象を与えることができます。もちろん電話やメールなどで伝えるだけで終わっても問題はありませんし、これはあくまでプラスアルファで好印象を与えたい場合のみにすべきことです。辞退の旨が伝わればいいだけであれば、無理に重ねて連絡をする必要はありません。

面接辞退のメールをするタイミングは?

面接辞退のメールをするタイミングは?

面接を辞退することを決めれば、メールを送るタイミングにも注意しなければなりません。メールはしっかりと文面を考えて送ることが大切ですが、タイミングを間違えてしまうと、それだけでマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。より好印象を与えるためには、面接辞退のメールはタイミングまで気をつけておかなければなりません。 タイミングに気をつけることで、マイナスの印象を避けるだけではなく、企業へかかる負担や迷惑などを減らすことができる場合もありますし、それが好印象になる場合もあります。面接辞退をする場合は、細部まで気をつけることが大切です。メールを出すタイミングにも気をつけて、少しでも好印象が与えられるように工夫をしていきましょう。

面接の辞退が決まったらすぐに

面接辞退のメールをする場合は、辞退を決めればその場ですぐに連絡をすることが大切です。辞退の連絡は遅くなればなるほどに企業に迷惑がとにかく素早く連絡しなければなりません。企業は面接の予定を決めれば、その開催に向けて少しずつ準備を進めていますし、辞退することでその準備を無駄にしてしまうことになります。 面接日ぎりぎりになれば、準備も終わっている場合も多く、辞退することですべてを無駄にしてしまうため、企業に多大な迷惑をかけてしまいます。事前に余裕を持って伝えておけば、準備もそれほど進んでいない場合も多いですし、迷惑をかける量も少なくなります。体調不良など理由によってはぎりぎりの連絡になっても仕方ありませんが、それ以外の理由であれば辞退を決めればすぐにメールをするようにしましょう。

メールをする時間帯にも気をつける

メールをする時間帯にも気をつける

面接の辞退は決めればすぐに連絡をすることが大切ですが、メールをする時間帯には注意しなければなりません。メールはいつでもどこでも送ることができますので、非常に便利ではありますが、送信する時間帯によっては非常識な印象を与えてしまう可能性があります。 辞退の連絡は少しでも早くすることが大切ではありますが、一日程度のずれであればそれほど印象が変わらない場合も多いです。辞退を決めればその場でメールを送信するのではなく、時間帯を確認した上でメールを送信するかどうかを決めましょう。時間帯が適さないのであれば、メールの文面だけを作成しておき、時間をずらして正しい時間で送信するようにしましょう。

深夜は避けるなど

企業へのメールで避けるべき時間帯としては、深夜帯などが挙げられます。深夜や早朝などの時間にメールをしてしまうと非常識な印象を与えてしまう可能性がありますので注意しなければなりません。深夜などにメールを送ったとしても、企業の人が読むのは翌日の朝になりますので、直接迷惑をかけるわけではありませんが、それでも送信時間をチェックしている人は多いですし、深夜は基本的に避けることが大切です。 深夜に送っても翌日の朝にしか読まれないのであれば、送信時間を翌日に回しても何の問題もありません。当日や前日に辞退をする場合は時間帯に関わらず連絡する必要がありますが、それ以外の場合は時間帯にも気をつけながら連絡するようにしましょう。

面接辞退のメールで気をつけるべきマナーは?

面接辞退のメールで気をつけるべきマナーは?

面接辞退のメールを送る際に気をつけなければならないポイントはさまざまありますが、最も重要なのはマナーを守ることです。メールの作成にはさまざまなマナーがありますし、面接辞退のメールにもマナーがありますので、それらをしっかりと守って作成しなければなりません。マナーが守られていなければマイナスの印象を与えてしまいますし、企業に対しても失礼です。 面接を辞退するということがそもそも失礼なことですし、企業に失礼を重ねないためには正しいマナーを身に付けておく必要があります。マナーが守れているかどうかで与える印象は大きく違ってきます。正しいマナーを身に付けて、企業に失礼のないように面接辞退のメールを送っていきましょう。

謝罪を含める

面接の辞退のメールでは、しっかりと謝罪の気持ちを含めることが大切です。面接を辞退することに対して謝罪をし、企業に迷惑をかけてしまうことにも深く謝罪していきましょう。謝罪の言葉は一度だけではなく、本文中で何度も伝えることが大切です。何度も謝罪の言葉を述べ、丁寧に謝罪の気落ちを伝えていきましょう。

言葉遣いなど

言葉遣いなど

面接辞退のメールに限らず、企業とのメールのやりとりで重要なことではありますが、言葉遣いにも充分に注意しなければなりません。同じ内容を伝えているものであっても、言葉遣いによって与える印象は全く違いますし、正しい言葉遣いができていなければ企業に対して失礼になってしまいます。 丁寧な言葉で何度も謝罪の気持ちを伝え、面接辞退の旨を伝えていくことが大切です。単に面接辞退が伝わればいいと事務的なメールにしてしまうのではなく、正しい言葉遣いで丁寧なメールを心がける必要があります。言葉遣いは非常に重要ですので、メールを送信する前に誤字脱字がないかを確認し、言葉遣いについてもしっかりとチェックしておきましょう。

気持ちが伝わることが大切

面接を辞退する場合は、謝罪の気持ちやこれまで評価してくれたことに対しての感謝の気持ちが伝わることが大切です。気持ちを伝えるためには、自分の言葉で気持ちを語ることが大切であり、定型どおりの表現では気持ちを伝えることはできません。 辞退のメールのテンプレートをそのまま使用するのではなく、必ず自分の言葉を使って気持ちを伝えていくようにしましょう。

面接の辞退はメールで上手に伝えよう

面接の辞退はメールで上手に伝えよう

面接を辞退する時のメールの例文やメールの書き方などを紹介しましたが、面接を辞退する場合は素早く、正しい書き方でメールを送信することが大切です。メールの書き方次第では印象が悪くなりますし、企業に対しても失礼になってしまいます。 面接を辞退することで企業には少なからず迷惑がかかってしますので、気持ちを込めて謝罪をし、上手に辞退の旨を伝えていきましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング