IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般事務の仕事内容と例|未経験者・地方公務員・営業事務との違い

初回公開日:2017年12月30日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

企業で働く女性の職種の代名詞とも言える一般事務ですが、実際にどんな仕事内容なのかと言われると良く分からないのが現実ではありませんか?コピーやお茶煎れなんて古いです。一般事務がどんな仕事をしているのか、どんなスキルが必要なのかご紹介します。

会計事務所

会計事務所の一般事務の仕事内容はデータ入力作業が主になってきます。しかし、少人数の個人事務所のようなところでは、所長のさじ加減ひとつで仕事内容は変わってきます。経理事務を兼任することもあれば、会計士の補佐なども仕事内容に含まれることがあります。

職務経歴書の一般事務の仕事内容の書き方例文

アピカ 職務経歴書 SY101 B5
アピカ 職務経歴書 SY101 B5

求人で一般事務の仕事内容はどう書けばいい?

一般事務の求人をする際にどう書けば希望する人事が応募してくれるのでしょうか。やはり、どの部門でどのような仕事を行うのか、持っていて欲しいスキルは書かなければいけません。ただ一般事務として求人しても仕事内容が分からなければ尻込みしてしまいます。例文を挙げてみましょう。 仕事内容 総務部門での事務を担当します。主な仕事は、社内文書の作成・管理・保管、電話・来客応対、郵便物の発送・収受、事務用品の管理、人事・福利厚生関係事務です。 パソコン(ワード・エクセル)で簡単な文書や表・グラフを作成できる方を希望します。 必要な経験 ワード、エクセル(表計算・グラフ作成)操作経験のある方

一般事務と営業事務の違いって何?

一般事務は縁の下の力持ち

一般事務の仕事内容を見てきましたがいかがでしたか。特別な専門知識が必要なわけではありませんが、さまざな社内外の人と接しなければいけません。コミュニケーション能力やパソコンスキルが必要となってきます。 備品がないとか、書類の書き方が分からないとか、なんだかんだ社員から頼りにされる存在です。まさに会社の縁の下の力持ちではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング