IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

キュレーションサイトとは・代表的なまとめサイトと問題点

初回公開日:2018年01月21日

更新日:2020年11月05日

記載されている内容は2018年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ツール・サービス

キュレーションサイトという言葉を聞いたことがあるでしょうか。一時期問題として取り上げられたことがありますが、そもそもどのような意味なのでしょうか。この記事では、キュレーションサイトの意味や問題点などについて紹介します。興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。

「キュレーションサイト」の意味とは?

「キュレーションサイト」の意味とは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

インターネット上には色々なサイトが、日々新しく作られ更新されています。そういったサイトのカテゴリーの1つに、キュレーションサイトと呼ばれるものがあります。2016年の下半期に、大手企業のキュレーションサイトが大きな問題となったことで、この言葉を知った人も多いのではないでしょうか。 何かのサイトということは知っていても、意味をはっきりと知っている人はそれほど多くないでしょう。まずは、キュレーションサイトの意味について紹介していきます。

IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめるという意味を持つ

そもそもキュレーションとは、どのような意味を持つのでしょうか。「curation」という英語がもとになっていて、IT業界では、インターネットの中に散らばっているたくさんの情報を集め、あるテーマに応じて、集めた情報を整理することを意味します。

収集した情報を分類しつなぎ合わせて新しい価値を持たせ共有すること

情報の整理整頓といった意味合いだけではなく、集めた情報をまとめることで、新たな価値を持った情報とし、それを共有するといった意味で使用されることもあります。基本的に、目的に応じた情報収集は、プログラムを組み込まれた検索サービスであれば、自動で行うこともできます。 しかし、キュレーションは後述するキュレーターと呼ばれる人によって、情報が集められ取捨選択が行われるため、検索エンジンと比べて、質の高い情報になる可能性があります。ただし、情報を集めるキュレーター次第とも言えるため、必ずしも新しい価値を持った、質の高い情報共有になるとは限りません。

「キュレーションサイト」の類語

「キュレーションサイト」の類語
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

キュレーションサイトの意味について紹介しましたが、このようなサイトと類似したものはあるのでしょうか。キュレーションサイトと似たような扱いをされているサイトは、いくつか存在します。ここでは、キュレーションサイトの意味に続いて、類語について紹介します。

まとめサイト

まとめサイトは、ほぼキュレーションサイトと同じ意味と言えるでしょう。どちらも比較的新しい言葉で、インターネット上の用語という側面もあり、定義はあいまいな部分がありますが、基本的には同じような意味合いで使用されています。 種類の多さが特徴的で、画像や動画をカテゴリー別に分類したものや、複数のサイト利用者によって記事が加筆されていくタイプのサイトも、まとめサイトと呼ばれることがあります。

パクリサイト

キュレーションサイトとまとめサイトは、ほとんど同じような意味を示す言葉ですが、パクリサイトは少し異なります。キュレーションサイトの類語とは言えますが、パクリサイトの場合は、そのサイトの内容のほとんどが、他のサイトのパクリでできています。 違法性が高いものが多く、パクられたサイトのほうがパクリサイトよりも検索下位になってしまうケースがあり、悪質と言えるでしょう。

「キュレーター」とは?どんな意味?

「キュレーター」とは?どんな意味?
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

キュレーションサイトの意味を紹介するときに、キュレーターという言葉が出てきましたが、どのような意味を持つのでしょうか。ここでは、キュレーターの意味について紹介していきます。

キュレーションを行う人のことを意味する

キュレーターは、キュレーションを行う人を指します。例えば、特定のジャンルの記事で構成されているキュレーションサイトの場合、その記事をまとめて発信している人が、キュレーターと言えるでしょう。記事の執筆を担当している人という意味で使う場合も、キュレーターと呼ぶことがあります。 キュレーターによって、キュレーションサイトの質が決まる部分が大きいため、健全で質の良いサイトとなるか、パクリサイトのようになってしまうかは、キュレーター次第とも言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング