IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

TOEICに有効期限はあるか|成績/認定証再発行・就活に必要なスコア

更新日:2020年08月14日

資格・検定

TOEICの成績の証明書を発行する時には有効期限に注意すると適切です。有効期限が少しでも過ぎていると成績の証明書としての効力を持たなくなってしまうので、充分に気を付けるべきです。特にTOEICの点数は大事になってくる事が多いから、事前に行動しておくと良いです。

900点以上

誰もが知っている大企業に入り、第一線で活躍したいならば900点以上ある方が良いです。特に最近ではTOEICの点数を重視している大企業も多くなっているので、TOEICの点数にこだわってみる事も一つの手段に成り得ます。その際にやはり有効期限に気を付けるようにして、点数が無駄にしない方が良いです。 実際に900点以上取っているとなればかなり英語が得意と言う印象を持たれやすいので、他の学生よりも就活をリードできる事は間違いないです。それはやはりそう簡単に900点を取れなく、並々ならない努力が無ければ難しいためです。だからもし900点以上取っている学生がいれば、自分自身に自信を持って良いです。

800点以上

TOEICで800点以上を取っている人に対して企業が持つ印象は英語が得意と言う事です。900点以上の点数を持っている人に比べると少ないけれど、少なからず評価されるので、損はほとんど無いです。だからもしTOEICで800点以上取れたならば、しっかりと履歴書に書いて、面接の際にも全面的に押し出していけば良いです。 TOEICで800以上取る事も決して簡単では無く、普段からしっかりと勉強していなければいけないです。このため、もし800点以上取っている人がいれば、就活で有効的に使っていけば良いです。そうすれば自分の行きたい企業の内定に少しでも近づく事ができて、就活が上手くいく可能性が大きくなってきます。

700点以上

TOEICで700点以上取っている人に対しては興味や関心を持つ企業は少ないとされています。その理由としてはTOEICで700点以上を取っている人の割合は多く、英語を他の人よりも頑張っているとは言えないからです。このため、もし700点以上取っているとしても、履歴書に書く事や面接で言う事は一回考えるべきです。 そうは言ってもTOEICで700点以上取っている実績はあるので、相手企業にそれを知らせると言う意味では良いです。だから履歴書に書く事や面接で言う事が決して悪い方向に行くとは限らないため、積極的にアピールしていく事も一つの手段に成り得ます。

600点以上

TOEICで600点以上取っている人はもっと高い点数を取れるように頑張らなければいけないです。実際に就活では600点ぐらいだと相手企業に良い印象を与える事ができないので、そこだけは注意する方が良いです。だからTOEICで600点以上の人はより意識的に勉強をして、上を目出せるようにする事が大事になってきます。

TOEICスコアの正しい履歴書への書き方

TOEICスコアの正しい履歴書への書き方については、いつ受けたかと点数を細かく明記する事が大事になっています。しっかりとした書き方をしなければその点数を受理してくれないので、気を付けるべきです。

書き方1

より具体的に見ていくとまず受けた年度から描き始めて、月と日にちを書くようにするべきです。そしてどこで受けたかを記す事も大事とされているので、場所もしっかりと書き残しておけば良いです。そうすればTOEICを受けた日にちと場所は明記されているので、一安心です。

書き方2

書き方の2つ目は点数で、しっかりと適切な点数を書かなければいけないです。そこで大切になってくる物が点数の証明書で、それがあれが正しいと判断されます。その時に証明書の有効期限が過ぎていないかを確認して、実際に証明書としての役割を果たしているかを確認しなければいけないです。 もし少しでも有効期限を過ぎていれば適切な点数を認めてくれないので、そこはしっかりとしておくべきです。そうすれば点数に関しても心配する事は無くなり、ちゃんと履歴書にTOEICに関する事を書けます。

TOEICの有効期限を理解して就活に活かそう!

特にTOEICの成績の証明書を発行する時には有効期限に気を付けなければいけないです。一日でも過ぎてしまうと証明書としての効果が無くなってしまうから、前もって有効期限がいつまでかを確認しておく方が無難です。だからTOEICの成績の発行には有効期限が付いてくるため、なるべく頭の中に入れるようにする事が大事になってきます。 そして就活をする際に証明書のも発行は重要になってくるため、就活が始まる前から有効期限を気にかけておくべきです。もし有効期限が過ぎようとする場合には早めにTOEICを受けるようにして、対処すると良いです。そうすれば就活の場合でも有効期限に慌てずに済みます。

初回公開日:2017年12月29日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング