IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

一般事務の仕事内容と例|未経験者・地方公務員・営業事務との違い

初回公開日:2017年12月30日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

企業で働く女性の職種の代名詞とも言える一般事務ですが、実際にどんな仕事内容なのかと言われると良く分からないのが現実ではありませんか?コピーやお茶煎れなんて古いです。一般事務がどんな仕事をしているのか、どんなスキルが必要なのかご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

一般事務の仕事内容とは?

一般事務とよく耳にしますが、実際どんな仕事をしているのでしょうか。電話対応、お茶の準備に手紙の発送など、なんとなくは想像できますが、きちんとした仕事内容は意外と知らないのではないでしょうか。 これから一般事務に応募しようと考えている方も、単純に一般事務はどのような仕事なのだろうと疑問を持っている方もにも、これを見ていただければ分かります。一般事務の仕事内容を詳しくご紹介します。

ファイリング

企業が営業を行うにあたり、多くの書類が発生します。確認が終わったら破棄する書類もあれば、保存期間が決められている書類もあります。そういった書類をファイリングし、管理することも一般事務の仕事内容のひとつです。

郵便物の発送

郵便物を受け取り、関係部署ごとに分別し配布したり、社外への郵便物を取りまとめて発送するのも一般事務の大事な仕事内容です。 切手やハガキをまとめて購入したり、書留や内容証明を送ったりすることもあるので郵便局の行きつけになれます。

消耗品の管理

事務用品やコピー用紙など、消耗品の管理や購入も一般事務が行うことが多いです。金額が高額になると上司の決済を貰ってから、一般事務が発注を行うというのが一般的ですが、その仕事内容は企業によってさまざまです。

勤怠管理

勤怠管理も一般事務が行う企業が多いです。各部署の休暇届や残業状況などを給与締め日に合わせて集計し、上司に報告するというのが一般的な仕事内容です。

伝票入力

伝票入力も一般事務の仕事です。売上伝票・支払伝票・納品書などの伝票データを毎日入力し、1日ごとや1週間ごと、1ヵ月ごとなどに集計し各部署へ配布するのが一般的な仕事内容です。

書類作成

社内への通達や、社外へのお知らせの書類を作成するのも一般事務の仕事です。仕事内容は、社内行事の連絡だとか、取引先に送る年末年始のあいさつなどです。こういった書類や文章は上司から頼まれ一般事務が行うことが多いです。

名簿作成

名簿の作成も一般事務が行うことが多い仕事です。社印名簿や得意先、仕入先などの名簿を作成し、変更があればその都度更新します。社印名簿なら部署別に、仕入先なら仕入れの種類別など、分かりやすい名簿を作成することが仕事内容と言っていいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング