IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストロークの意味と使い方|スポーツ/心理学/医療/音楽

更新日:2020年05月19日

言葉の意味

ストロークという言葉を、よく耳にしませんか。ゴルフやテニス、心理学や楽器の弾き方にも、このストロークという言葉が出てきます。このストロークとは、一体どのような意味を持つ言葉なのでしょうか。今回は、このストロークという言葉の意味を、掘り下げてご紹介します。

ストロークの意味

いつも、何気なく耳にしたり、使ったりするストロークという言葉には、、いろいろな使い方があります。ここでは、どのような意味があるのか見ていきましょう。

ストロークの使い方

ストローク、英語ではstorkeと言います。英語の意味は「打つこと」「ひと突き」「羽ばたき」などです。このように、「打ったり」、「羽ばたく」ときストロークを使いますが、日本語でストロークをいう場合は、一般名詞として使うというより、専門用語として使われることが多いです。 例として、「猛烈なストロークで」、「2ストローク」、「延々とストロークしている」などがあげられます。

スポーツ用語のストロークの意味

ゴルフ

ゴルフでストロークを使う場合には、次の意味があります。 「ボールを正しく打つ気持ちを持ってクラブを振る動作のこと。」 打つ気持ちがあって空振りした場合、1ストロークと数えますが、打つ気持ちがないのにボールがクラブに当たった場合は、ストロークとは言いません。 ちなみに、ストロークプレーとは、全ホールの合計スコアで勝敗を争う試合形式のことを言います。

テニス

テニスでストロークを使う場合には、次の意味があります。 「ラケットでボールを打つこと」 一般にはグランドストローク(ワンバウンドしたボールを打つこと)を指して、ストロークを使います。 ちなみに、ワンバウンドさせずに、打つ場合は「ボレー」を使います。

ソフトテニス

ソフトテニスでストロークを使う場合は、前述のテニスと同じ使い方をします。 「素振りどおりに、ワンバウンドしたボールをラケットで打つこと」です。 ちなみに、テニスと同じストロークでも、グリップの握り方のバリエーションがちがうので、同じようなラケットの振りでも、ボールの飛び方には違いがあります。ソフトテニスから硬式テニスに転向された方は、慣れないうちはボールが飛びすぎて、ホームランみたいになることもあります。

卓球

卓球でストロークを使う場合には、次の意味があります。 「打法、打ち方のこと」、フォアハンドストローク、バックハンドストロークのような言葉で使われます。

水泳

水泳でストロークを使う場合には、次の意味があります。 「水中で前進するために行う、、腕で水をかく動作のこと」 水泳では、腕を水中に入れて水をつかみ、さらに水を引きよせ、最後に水を押し出す一連の動作を1ストロークといいます。

クロール

次のページ:心理学用語のストロークの意味
初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング