IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストロークの意味と使い方|スポーツ/心理学/医療/音楽

言葉の意味

ストロークという言葉を、よく耳にしませんか。ゴルフやテニス、心理学や楽器の弾き方にも、このストロークという言葉が出てきます。このストロークとは、一体どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。今回は、このストロークという言葉の意味を、掘り下げてご紹介します。

更新日時:

ストロークの意味

ストロークの意味

いつも、何気なく耳にしたり、使ったりするストロークという言葉には、、いろいろな使い方があります。ここでは、どのような意味があるのか見ていきましょう。

ストロークの使い方

ストローク、英語ではstorkeと言います。英語の意味は「打つこと」「ひと突き」「羽ばたき」などです。このように、「打ったり」、「羽ばたく」ときストロークを使いますが、日本語でストロークをいう場合は、一般名詞として使うというより、専門用語として使かわれることが多いです。 例として、「猛烈なストロークで」、「2ストローク」、「延々とストロークしている」などがあげられます。

スポーツ用語のストロークの意味

ゴルフ

ゴルフでストロークを使う場合には、次の意味があります。 「ボールを正しく打つ気持ちを持ってクラブを振る動作のこと。」 打つ気持ちがあって空振りした場合、1ストロークと数えますが、打つ気持ちがないのにボールがクラブに当たった場合は、ストロークとは言いません。 ちなみに、ストロークプレーとは、全ホールの合計スコアで勝敗を争う試合形式のことを言います。

テニス

テニスでストロークを使う場合には、次の意味があります。 「ラケットでボールを打つこと」 一般にはグランドストローク(ワンバウンドしたボールを打つこと)を指して、ストロークを使います。 ちなみに、ワンバウンドさせずに、打つ場合は「ボレー」を使います。

ソフトテニス

ソフトテニスでストロークを使う場合は、前述のテニスと同じ使い方をします。 「素振りどおりに、ワンバウンドしたボールをラケットで打つこと」です。 ちなみに、テニスと同じストロークでも、グリップの握り方のバリエーションがちがうので、同じようなラケットの振りでも、ボールの飛び方には違いがあります。ソフトテニスから硬式テニスに転向された方は、慣れないうちはボールが飛びすぎて、ホームランみたいになることもあります。

卓球

卓球でストロークを使う場合には、次の意味があります。 「打法、打ち方のこと」、フォアハンドストローク、バックハンドストロークのような言葉で使われます。

水泳

水泳でストロークを使う場合には、次の意味があります。 「水中で前進するために行う、、腕で水をかく動作のこと」 水泳では、腕を水中に入れて水をつかみ、さらに水を引きよせ、最後に水を押し出す一連の動作を1ストロークといいます。

クロール

クロールも同じように、泳ぐときの腕の動作をいいますが、平泳ぎやバタフライと泳ぎ方が違うため、数え方が変わります。 平泳ぎやバタフライでは、一回の腕の振りで1ストロークですが、クロールの場合は左右の腕を振って1ストロークと数えます。 ちなみに、背泳ぎもクロールと同じ数え方をします。

心理学用語のストロークの意味

心理学でストロークを使う場合には、次の意味があります。「お互いに、相手の価値や存在を認める態度や、やりとりをすること」です。心理学の中でも、交流分析の分野でよく使われる言葉です。

交流分析

エリック・バーンから始まった、交流分析では、ストロークとは、人が相手に対して与える認識や反応、注意のことを意味します。 例えば、母親が赤ちゃんをやさしくなでることを、「プラスのストロークをした」というような使い方をします。ちなみに、悪口を言うは、「マイナスのストロークをした」という意味です。

ストロークは、なでる、さするなどの意味がありますが、TAでは相手の存在を認める言動の全てをストロークと呼んでいます。「おはようございます」「こんにちは」という挨拶や、優しく微笑みかける肯定的なストロークもあれば、叱る、怒るなど否定的なストロークもあります。人が幸せを感じるのも、不幸せになるのも原点はストロークの出し方、受け取り方によります。-日本交流分析協会HPより。

医療用語のストロークの意味

医学用語でのストロークの意味は、発作と脳卒中の二つの意味があります。英語では心発作のことを「heart stroke」と言いますが、心拍動の意味もあります。

発作

発作の意味で使われる、ストロークは英語ですので、医学用語としては次のようなものがあります。 「heart stroke」は心臓発作の意味です。また、先ほど心拍動の意味もあることも述べましたが、熱中症の意味もあります。ストロークの「一撃」の意味から来ていて、「熱による一撃」から日本語では熱中症を言います。

脳卒中

おおざっぱに脳卒中を言う場合にはストロークを使いますが、脳梗塞や脳出血の意味として使う場合、それぞれ次のように言います。 梗塞の場合、「infarction stroke」、出血の場合、「hemorrhage stroke」です。 脳卒中とは、症状がでるとき、突然なにかに当たったように倒れる病気ということで、英語ではstrike(ストライク)の過去形としてのstroke(ストローク)が使われたとのことです。

音楽用語のストロークの意味

音楽でストロークを使う場合には、次の意味があります。 「ギターなどでコードを引く際に、右手首を上下に振って演奏すること」をいいます。 以下では、「奏法」、「ギター」、「ウクレレ」に関して、どのように使うか説明いたします。

奏法

ストローク奏法は、英語では「stroke playing」と言います。ギターなどを右手の手首を上下して、ジャカジャカと弾き鳴らす奏法のことです。コードを弾くとき時によく使われます。 6弦側から1弦側に弾き下ろすことを「ダウン・ストローク」、1弦側から6弦側に弾き上げることを「アップ・ストローク」と呼びます。

ギター

ギター奏法では、一般に「コードストローク」という言葉で使われます。コードを弾く際に右手で上下に振る奏法ですが、同じくコードを弾く奏法に「アルペジオ」があります。指先でコードをばらして弾くもので、全体で弾き鳴らすストロークとは対照的な弾き方です。 また、ストロークで弾く場合には、ピックがよく使われます。

ウクレレ

ウクレレの場合も、ストロークの使い方はギターと同じく、コードを弾く際に右手で上下に振る奏法を言います。ギター奏法のストロークとの違いは、ピックよりも親指や人差し指で弾くことが多い点です。 また、パトキン奏法といい、3連符を連続してストロークする奏法があります。人差し指でダウンストロークし、次に、親指でダウンストローク、人差し指でアップストロークする奏法です。 この奏法は、ハワイで昔からよく演奏されており、名手のペリー・パトキンから、パトキン奏法と命名されました。

機械のストロークとは

工業機械でストロークを使う場合は、次の意味があります。 1、加工機械では、加工が可能な範囲の中で、動く範囲のことを言います。例えば、加工の基準点よりオーバーした場合は「ストロークオーバーした」というような使い方をします。 2、プレス機では、プレスのスライド(金型を取り付けて往復運動をする部分)が上りきった位置から、下りきった位置まで動いた長さを言います。「ストローク長さ」などの用語で使用します。

エンジンのストロークとは何か

エンジンでストロークを使う場合は、次の意味があります。 「ピストンの往復」と言う意味で使用します。ピストンが1往復するのを、2ストロークとして数えます。 以下では、特に車とバイクの「ストローク」の使い方について見ていきます。

車のエンジン面では、4ストローク車のような、エンジンのピストン往復の意味を示すのに使用します。 また、「ストローク感がある」とは、サスペンション(路面からの衝撃を緩和する装置)が、車のゆれをうまく吸収して乗り心地がいい状態のことを言います。

バイク

バイクのエンジン面では、2ストローク車のような、エンジンのピストン往復の意味を示すのに使用します。 「ストロークセンサー」とは、バイクの前輪サスペンション(フロントフォーク)の、ストローク量を確認する装置を言います。サスペンションの伸縮の長さが分かります。

美術用語のストロークの意味

美術用語でストロークを使う場合は、次の意味があります。 「画家が腕や手首を使って動きやリズムを伝える描き方」のことを言います。 次からは、「タッチとストローク」、「絵」、「絵画」、「イラスト」について、ストロークがどのようなものか説明いたします。

タッチとストローク

タッチとは、筆や木炭で絵などを描くとき、それらを少しずつ画面に触れるように動かすことでできる、筆の跡のことを言います。それに対して、ストロークは筆をステックのような持ち方をして、手首や腕を振るなどダイナミックに描きます。 このタッチやストロークといった筆の使い方が、作者の個性を表す重要な要素となっています。

ストローク技法で絵を描いた場合、上の図のようになります。筆致(絵の描きぶり)が一定の方向を往復することで絵を表現しています。

絵画

絵画では、印象派の特徴として、ストロークを効果的に使用し、躍動感を表現しています。 印象派以前は、ストロークを残す画家は下手とされていましたが、印象派によって、線ではなく幅広い筆致(絵の描きぶり)で表現する絵画技法が確立し、絵画の表現方法が豊かになりました。上記の絵では、日没の夕日と湖面でストロークの表現がみられます。

イラスト

イラストを描くとき、特に線を引くような描き方の場合、1ストローク、2ストロークという使い方をします。この場合、一本の線を引きはじめてから、引き終わるまでのことをさします。ストロークが短いと、短い線をつなげたような筆致(絵の描きぶり)になり、長いと一筆書きのように、輪郭のはっきりした線描になります。

アマチュア無線のストロークとは何か

アマチュア無線でストロークを使う場合は、次の意味があります。 「無線を移動運用する際にコールサイン(無線局の名称)の後に付け加える/(斜線)」のことを意味します。 例えば、関東地区での運用は「/1」をつけて、次のように言います。「JA3×××/1」(ジェイ・エー・スリー・バツ・バツ・バツ・ストローク・ワン) ※×××は3文字の英字

ワードのストロークとは何か

ワードでのストロークを使う場合は次の意味があります。 「キーを打つこと」です。1ストロークすると文字が1文字入力されます。例えば、ワードで「英文60ストローク、32行」という場合、一行の文字数が半角60字で、行数が32行をさします。 ちなみに、ワードの「文字数と行数」の日本語環境の設定では、文字数は全角で表されているので、例えば、30字は英文やローマ字入力での60ストロークを意味します。

いろいろな意味がある-ストローク

いろいろな意味がある-ストローク

今回は、ストロークの意味について調べました。本来の「振る」と言う単純な意味から、スポーツから音楽・美術、機械、医学など、いろいろな分野で使われています。 日常、ふと耳にする、ストロークと言う言葉、個々に使われる意味には、それぞれ、技法であったり、病名であったり、乗り心地であったり、その分野で重要な意味を持って使われています。

関連タグ

アクセスランキング