IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

安泰の読み方/意味/類語/対義語/使い方|国家の安泰を願う

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「安泰の読み方や意味、その類義語と対義語、またその用例」と題して、「安泰」という言葉の意味や用法について詳細にご紹介します。この「安泰」という言葉の意味にも数々の成り立ちがあり、興味深い情報が満載です。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

「国家の安泰を願う」の用例と意味

「安泰を願う」という言葉の意味は「ずっと平和が続くことを願うこと」を言い、よく歴史的作品の中などで多く使用される表現です。 〈「安泰を願う」の用例とその意味〉 ・彼らは国家安泰を願って自決しました。 ・城主の安泰を願いつつ、国家存亡の危機に対峙します。 ・徳川家の安泰を願い、精一杯の奉公をしました。 ・この国の繁栄と安泰を願います。 ・寺社の隆盛安泰を願っていました。 「安泰」という言葉は主に、目上の人や、国や地域、また平和という大きな対象への言葉となりやすく、少しお堅い文章や口語の中で表現されます。

「安泰を脅かす」の意味

「安泰を脅かす」という言葉は、先の「安泰を願う」や「安泰」の意味から正反対の意味合いを持ち、その「安泰の状態が損なわれること」を意味します。 特に第三者や天災などによって、それまで安泰・平安が築かれていた国や地域の治安が脅かされること、また人個別の平和が損なわれる危険性がある状況を指し、「しばらく続いていた平和が、突然に失われる可能性がある状況」を意味します。

「安泰」の意味やその用法をしっかりと把握しましょう

いかがでしたか。今回は今回は「安泰の読み方や意味、その類義語と対義語、またその用例」と題し、「安泰」という言葉の意味や用法について多角的にご紹介しました。 言葉1つ1つが持つ意味やその用途については、やはり「その言葉を使ってみて初めてわかる」という発見もあり、机上の勉強だけで全てを把握することはむずかしいでしょう。「言葉を正確に使いたい」という人や「文章力をアップさせたい」という人は、まず言葉そのものを正確に使う訓練が必要になります。 日本語に限らず各国の言語・言葉には類義語や対義語があり、それぞれの間にもさまざまな意味や用途がありますので、焦って覚えようとせず、じっくりと言葉に対峙する姿勢をもって学習してみて下さい。

初回公開日:2018年01月14日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング