IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

BMの意味や使い方|ビジネス/スラング/建築/ハースストーン/医学/車

更新日:2022年06月01日

言葉の意味

BMといっても状況が違えばその意味も変わってきます。日本人が思い浮かべやすい車のBMWや、ビジネス・不動産におけるBM、医学におけるBMでは全く意味が変わります。意味を履き違えて恥ずかしい思いをしないようにそれぞれのBMの意味を正しく理解しましょう。

BMの意味や使い方

BMといっても状況が違えばその意味も変わってきます。日本人が思い浮かべやすいBMは車のBMWでしょう。しかし、ビジネスにおけるBM、医学におけるBMでは全く意味が変わってきます。意味を履き違えて恥ずかしい思いをしないようにそれぞれのBMの意味を正しく理解しましょう。今回はあらゆる業界や状況で使われるBMの意味や使い方について紹介していきます。

ビジネスシーンでのBMの意味は?

ビジネスにおけるBMとはBuilding Management=ビルマネジメント、またはBuilding maintenance=ビルメンテナンスを意味します。Buildingとは建物・建築物、managementとは管理です。ビルの管理を所有者や不動産投資家が行うのではなく、企業が専門的に行うことで効率化して管理する手法のことをいいます。

建築業界でのBMの意味は?

建築におけるBMはbenchmark=ベンチマークの略称です。ベンチマークといってもピンとこない場合、日本語でいうと水準点・指標という意味になります。 ベンチマークとは建物の施工時に高さの基準とするモノです。一般的には施工中に高さが変わらないもの、例えばマンホールや縁石をベンチマークとします。施工図上の高さは標高ではなく、このベンチマークを基準にしています。施工図面上では「BM」と表記されます。 同じベンチマークでも使う業界によって指すものがかわります。例えば証券用語としても用いられます。日経平均やTOPIXがこれにあたります。コンピュータ業界ではハードウェア・ソフトウェアの性能を測定する際に指標としてベントマークという言葉を使います。 自動車業界のベンチマークは水準・指標というよりも目標という扱いで使うので他の使用方法とはやや異なりますので注意が必要です。

ハースストーン(ゲーム)でのBMの意味は?

ハースストーンとはアメリカのブリザード社が開発したオンラインカードゲームです。このゲームでのBMとはbad mannerのことで、ゲーム内でのマナーが悪い行動を意味します。 ハースストーンは自分で選択したヒーローでデッキを組み、あらゆるな呪文や能力を使う戦略的カードゲームです。1ターン75秒間となりますが、BMとは相手が考えてる時間にEmoteという操作を行って相手を煽る行動をしたり、やることが明確ですぐ終わるターンのはずなのに長考して相手をおちょくるようなことを指します。

不動産業界でのBMの意味は?

ビジネス用語と同じになりますがビルマネジメントの略称です。所有者または不動産投資家に代わって建物の管理を行うことです。主にモノの管理を行います。具体的には建物の清掃、警備、設備の点検などを行います。

医学でのBMの意味は?

医学におけるBMは、basic metabolism=基礎代謝を意味します。 英語表記をみてお気付きの方もいることでしょう。metabolismとありますが近年日本でメタボと呼ばれている言葉の語源です。 医学でのBMは他にも骨髄、基底膜という意味であったり、Bachelor of Medicine=医学士という意味もあります。

車のBMの意味は?

日本人がBMといえば自動車のBMWを想像する方が多いことでしょう。BMWはドイツのメーカーでバイエルン州に拠点をもちます。設立は1916年、100年以上の歴史があります。設立当時は航空機エンジンの製造に力をいれており、世界初のジェット戦闘機の開発を手がけました。 戦後、経営不振による倒産の危機もありましたが、そこを乗り越えて現在よく知られている自動車の販売を開始しました。モータースポーツにも力をいれており、F1やル・マン24時間耐久レース、世界ツーリングカー選手権、スーパーバイク選手権といったレースに参加し数々のタイトルを獲得しています。 BMWのエンブレムは円と十字で形成されていますが、かつて飛行機エンジンメーカーであったことに由来し、プロペラをイメージしているとされています。それ以外にもバイエルン州の旗が青と白で構成されているので、それをイメージしたという説もあります。

次のページ:不動産でのBMとの違い
初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング