IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レジデンスの意味・不動産用語のレジデンス・住居の呼び名の違い

言葉の意味

普段街を歩いていると「○○レジデンス」といったマンションを見かけることが多いです。この「レジデンス」にはどのような意味があるのかと疑問を持ったことがある人は少なくないでしょう。そこで、「レジデンス」の意味やマンションなどの呼び名について調べてみました。

更新日時:

レジデンスの意味は?

レジデンスは、英訳をすると「高級分譲アパート」のことを意味します。 日本ではほとんどの場合、マンションの名前に「レジデンス」をつけられることが多く、かなり階層が多いタワーマンションや、セキュリティのしっかりしたマンションでは、「○○レジデンス+地名」というように、レジデンスを組み込むことで、高級感があるマンションを意味しているのでしょう。

住宅の特徴

レジデンスの意味の一つでもある「住宅」は、居住を目的とする建物を意味します。一般には住宅と呼ばれていますが、学問上や法律上では「住居」として用いられています。 この「住宅」は、一つの敷地に一世帯が住む「一戸建て」と、複数の世帯が住む「集合住宅」の二つに分けられます。さらに、自らが所有する住宅である持ち家と、他人が所有する住宅を借りて住む、貸家もしくは賃貸住宅に分けられています。

邸宅の特徴

レジデンスの意味としてもある「邸宅」の間取りは、3LDK~5LDKもしくはそれ以上など持ち主によって違いますが、何といっても敷地面積が広いのが特徴です。一般的に邸宅は、75坪程度~100坪を超える広くて大きな住宅のことを言い、中庭や車を数台収納できるガレージなどが間取りに組み込まれていることが多いです。 また、「屋敷(やしき)」も邸宅と同じ意味で、近年では、戸建て住宅だけでなくマンションの住戸にも使われるようになっています。

高級アパートや高級マンションの特徴

レジデンスの直接の意味でもある「高級アパートや高級マンション」は、住宅地としてニーズの高い立地条件が一番の特徴です。 たとえば、地価の高い都心部や、歴史ある土地や駅から近いなどの利便性の高い場所、希少価値のある立地環境など、まさしくレジデンスに相応しいといえる高級感あふれる立地条件が挙げられます。 特に面積の広さに関しては、100㎡以上の面積は当たり前で、200㎡~300㎡といった広さのところもあります。さらに、設備や仕様、敷地計画、共有部やサービス、管理やセキュリティもグレードが高くなっていることから、同じ建物内での面積の幅はあるものの、「レジデンス」という意味では違いはありません。 また、こういった高級アパートや高級マンションが建築されることで、街を変えたり、街のシンボルになるような「存在感」があるなど、作り手の意志や心意気が反映されていることも特徴です。

レジデンスのスペルと意味は?

residenceとは

goo辞書で「レジデンス」を調べてみると、スペルは「residence」となり、音節が「res • i • dence」、発音は「rézədəns」となります。さらに意味として、「住宅、邸宅、豪邸、官舎官邸」の他に、「居住、滞在や在住」との意味が記載されていました。 また、goo辞書には「レジデンス」の英文例がいくつか記載されていましたので、参考までに紹介します。紹介した他にも、意味や例文などが掲載されていますので、goo辞書にて確認してください。

1 住所,住居,家(home);住宅,(特に)大邸宅. cf. HOUSE a summer residence 夏の別荘 Their residence is in New York City. 彼らの住居はニューヨーク市にある. 2 官邸,官舎 the official residence 公邸,官邸. 3 居住,滞在,在住(residing) a residence requirement (権利獲得のための)居住要件 during his residence in Spain スペイン在住中に enjoy one's residence in that charming city その魅力的な都市での滞在を楽しむ have [or keep] one's residence 居住する.

不動産用語のレジデンスの意味は?

レジデンスと聞くと、「高級感のあるマンションや一戸建て、敷地面積の広いお屋敷」という意味に捉えることが多いのですが、不動産用語では少し違う意味に捉えられます。 不動産業者や銀行の担当者などの間では、不動産用語として「一般の賃貸物件」を意味します。「一般の」という所がポイントで、不動産用語としてのレジデンスは、「住居用の賃貸アパートやマンション」を意味するので、「商業用の賃貸物件」は含まれません。 また、レジデンスという単語は、土地や街の開発をメインとする不動産会社(デベロッパー)の会社名に使われていることも多いです。代表的な会社としては、三菱地所レジデンスや旭化成不動産レジデンスになります。

住居の呼び名の違いは何か?

マンションの特徴

「鉄筋コンクリート造り、鉄骨鉄筋コンクリート造り、重量鉄骨造りで建てられた3階建て以上の共同住宅」のことをマンションと呼びます。アパートよりも規模が大きくる。 建物の構造として、鉄筋やコンクリート、重量鉄骨を使用することで、強度や耐久性が高く丈夫なのが特徴です。さらに、オートロックや監視カメラなどのセキュリティ、太陽光発電といった高機能な設備を共有部に設置することができるため、安心して住むことができるのも特徴です。

アパートの特徴

一般に、「木造や軽量鉄骨造りなどで2階建て以下の共同住宅」のことをアパートと呼びます。 木造は、壁や柱、床っといった主要な構造の部分を木材で造ることから、通気性に優れているのが特徴です。また軽量鉄骨造りは、柱などの主な骨組みに鉄骨を使っているので、木造に比べると強度が高いことが特徴です。 「築年数が古い建物をアパート、築年数が新しい建物をマンション」と呼ぶ人もいるでしょう。しかし、建物が古くても新しくても、アパートとマンションは、建物の構造や階数によって呼び方が違ってくることを覚えておきましょう。

コーポの特徴

コーポとは、「コーポラス(corporate house)」の和製語です。一般的にコーポは、木造サイディングボード張りなどの木造りや、軽量鉄骨造で2階建てのアパートの名前に使われていることが多いです。

テラスハウスの特徴

一般的には、「内階段で上と下の階の移動が可能な2階建ての連続式住宅」をテラスハウスと呼びます。 一戸建て住宅の一種ですが、それぞれの住宅が「テラスと専用庭がある」ことからテラスハウスと呼ばれていて、隣の家とつながっているのが特徴です。

マンションとアパートの見分け方は?

アパートかマンションかは、建物の名前や建物の見た目だけでは構造などを判断することは難しいですが、建物の階数を見ることで、アパートかマンションかを見分けることができます。 例えば、2階建てであれば「アパート」、3階建て以上であれば「マンション」と考えると判別がしやすくなります。さらに、建物の名前が「○○マンション」であっても、2階建ての木造住宅なら「アパート」になります。

レジデンスホテルの意味は?

レジデンスホテルは、「キッチンや洗濯機をはじめ、長期滞在するための設備が客室に備えられた宿泊施設のこと」を言います。コンドミニアム(賃貸型リゾートマンション)やサービスアパートメント(ホテルとアパートの中間住居の意味)よりもグレードが高いものをレジデンスホテルと呼ばれることが多いです。 客室には、リビングとベッドルームが別々になっているので、長期滞在やファミリー向けにできています。食器やグラス類、包丁とまな板、電子レンジなどが完備されているフルキッチンタイプと、流しと電子レンジに簡単な食器が備わっている簡易キッチン(キチネット)タイプがあります。 このようなレジデンスホテルの敷地内や近くには、コンビニやスーパーマーケットがあるので、食材や洗剤といった生活用品が揃えられるようになっています。

レジデンスはハイグレード設備の建物に使われている!

「レジデンス」が高級分譲アパートという意味から、「レジデンス」をマンション名に付け加えることで、ハイグレードのマンションであることを示したり、高級感をイメージさせることができることがわかりました。さらに、「マンション」、「アパート」、「コーポ」、「テラスハウス」の違いは、木造や鉄骨造りといった建物の構造や階数によって呼び名が変わることがわかりました。住まい探しの参考にしてみてください。 また、「レジデンスホテル」は高級であり、自炊ができたりまるで自宅にいるかのように過ごすことができるホテルということもわかりました。長期滞在を目的する人や、小さい子供などがいる家族などにおすすめのホテルです。 このように、「レジデンス」は高級分譲アパートという意味を持つことから、高層マンションなどハイグレード設備の建物の名前に使われていることがわかりました。

関連タグ

アクセスランキング