IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レギュレーションの意味と使い方|IT用語/サッカー/F1

言葉の意味

レギュレーションという言葉をテレビ番組の中や、職場の中で聞いたりすることはないでしょうか。レギュレーションという言葉の意味やその使い方について知っているようで知らないという人もいるのではないでしょうか。レギュレーションの意味を確認し、使いこなしてみましょう。

更新日時:

レギュレーションの意味

レギュレーションの意味

「新しいレギュレーションが採用された」などとF1番組やスポーツニュースなどを見ていると耳にすることがあります。このレギュレーションは、英語では「regulation」と書きますので、カタカナ語であるレギュレーションは英語です。 このレギュレーションですが、「規則や規制」という意味を持っています。そのため、「新しいレギュレーションが採用された」という言葉は、「新しい規則が採用された」という意味になります。 英語では、漢字ほどに意味がわかれてはいないため、規制や規則、規定、ルールなどの意味になります。レギュレーションの語源はラテン語からきており、「支配する」という言葉が転じてできた言葉であるため、意味は幅広いものになります。 レギュレーションという言葉を職場の周辺などで使う場合には、これらの意味があるということを覚えておきましょう。

規制

規制

レギュレーションの意味の一つに、規制があります。これは、特定の目的実現のために、従うべききまりという意味であったり、規則に従って物事を制限することという意味があります。 安全を守るために作られるきまりであったり、不利益を被らないために作られるきまりであったり、新しく事業者や入場する人を増やさないようにするための制限であったりします。

規則

レギュレーションの意味の一つに、規則があります。これは、行為や事務手続きなどが、それに基づいて行われるように定めた事柄や決まりのことをいいます。また、物事の秩序という意味も持った言葉です。 規則は、主に文章で規定されたものをいい、規則に定められたものを原則や本則という言い方をします。この規則に記載されていないことを例外といいます。

規定

レギュレーションの意味の一つに、規定があります。これは、ものごとを一定の形に定めることをいいます。また、その定めた形の内容のことです。法令の条文として定めることも規定といい、それによって定められた個々の条文も規定といいます。 規程という言葉もありますが、この規程は事務処理の内容や手順を定めたもので、それを定めた個々の条文が規定というイメージです。 つまり、規制や規則、規程などを定める個々の一文が規定です。

決まり事

レギュレーションの意味の一つに、決まり事という意味もあります。規則などであらかじめ決められていることや、このようなときには、このようにしましょうというような通念が出来上がっているようなお約束事をいいます。 決まり事では、暗黙の了解に似たような意味合いがあります。暗黙の了解では「口にしてはいけない」という大前提がありますが、決まり事では「口にしてはいけない」なんていう前提はありません。そのため、使い分けにも気をつけなくてはいけない言葉です。

ルール

レギュレーションの意味の一つに、ルールという意味もあります。ルールは英語で、日本語訳すると、規則・規定・きまりという意味になります。 レギュレーションで表される日本語の意味としては、どの言葉からも物事を上手く進ませるためのきまりごとという意味があるように見えます。競技規則や技術規則という意味で押さえておけばわかりやすいでしょう。

ビジネス・IT用語のレギュレーションの意味

ビジネス・IT用語のレギュレーションの意味

F1やスポーツでのレギュレーションについてみてきましたが、ビジネスやITの世界でもレギュレーションという言葉が使われます。使われるステージが変わっただけですので、言葉そのものの意味は変わらず、規則やルールという意味になります。この言葉的には、WEBの運用ルールという意味で広がりました。 WEBの運用ルールとあるように、WEBサイトの品質を一定に保つためにこのレギュレーションは必要になります。 では、具体的にどのようなものがあるか見てみましょう。

ウェブ上の標準的な作成・運用ルールと意味合い

ウェブ上の標準的な作成・運用ルールと意味合い

ウェブサイトを作成し、構築していくとページボリュームが大きくなっていきます。このようなウェブサイトでは、サイトの品質を一定に保つために作成に関するルールを決めておくと管理しやすくなります。 サイト全体に対しての統一性やテイストについてのコントロールはしておく必要があり、特に複数のスタッフで制作や運用を行っているような場合であれば、それぞれが持ち寄ったデータや素材をまとめる際に必要になります。 レギュレーションを作成するにあたり、「なぜWEBサイトを運営するのか」ということを盛り込む必要があります。目的をしっかりと作成・運用ルールとして定義づけしておくことで、方向性を統一することができます。 自身を認知してもらうためのものであるのか、何かを販売することが目的であるのか、など最終的なゴールが何なのかということを頭におき、WEBサイトを運用することで期待する成果を定めます。

レギュレーションの例と使い方

レギュレーションの例と使い方

レギュレーションについて見てきましたが、実際にどのような場面で使うといいのでしょうか。レギュレーションをキーワードとして、どのように使ったらいいかを例文を交えて見てみましょう。

レギュレーション違反

・この案件での個別の指定事項について、この内容では満たされていません。この内容はレギュレーション違反をしています。 ・この動画は、投稿ルールを逸脱しているため、レギュレーション違反です。 レギュレーション違反という言葉で使う場合は、現在作っているものやサイトに投稿したものの内容が、そのサイトでのレギュレーションを守れていないような場合に使います。

広告掲載レギュレーション

・●●●●広告掲載レギュレーションは、当社が提供する全てのサービスや提携パートナー上に掲載される広告に適用される基準です。 ・この掲示板に広告の掲載を希望される場合は、弊社広告掲載レギュレーションを確認し、申込み下さい。 ・夏祭りのチラシへの広告掲載について、今年から広告掲載レギュレーションを作成し、企業や商店の方にもわかりやすくしよう。 このように、広告掲載についてルール化するような場合や、そのルールそのものについて表す場合に使うことができます。

サッカーの新レギュレーション

・来年度よりJ1リーグの試合球について新レギュレーションが出来る予定だ。 ・今年から運用開始されたサッカーの新レギュレーションは、制度が複雑すぎてわかりにくい。 サッカーや他のスポーツでもそうですが、プロリーグなどがある場合、その試合やリーグの管理についてレギュレーションを作って運用管理を行います。

F1のテクニカルレギュレーション

・あの車両は重量がほんの少しだけ足りておらず、テクニカルレギュレーションに違反しているそうだ。 ・車載消火器をメンテナンス時におろしたスタッフのポカミスで乗せ忘れていたため、テクニカルレギュレーションに抵触してしまった。 F1競技には、スポーティングレギュレーションとテクニカルレギュレーションがあります。スポーティングレギュレーションは、競技面に関しての規約であり、テクニカルレギュレーションは技術面での規約となります。そのため、車輌に関しての規約について話しをするような場合は、例のようにテクニカルレギュレーションを使うようになります。

レギュレーションの意味を覚えておこう

レギュレーションの意味を覚えておこう

レギュレーションという言葉について見てきましたがいかがだったでしょうか。レギュレーションが持つ意味について、日本語ではそれぞれ意味に適した言葉があるため、あえてカタカナ語であるレギュレーションという言葉を使わなくても十分に会話は通じます。 ですが、上司や勤め先のお客様など関連するところでレギュレーションという言葉を使うのであれば、その意味を抑えておいて会話についていけるようにしておきましょう。 また、スポーツやF1を見る場合についても、その対象のスポーツのレギュレーションの中身を知っておくと、これまで以上に楽しく見ることができます。 レギュレーションは、決して難しい意味を持った言葉ではありませんので、レギュレーションの意味を覚えておき、ウェブ上などでもレギュレーションという言葉が出てきた場合は、ひるむことなく、スムーズに読めるようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング