IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

安泰の読み方/意味/類語/対義語/使い方|国家の安泰を願う

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「安泰の読み方や意味、その類義語と対義語、またその用例」と題して、「安泰」という言葉の意味や用法について詳細にご紹介します。この「安泰」という言葉の意味にも数々の成り立ちがあり、興味深い情報が満載です。ぜひ「お役立ち情報」にして下さい。

「安泰」という言葉の読み方

日本語にはさまざまな読み方をする言葉もありますので、1つの言葉を覚える際でも、きちんとその言葉の全ての読み方を把握する必要があります。 この「安泰」にしても1つの読み方だけなのか、または2つ以上の読み方があるのかについては一見ではわからないでしょう。その未知の部分を消すためにも、辞書やインターネットの情報などを活用し、きちんとその1つの言葉や語句の読み方、または意味についても、把握するクセを身につけておいて下さい。

「安泰」の読み方は「あんたい」

「安泰」の読み方は「あんたい」です。日本語の読み方には音読みと訓読みとがあり、たいていの字には2つ以上の読み方があります。たとえばこの「安泰」にしても「安」と「泰」という字から成り立っています。 「安」には「アン」と「ヤス」という読み方があり、また「泰」には「タイ」と「ヤス」という読み方があり、まずこれらの2種類の読み方をもって「安泰」という言葉の読み方が変わってくるかどうかを確認する必要もあります。しかしたいていの既成語は音読みをもって読まれますので、この「安泰」も「あんたい」以外の読み方はされません。

「安泰」という言葉の意味

「安泰」の意味は「無事に安全なこと」、「平穏な状態」、「安穏な状況」、「平和な状況が維持すること」などを言います。 一般的に「安泰」の意味は、「平和を維持すること」の意味合いが強く、「その平和かつ安穏な状況がずっと続く」という、その時点からしばらくの間は「平和な状況が変わらないこと」の意味が強くなります。

「安泰」の意味にある「無事でやすらかなこと」

「安泰」という言葉の意味の根源には、「いずれは移り変わっていく万物に対し、そのいっときでも不変であってほしい」という無事を祈る人の気持ちが含まれています。そのため、「どうせ万物は移り変わるけれど、そのいっときだけは無事でやすらかであってほしい」という気持ちが芽生え、その「無事でやすらかな状態」は「はかないことの裏返し」でもあります。 「無事でやすらかなこと」という直接的な意味は「平穏で平和なこと」になりますが、その根源的な意味合いには上記の内容・背景が含まれます。

「安泰」と「安穏」 の意味の違い

「安穏」の意味は「ほのぼのとした状態」や「まったりした感じ」、また「穏やかな雰囲気」のことを言います。これらは「1つのシーン」を見た上での「穏やかさ」を表す言葉・意味となり、「安泰」の意味が持つ「平和を維持する」という主観的な意味合いは半減します。 場面を見てすぐに感じることができる平和な状態や、その場だけの「まったりした感じ」や「ほのぼのさ」を表す場合に「安穏」の意味は使われ、主観的に「平和を維持していく」という今後に向けての平和の状態を言うときに「安泰」の意味が使われます。 〈「安泰」と「安穏」 の用例と意味の違い〉 ・この国の平和を安泰させます。 ・この国の治安は安穏としています。 「安泰」の意味には本来「その安泰に向けた行動をする主格」が存在し、「安穏」の意味には客観的な感想が含まれます。

「安泰」と「平穏」の意味の違い

「平穏」の意味は「事変が起こらず、穏やかな状態」を言い、どちらかと言うと「平穏」の意味に近くなります。この「平穏」の意味合いにも主観的な意図は認められず、ただその状況を見て「穏やかさ」や「平和」を感じたときに使われる意味合いになります。 〈「安泰」と「平穏」の用例と意味の違い〉 ・彼らの関係はずっと安泰するでしょう。 ・彼らの関係は平穏に見えます。 「安泰」の意味には「その後しばらくへの展望」が含まれ、「平穏」の意味には「その場の状況だけを見た上での感想」の意味合いが含まれます。

「安泰」の類議語とその意味

全ての日本語には類義語があり、その類義語からさらに類義語があることで多岐に渡る意味が生まれます。類義語や対義語の意味と、その元の言葉の意味との区別をしっかりつけることで、日本語だけでなく各国の言葉や言語への理解を深められます。 〈「安泰」の類議語とその意味〉 ・安全 ・平安 ・和平(抗争を中断して仲直りをし、平和を約束し合うこと) ・平和 ・安穏 ・講和(交戦中の国が合意して和平を結び合うこと) ・泰平(たいへい:世の中の治安が収められ平和なこと) ・長閑(のどか:静かでのんびりしていること) ・安静(あんせい:動かないで静かにすること) ・平静(へいせい:穏やかで静かなこと) ・和順(わじゅん:気質が大人しいこと) ・寧静(ねいせい:安らかで静かなこと) これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「穏やかな状態」や「平和な環境」という意味合いが含まれます。

初回公開日:2018年01月14日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング