IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

依存の意味と使い方・中毒との違い・対義語・心理学的メカニズム

言葉の意味

依存症と言う言葉は、買い物依存症や恋愛依存症という意味でも使われることがあります。女性にも関係しているのがこの依存症です。甘いものを食べすぎてしまうことなどは、中毒と呼ばれることがります。この2つの言葉に違いは、あるのでしょうか。依存症の意味を書いていきます。

更新日時:

依存の意味

依存とは、何かを必要としており、それなしでは生きていけない状態を表しています。依存には、買い物依存症や恋愛依存症といった種類があります。また、依存は、英語でADDICTという言葉で表されることが出来ます。この単語は、嗜癖という意味でも訳すことができます。 何かに熱中している状態やそれを精神的に手放すことができない状態が依存している状態であるという意味があるとされています。

依存と中毒の違い

依存とは、何かの存在があって生存している状態であると言えます。またその物事がなくては生きていけないという意味を持っています。チョコレートやシャンメリーと言った甘いお菓子やお酒などは、食べることが止まらなくなってしまうことがあります。このようにやめたくてやめられないと脳が感じている状態を表す意味がある言葉が中毒と言われます。 中毒とは、物質が身体の中に入ることによって引き起こされるものであると言われています。また中毒症状と言われることがあるように、脳がその物質から快楽を得ることを欲している状態が中毒と呼ばれるものです。精神的な気持ちやその物質によって引き起こされるのが依存という状態が持つ意味でもあると言えます。

依存の対義語

自立

自立

自立すると言う言葉には、他の人から心理的に離れて自立することという意味があります。また支えるものがない状態で、そのものだけで立っている状態も自立として表されます。人間関係においては、依存と自立という関係性やその言葉の意味によって相手と自分の存在が表されることがあります。 一人でいる状態を基本としていることが自立しているという表現で表される意味の状態であるとするならば、依存しているという場合には、人を頼りにすることを望んでいるという状態であると言えます。

依存の例・使い方

恋人

恋をし、人を好きになるとその人の存在が当たり前であるかのように感じてしまうことがあります。また、相手を好きであるという気持ちが大きくなるほどに、その人と長い間一緒にいたいと感じてしまうこともあるでしょう。恋愛で恋人に対して依存してしまう心理は、相手に対する好意から生まれていることもあるでしょう。 また付き合っているという関係性から、傍にいる相手に対し、依存してしまう状態となってしまうことがあると言えます。自分に自信がない女性や恋愛経験の少ない女性である場合には、男性に依存してしまうことがあると言われています。

彼女

恋愛では、女性は男性より、付き合った相手に依存しやすいこと性質であると言われています。女性のなかには、尽くすタイプの女性と言われる存在の女性もいます。そのような女性は、男性に対して心理的に依存しやすい性質を持っているとも言えるでしょう。 また、彼女という存在であれば、付き合った男性を束縛したいと感じることもあると言えるでしょう。女性が男性に抱く気持ちに甘えたいと言った気持ちや守ってほしいという心理があると言われています。そのように彼氏と常に一緒にいたいと感じること気持ちや一人でいるときに寂しいと感じる心理から相手に依存してしまうと言う意味があるでしょう。 恋愛依存症は、付き合っている相手に対して抱いてしまう心理でもあります。さらに恋人として付き合っている場合にもその関係性に執着してしまうことがあると言われています。

彼氏

恋愛では、優しい性格の女性は、男性にモテると言われています。また恋愛では、男性は、視覚から女性を好きになることが多いと言われています。また一目惚れや見た目で好きになった女性と男性は、結婚まで結びつきやすいとも言われています。男性は、好きになった女性に対しては、尽くすことがあると言われています。 恋愛においては、好きになった相手に対してわかりやすい行動をすると言われているのが男性です。そのため、好意を持った女性に対しては、プレゼントすることや自分の時間を使うなど気持ちが表す好きという意味を行動で示すことが多いとも言われています。 さらに恋愛において男性は、女性に対し、独占欲や支配欲と言った感情を抱くことがあると言われています。好きな女性に対し、尽くすことや長く一緒いたいという心理から相手に対して依存してしまうことがあると言えます。

恋愛

恋愛依存症とは、恋をし、相手を好きになることから常に相手と一緒にいたいと感じてしまう心理です。女性の中には、寂しがり屋と言われる性格の女性や一人でいることを苦手としている構ってちゃんと呼ばれるタイプの女性がいます。このような性格である場合には、付き合っている相手との恋愛に依存しやすいこともあるでしょう。 恋愛依存症には、相手に必要とされたいという意味や心理が隠れていることもあります。また、人は、少なからず何かに依存して生きていると言われます。趣味であれば、音楽を聴くことなどがあります。恋愛に依存することで心の隙間を埋めたいと言う気持ちや相手に対する好意から依存してしまう心理が生まれると言えるでしょう。

依存の心理学的メカニズム

共依存

共依存とは、依存している状態にある人がお互いに依存しあっている状態であるという意味です。また共依存関係に陥っている場合には、自分とその相手との関係性に依存していることがあります。依存とは、相手無しでは、生きていけないと感じる心理でもあります。 さらに依存関係である状態では、相手に依存している状態が当たり前のような気持ちを持ってしまうこともあります。また自分が相手に必要とされたいと感じることから、依存している状態となってしまうことがあります。このような気持ちを持つことから常に好きな人と一緒にいたいと感じることもあるでしょう。 依存している状態によって気持ちが満たされる感じる場合に共依存と呼ばれる状態となってしまうことがあります。

人間関係に依存

依存している関係性の中には、人間関係に依存してしまうこともあります。依存してしまう心理は、一人ではいられない状態であるとも言えます。そのように孤独感を避けたいと言う気持ちから状態である場合には、自分の周りの人に依存してしまうこともあるでしょう。 精神的な寂しさを埋めたいと言う気持ちや心の隙間を埋めたいと言う気持ちを持っていることもあるでしょう。人間関係に依存してしまう人は、孤独感を抱えていることもあるでしょう。依存症には、いくつかの種類があります。身体症状や精神的な依存のほかにも依存症の人間関係に依存しまう場合には、その関係性に依存している状態を表す意味があると言うことができます。

依存の種類

依存症は、3つの種類に分けることができると言われています。物資依存、プロセス依存、関係依存に分けられるとされています。依存症のなかでも人間関係に依存してしまうことがある場合には、関係依存のなかでも人間関係依存と言われるものは、その関係性に依存している意味であると言うことができます。

IT用語の依存の意味

UMの意味

UMの意味

UMとは、unified messagingという言葉が略された言葉です。unifiedという言葉には、統一されたという意味があります。UMは、電子メールにアクセスする権限を同一のシステムによって統一することで管理しやすくしたものです。このUMを使うことによって、メールファイルなどの種類に違いがあった場合でもアクセスしやすくすることができます。 このUMファイルは、その関係が依存状態にあるものでもあります。そのためどのような媒体を使用するかをすばやく選定することができる意味があると言われています。

クラス図の意味

IT関連のクラス図の中で依存関係とは、dependencyと呼ばれます。この依存関係は、クラス図の関連図を使う際にも表されることがあります。さらに一時的に結ばれることもあるのがこのクラス図で表された依存関係です。UMLのクラスを成立させる図がクラス図が表す意味です。

依存は、共存へと繋がるものでもある

人と人は、一人では生きていけない生き物であると言われます。またこの世の中は、人、物、コトで作られていると言われることがあります。人と人との出会いに新しい感情が生まれることもあるでしょう。 一人でいるときに、感じる寂しさや孤独と言った感情は、向き合うことによって違う捉え方に変化することもあるでしょう。依存という言葉は、嗜癖という言葉と似た意味を持っています。この嗜癖と言う言葉には、趣味という意味もあります。 趣味が人生を豊かにすると言われます。好きなものがあることで人生が広がることもあるでしょう。依存することは、人を信じる気持ちから起こることもあるでしょう。依存心は、人を認めることによって、共存することへと繋がっていくこともできるでしょう。人生は、続いていくものであるとも言えます。 孤独感や依存心と付き合うことで人生は、広がっていくでしょう。

関連タグ

アクセスランキング