IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

モニタリングの意味・介護福祉/IT/音楽などの分野での意味

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「モニタリングの意味や用例、分野ごとの使い方」と題して、「モニタリング」という言葉の意味や用法を多角的な視点からご紹介します。外来語の意味合いや使い方はかなり多用性がありますので、ぜひシーン別での「役立ち情報」として下さい。

更新日時:

「モニタリング」という言葉の意味

「モニタリング(monitoring)」という言葉はもちろん外来語で、その意味は「特定の対象の状態や性質をよく観察すること」、また「特定の対象の性質や反応などを調べるために、特定の条件下において、その反応・反動の状態をよく観測すること」などを言います。 また経済用語においては「特定の製品やその製品の売れ行きについて下調べをしておき、どのようにすればさらに売り上げや人気を向上できるか」といった、今後の経済発展への予測と評価を指す意味合いでも使われます。

介護福祉用語のモニタリングの意味

「モニタリング」という言葉は実に多くの分野で扱われており、その分野ごとに意味合いやその用途も違います。 そのため「モニタリング」という言葉の成り立ちやその意味をしっかり把握するためにも、各分野での扱われ方、また外来語としての英語独自の言葉の変遷や意味の認められ方について、しっかり把握する必要があります。 主に介護分野では「利用者の観測」や「現在の介護プランがどのていど、利用者の生活に効果・成果を上げているか」といった、介護側が現状を左右する介護のあり方を側面的観測・総合的観測する場合において「モニタリング」の意味が使われます。

「介護保険」に認められる「モニタリング」の意味

介護保険では主に「ケアマネジメント」という「利用者のケアプランを作成する場合」においてこの「モニタリング」の意味合いが取られ、要介護度認定にしたがった方式において「どれだけ適切な介護サービスが提供されているか」といった、介護提供者と要介護にある利用者との関係を「介護支援」の側面から評価します。 この「要介護にある利用者への適切な支援サービス」を正しく評価する際に「モニタリング」による観測・評価が行なわれ、過度のサービスが提供されていれば是正し、また行き届いていないサービス状況が実績として認められた際には、再度「モニタリング」を経て適切な介護支援を提供する試みがなされます。

「ケアプラン作成時」に扱われるモニタリングの意味

先述しました「ケアプラン」というのは「利用者がこれから受ける介護サービス」の内容を「長期目標」と「短期目標」に大まかに分け、その上で「適切な介護支援」が受けられるように計画される、主にケアマネージャーが行なう事業支援サービスの1つです。 この「ケアプラン」を作成する際には、あらかじめ病院やリハビリ施設などから送られる「アセスメント表」という書類があり、その書類に明記された利用者個別の介護状態や要介護に関する情報を元にし、適切な介護支援サービスがモニタリングされます。 この場合のモニタリングを行なう際には「ケアプラン」と「アセスメント表」の両側面から観察・計画が立てられ、その後においてどのように介護計画を立てれば利用者が家庭復帰・社会復帰できるかという、「長期目標」と「短期目標」への情報を導き出します。

IT用語のモニタリングの意味

IT業界で扱われる「モニタリング」の意味には実に多くの用途が認められ、「特定の対象を的にした観測、観察、測定、傍受、検査、監督、追跡などと、その後の対象のあり方や変動・動向について、継続的に監視するという意味合い」が含まれます。 たとえばヤフオクで特定の商品をモニタリングする場合、その商品と関連商品との売れ行きや、どういう人層に需要され、またどのように共有されて人気を博しているか、さらにその後の商品変動としては「次にどんな新商品が出品されるか」といった今後のビジョンまでがモニタリングの対象視野に入ります。 IT業界での「モニタリング」の意味合いは主に「特定の対象の観測と監視、そして現状把握からその後の変動や動向」までを注目する作業を持ち合わせており、モニタリングによって得られる特定の対象の情報を、あらゆる側面から観測・監視する経過が認められます。

音楽分野でのモニタリングの意味

音楽分野では特に「レコーディングされた音楽の収録物やその内容が、きちんと企画どおりになされているか」や「あらかじめ期待していた音色やエコーの響き具合などが理想的に表現されているか」などの事後処理における観測・試聴をモニタリングと言います。 この場合のモニタリングに含む「モニター」の意味は「画面を見て確認する」というのではなく、音の周波数やエコーの超音数による聴覚に訴えたモニタリング(観測)となるため、モニタリングで観測する対象は主に「音源の正確性」や「ヘッドフォンによる試聴確認」がメインになります。 けっして音色やメロディ(旋律)による流行や、その曲そのものが持つイメージには関係なく、ただその楽曲に組まれた音符や音色、交響具合の正確性の観測となるため、音楽分野でのモニタリングは他分野のモニタリングとは異質の性格を持ち合わせています。

医療分野でのモニタリングの意味

医療分野でもモニタリングの効果は発揮されており、主に先述しました介護分野でのモニタリングの成果やあり方と、非常に近い分野での観測や評価となります。

「看護」で見られるモニタリングとその意味

「看護」と「介護」は非常に密接している分野であり、その場合で行なわれるモニタリングの意味合いも「介護」の場合と非常に重複されます。 看護を行なう際にもカルテやケアプラン、またアセスメント表が必ず利用され、その患者にとって最適な治療法や介護サービス、また医療保険・介護保険における適切な医療支援サービスの適用とを合わせ、「特定の患者にとって過不足のない医療支援が提供されているかどうか」をまず確認します。 その上で「今後の医療計画」を実施していき、モニタリングによって「患者の現状と今後の回復見込み」への観測を忠実に行なう作業になります。

「治験」で見られるモニタリングとその意味

「治験」という言葉の意味は「医薬品や医療器具を生産する際に、医薬品医療機器に関する法律上、違反をせずに生産されているか」を判断する「臨床試験」を言います。つまり、新薬品を作る際に「その薬は一般的にきちんと薬効が認められ、市販される際にも問題ないか」という判断基準に関する検査です。 この場合のモニタリングの意味は「市販されるまでの新薬の薬効や副作用が、どのていど人体に影響するか」といった人体への具体的な薬効を調べるとともに、「その薬を作る際に違反する開発技術や環境を伴っていないか」という衛生的環境面への観測が伴います。

その他の分野でのモニタリングの意味

「モニタリング」は他にも多くの分野において実行されており、その意味合いや用途にも分野ごとの違いが見られます。特に「モニタリング」の意味は「観測」や「評価」という側面的意味が強く、特定の対象を分断的観察し、その後の全体的把握や観測につなげる作業として認められます。

「コールセンター」で見られるモニタリングとその意味

「コールセンター」というのは「顧客への電話対応業務」を主にまかなう事業所を意味し、複数の電話回線やインターネット回線への対応を任務とするオペレーターが集う姿勢を言います。 主にコールセンターでこの「モニタリング」を行なうのは現場監督であるスーパーバイザー(SV)であり、その場合のモニタリングは「顧客への対応のあり方やその質、各オペレーターのシフト調整、コールセンターそのものが上げる営業実績の現状把握と今後の成果目標の実現」などをまかなうための観測・評価を意味します。

「マーケティング」で見られるモニタリングとその意味

マーケティング分野では主に「マーケティング戦略」において「モニタリング」が実施され、特定の商品の売れ行きや今後の販売促進へのビジョン、また現在行なっている販売方法そのものの見直しなどが評価対象となり、モニタリング(観測・評価)によって「さらなる売れ行き促進」を図る作業になります。 この場合の「モニタリング」の意味は主に3点となり、そのいずれの点もまかなえる商法を期待することが重要です。 ・商品の売れ行きやその販売実績の現状把握 ・今後の売れ行きへのビジョンの検討 ・商品を売るターゲット層の確保 これらの3点に的を絞り、特定の商品の販売実績を定期的に観測し、その後の販売状況促進への進展をモニタリングによって考察します。

「心理学」で見られるモニタリングとその意味

心理学の「モニタリング」には、これまでお伝えしてきた一般的なモニタリングと、「セルフモニタリング」という自分で自分を観察・分析して行なう精神的回復への方法があります。 一般的なモニタリングの意味は「精神カウンセラーなど専門員が利用者を観測・評価し、その現状から今後の精神的回復を期待する上で、どのようにメンタルケアを提供していけばよいか」を目的とした「観測・評価へのモニタリング」になります。 一方「セルフモニタリング」では、自分の精神的状態を自発的に観測し、「このようにすれば将来的に安定するのではないか」とした自活的なビジョンを元にした、「自分で自分のカルテの方針を決める」という画期的なシステムが取られます。

「金融」で見られるモニタリングとその意味

銀行をはじめとする金融業で行なわれるモニタリングでは、「顧客による金融機関の利用状況やその後の利用動向、また大手企業・中小企業問わずに顧客がどのように金融機関に携わり、その後の金融プランを立てているか」などの、顧客にとっての今後のビジョンを立てた上での営業プランニングがメインになります。 現状把握、今後の理想的なビジョン、その理想的なビジョンを生むためには営業方針を具体的にどうすればよいかなど、モニタリングによって得られた情報を元にして今後の企業方針を打ち立てます。 また金融業を営む上での営業方針や企業実態が、金融機関に関する法律上、合法的かどうかという観察・評価がなされ、この場合は経営コンサルタントなどをはじめ各種専門カウンセラーによってモニタリング(調査)されます。

「モニタリング」の正しい意味と用例を把握しておきましょう

いかがでしたか。今回は「モニタリングの意味や用例、分野ごとの使い方」と題して、「モニタリング」という言葉の意味や用法について、さまざまな分野を覗く形でご紹介しました。 この「モニタリング」という言葉も外来語ですが、他にも日本には数多の外来語が登場しており、各分野においてはその意味も用途も大幅に違いを見せています。日本語を正確に把握する感覚をもって外来語も認識しておく必要があり、そのためには実際に「その言葉を使って覚えること」が効果的です。

関連タグ

アクセスランキング