IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

麓の読み方/意味/類語/対義語・麓と袂の違い・麓を使った名前

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「麓(ふもと)」という言葉の意味や使い方、類義語や対義語を紹介しました。それぞれの言葉の意味についても解説しました。「麓」から連想される言葉を挙げ、その読み方や意味についても説明しました。また、「麓」とう漢字の入った名前やそこに込める意味についても書きました。

「麓」という言葉から連想される言葉を紹介します。 ・山沿い・山下・山脚・山足・山元・下部・野原・野辺・山腹・山顛(さんてん)・尾の上(おのえ)・中腹・稜線・分水嶺・尾根・山稜・山嶺・峻嶺・山の背・山腰、 などがあります。 ・山嶺、山顛、尾上は、山の頂上という意味です。 ・稜線、尾根、山稜、山の背、とは、山頂から山頂へと続く線のことです。 ・峻嶺とは、高くそびえる山のことです。峻峰ともいいます。 ・分水嶺とは、雨水をいくつかの水系に分かつ山の峰々のことです。この意味から物事の方向性を分ける境目、場所、起点のたとえとして使います。

語彙が広いと素敵な文章が理解できます

言葉には、意味は同じでもいろんな言い方があります。麓(ふもと)・山麓・山裾・裾野、はどれも山の下の方の、平地と山の境目のことを指した言葉です。頂上・頂・山頂・峰、はどれも山のてっぺんを指した言葉です。 文章を書く時や会話をする時に、どの言葉を選ぶかという言葉選びのセンスがいいと、意味の深い文章を書けたり、素敵な話し方をすることができます。受けた印象を正確に伝えたい時に、語彙が広ければそれだけ微妙なニュアンスまで伝える事が可能です。また、文豪の書いた素敵な文章を理解することもできます。 しかし意味を正確に知らないと間違った使い方をして恥をかいてしまいます。言葉はよく意味を理解して使うように心がけましょう。また、知らない言葉をそのままにしておくのはもったいないことです。誤解のもとにもなります。知らない言葉や意味の曖昧な言葉は、まめに調べる習慣を付けることをします。

関連タグ

アクセスランキング