IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業への返信メールの正しい書き方とマナー・ベストなタイミング

更新日:2020年08月14日

メールマナー

就活では企業からメールが送られてくることも多く、それに対して上手に返信しなければなりません。企業からのメールの返信も評価されていますし、正しいマナーを守ってメールに返信することが大切です。今回は企業からのメールへの返信マナーなどをご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

企業への返信メールの書き方とポイントは?

就活では企業からメールが送られてくることも多く、それに対して返信しなければならないことも多いです。就活中は面接だけではなく、企業からのメールの返信なども評価の対象になっていますので、高評価を得るためには正しいメールマナーを身に付けておかなければなりません。 企業からのメールに正しく返信できていないとマイナスの印象を与えてしまい、選考でも不利になってしまいます。就活をより有利に進めていくためには、正しいメールマナーを身に付けるのは必須のことであり、企業からのメールにいかに上手に返信できるかが重要になります。 企業からのメールに返信して好印象を与えるためには、さまざまなポイントがあります。正しいメールの書き方などを知って、企業に好印象を与えていきましょう。

新卒

就活で求められるメールマナーはビジネスマナーに照らし合わせたものですので、社会人として正しいマナーを守って企業からのメールにも返信しなければなりません。そのため新卒の就活でも社会人と同じレベルでマナーを守ってメールを送らなければなりませんが、必ずしもすべてのマナーが守れていなければならないわけではありません。 企業の人も就活生がメールに慣れていないことは分かってしますし、最低限のマナーさえ守れていれば、返信メールでもマイナスの印象を与えることはそれほど多くはありません。最低限のメールマナーは身に付けておかなければなりませんが、それ以外に関しては言葉遣いなどを丁寧にすることを心がけていれば大丈夫です。 返信メールのマナーも学びながら、言葉遣いには特に注意して、企業に丁寧な印象を与えられるように工夫しましょう。

転職

新卒の就活の場合は、ある程度のミスは許されますが、転職の場合は細かい点まで正しくメールマナーを守って、企業のメールに返信しなければなりません。ビジネスマンにとってメールのマナーは必須のものですし、メールのスキルがなければ効率的に仕事を進めることはできません。 デキるビジネスマンとデキないビジネスマンの違いはメールに表れると考えられることも多いですし、細部までこだわって企業のメールには返信する必要があります。メールマナーが身に付いていることは大前提として考えられますので、できていない場合のみマイナスの評価となります。 転職の返信メールで企業に好印象を与えるためには、プラスアルファの工夫が必要です。マナーをしっかり守った上で、企業を気遣う言葉などを含めてメールを返信していきましょう。

好印象を与える企業への返信メールの書き方のポイントと例文は?

就活中は企業とメールでやりとりをする機会も多く、メールマナーも評価の対象として見られていますが、ただ事務的なやりとりを捉えて企業とメールをしている人は多いです。企業とのメールはお互いに用件さえ伝わればいいので、事務的に済ませても問題ありませんが、それでは好印象を与えることはできません。 事務的なメールではマイナスの印象を与えることはなくても、プラスに働くこともなく、選考を有利に進めることもできませんので、少しでも有利に進めるためには企業への返信メールで好印象を与えることが大切です。 返信メールは正しいメールマナーで送ることに加え、細かい気遣いを見せることで、好印象を与えることができます。メールのやりとりで企業に好印象を与え、就活をより有利に進めていきましょう。

件名

企業からのメールに返信するときには、件名にも注意が必要です。ビジネスメールでは件名も重要視されており、件名は必ず付けてメールを送信しなければなりません。件名のないメールは失礼ですし、件名がないことで企業でも何のメールか分からず、対処に困ってしまう場合もあります。 企業を困らせないためにも正しい件名を付けることが大切であり、件名は簡潔に記すことが大切です。面接の案内への返信であれば、「面接の件について」など、内容を簡潔にしたものを件名に記しましょう。 また返信の場合は、企業が送ってきたメールの件名を変えず、そのまま使用するのもです。そのまま使用していれば、何のメールかも分かりやすいですし、返信メールであることがすぐにわかるので企業でも対処がしやすくなります。

宛先

企業からのメールに返信する場合は、いきなり本題を切り出すのはマナー違反です。これは就活だけではなく、ビジネスメール全般に言えることであり、最初に必ず宛先を記さなければなりません。 企業のアドレスにメールを送っている以上、企業外の人が見ることはありませんが、企業にはさまざまな人がいますし、一つのアドレスを共有して使用していることも少なくありません。そのため誰宛てに出されたメールか分からなければ、企業でも対処が難しくなる場合も多いです。 宛先として必要なのは企業名、部署名、わかる場合は担当者名です。担当者名は絶対ではありませんので、分からない場合は省略しても構いません。担当者個人に対して送る場合は、必ず個人名まで記しましょう。

初回公開日:2018年01月25日

記載されている内容は2018年01月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング