IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ヘッジの意味と用例|金融/経済用語・ヘッジの言い換え表現

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ヘッジの意味をご存知ですか。金融や経済の話題で使用されリスクヘッジ、ヘッジファンドという言葉で用いられます。hedge(ヘッジ)を訳すと家の周りを囲む生垣とか障壁というように訳されます。危機を予防するようなニュアンスがあるヘッジの意味や用例を紹介します。

ヘッジの英語の意味

hedge(ヘッジ)は英語で家の周りを囲む生垣、垣根とか、塀、境界、障壁という意味があります。賭け事などで保険のつもりで両方に賭けてリスクを減らす意味もあります。あいまいな発言や緩衝的な表現の方法で「not grow on every hedge」どこにでもあるものではない。という使い方もあります。

生け垣

ヘッジは生け垣という意味があります。英国で敷地の仕切りにサンザシやイボタノキなどが植えられて野原や畑の境界に仕切りとして用いられています。類義語としてfenceという英語があります。剪定ばさみのことを「hedge clippers」といいます。

垣根

「hedge」と似ている言葉で「fence」という言葉があります。「垣根」という意味です。生け垣のhedgeのように境界を遮る障壁のことです。垣根を英語に訳した時には生け垣の意味もありますがその他にもwallや barrierのような言葉もあります。「take a hedge」垣根を跳び越す。

「hedge」の他に「wall」や「fence」には塀という意味もあります。生け垣や垣根という境界を引くことと同じ意味がありますがより強固なニュアンスがあるでしょう。「Block Fence」ブロック塀とか、「Wall a Garden」庭を塀で囲むという用例があります。

境界

「hedge」以外にも「boundary」、「bound」にも境界という意味があります。「boundary between objects boundary line」境界線 「hedge」は境界を生け垣や塀などで取り囲むという事や、境界を作るようなニュアンスがあります。

障害

「hedge」は生け垣や塀などの場所の境界を意味する言葉です。それは場所と場所の境を表現する意味のほかに、物が立ちふさがっているニュアンスもあります。それは「fence」のような防壁の意味合いもあり、そのような何かを防ぐという意味から障害があることの意味にもなります。

障壁

「hedge」には何かをまもる、予防するというような意味もあります。家の周りを囲う生け垣や塀などは外部からのプライバシーや侵入を守るものでもありそのような意味があります。社会を保護するということにも「hedge」が用いられることがあります。

金融・経済用語のヘッジの意味と用例

危機を予防したり何かを守るという意味を持つ「hedge」は経済や金融の分野で用いられることが多いです。株式外国金融商品などの取引で価格の騰落による損失や不利を避けるためにヘッジという意味が用いられます。

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング