IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ブランチの意味|ビジネス用語/IT用語・食事のブランチとは

更新日:2020年03月06日

言葉の意味

色々な分野で使われるブランチについて紹介します。もっとも身近な「ブランチ」からIT関係の「ブランチ」まで幅広い意味でつかわれています。「ブランチ」は食事だけのイメージだという方も多いのではないでしょうか。色々な意味で使われている「ブランチ」を掘り下げてみます。

ブランチの意味は?

ブランチと聞くと何を思い浮かべますか。実はブランチという言葉にはいろいろな意味があります。何を意味する言葉なのかを紹介します。

枝とは木の枝を意味します。植物の主たる幹から分かれた枝のことです。 通常英語では「branch」は木の枝を意味します。ブランチの意味として知られている意味になります。

支流

支流とは、本流に流れ込む川や本流から分かれ出た川を意味します。「あのブランチを狙って釣りに行こう」などと使うとツウの釣り人のように聞こえます。

支店

支店とは本社や本店から遠隔にある地域で、本店と同じような営業をするために設けられた事務所やオフィスを意味します。複数ある場合は本店以外の拠点はすべて支店となります。 「現在勤めているのは、本社ではなくブランチです。」などのようにビジネスマンが使うケースがあります。

支線

支線とは、本線から枝分かれした鉄道路線を意味します。また、本線から分岐した道路を意味します。「そこを曲がって、ブランチに入って下さい。」など言われたら海外にいるような感覚になるでしょう。 また、建築で使われるブランチは建造物を直立させるために、その上部と地面を固定する針金など線状のものを意味します。

分岐

分岐とは分かれる地点を意味します。道路や鉄道など行く先々が別々に分かれることです。また、ふたまたになることを意味します。 「そこのブランチでお別れしましょう。」などのように使うと帰り際もスマートに決まるでしょう。

拠点も意味する

拠点も意味するブランチは活動をするための場所や足場を差します。交通、市街地、本部などにも用いられます。

部門も意味するブランチ

部門も意味するブランチとは全体を分類する1つの部を差します。「このブランチとこのブランチで主に構成されています。」などと使用します。

初回公開日:2018年02月25日

記載されている内容は2018年02月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング