IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

暗示の意味と使い方・対義語・示唆との違い・占いの暗示する意味

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

暗示と聞いて、どのようなことを想像されるでしょうか。何か少し怖いかなとか、催眠術をイメージされる人もいたりするでしょう。だけど、この暗示というものは、どんな意味で、どういったものなのでしょうか。そこで、今回の記事ではこの暗示について詳しくご紹介しています。

暗示の意味や暗示に関すること

「暗示」という言葉を聞いて、どんな想像をされるでしょうか。「暗示」という言葉を聞いただけで、中には少し怖いと感じる人もいるでしょう。そんな風に「暗示」という言葉は、少しオカルトチックなイメージもあります。 でも、この「暗示」は、使いようによっては、人生を楽しくしてくれたりもします。そこで、今回の記事では「暗示」の詳しい意味や「暗示」に関連することについて、色々とご紹介しましょう。

暗示の意味は

まずは「暗示」の意味をご紹介します。「暗示」の意味は、2つに分かれています。1つ目は、物事を明確には示さずに手がかりを与えて、それとなく知らせるという意味です。そして、2つ目は、人の感情や考え方が言葉や絵などの間接的な手段によって、無意識のうちに強制によらずにある方向へ変化するという意味があります。 どちらかというと多くの人が2つ目の方のような意味で考えている人が多いのではないでしょうか。

暗示の類語

ここからは「暗示」の類語を幾つかご紹介します。また、その類語の意味やどのように使うのかを例文を通して、ご紹介します。

類語・黙示

・暗示の類語「黙示」(読み方・もくし) 意味は、はっきり言わずに暗黙のうちに考えや意志を示すことで「暗示」の意味ともよく似ていて「暗示」の類語になります。また、使い方は以下の例文のようなものになります。 ・例文「黙示を確立する」(読み方・もくしをかくりつする) 意味は、直感的に得た考え方や意志をしっかりと打ち立てるということです。

類語・含み

・類語「含み」(読み方・ふくみ) 意味は、うわべに現れていず、その中に込められているということです。「暗示」の意味も明確にはしないで、手がかりを与えて知らせるということで、意味が似ていて「含み」は「暗示」の類語になります。また「含み」を使った例文は以下のようなものになります。 ・例文「含みのある言い方をする」(読み方・ふくみのあるいいかたをする) 意味は、どういうことなのかは、はっきり言わないけれど、その中に伝えたいことが入っているということです。

類語・含蓄

・類語「含蓄」(読み方・がんちく) 意味は、言葉などの表現に現れる深い意味・内容です。 ・例文「含蓄のある話」(読み方・がんちくのあるはなし) 意味は、話の内容の中で、はっきりした言葉は、出てこないけれど、その話の中に大事なことが含まれているということです。

類語・匂わす

・類語「匂わす」(読み方・におわす) 意味は、あるできごとに対して、物を使ったりして、何となくこういうことだと知らせることです。 ・例文「念のため、会話の中に、これはゲームだと匂わすセリフを入れておいた方がいいだろう」 この例文の意味は、例えば、今度、何かのイベントがあって、少しドキリとするような仕掛けをしようとしているけれど、そのことに対して、怒る人が出てくる場合もあるので、最初にこれはゲームですよと伝わることを言っておいた方がいいということになります。

類語・ほのめかす

類語「ほのめかす」 意味は、それとなく言うこと。それとなく示すことです。 例文「僕は、今日、彼女に会った時に結婚したいということをほのめかした」 この例文の意味は、彼女にきっちりと結婚してほしいとは言わずに結婚したいと考えているということを何となく言ったということです。

初回公開日:2018年01月23日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング