IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

麓の読み方/意味/類語/対義語・麓と袂の違い・麓を使った名前

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「麓(ふもと)」という言葉の意味や使い方、類義語や対義語を紹介しました。それぞれの言葉の意味についても解説しました。「麓」から連想される言葉を挙げ、その読み方や意味についても説明しました。また、「麓」とう漢字の入った名前やそこに込める意味についても書きました。

「根本」の意味は、物事がそこから出発して成り立っている一番大切なもと、です。用例をいくつか紹介します。 ・考えを根本(こんぽん)から改める ・枝が根本(ねもと)から折れてしまった ・物事の根本(こんぽん)に触れる ・木の根本(ねもと)に腰を下ろす

基部の意味は?

「基部」には、基礎、根本、土台、などの意味があります。 用例をいくつか紹介します。 ・根の基部とは、先端ではなく茎との境の部分のことです ・骨の基部を骨折した ・嘴(くちばし)の基部が黄色い

底部の意味は?

「底部」の意味は、底の部分・一番下の部分、です。用例をいくつか紹介します。 ・フラスコの底部を支える ・模型の船の底部の部品 ・脳底部に問題がある

裾野の意味は?

「裾野(すその)」には、山麓の緩やかな傾斜地・上部にあるものを支える基礎になるもの・山の麓に緩やかに広がった野原、などの意味があります。山裾との違いは、山の裾は裾でも野原(=草が生えた広い平地)になっている所のことを指します。 用例をいくつか紹介します。 ・裾野を広げる(=人口や領域を増やすこと) ・裾野が強い陽をあびて鮮やかに青い

麓と袂の違いは?

「麓」は、基本的に山の下の方を指す意味として使われます。それに対して「袂(たもと)」は、山の麓、橋のそば・きわ、和服のそでの下の袋状の部分、などを指す意味で使われます。 「ふもと」の原義は「踏みもと」です。意味は、「足で踏み分けて行く土地の土台にあたる場所」です。「たもと」の「た」は「手」でした。したがって「たもと」はもともとは「手もと」でした。 用例をいくつか紹介します。 ・麓へ下りましょう ・麓を通る ・袂を分かつ(=別れる・関係を断つ・離別する) ・橋の袂で足がすくむ ・着物の袂をたすきがけ(=邪魔なので縛る)にする

麓の対義語は?

「麓」の対義語には、頂上・頂・山頂、などがあります。

頂上の意味は?

「頂上」には、それより上は行きようのない、最高の所・いただき・てっぺん、の意味があります。 用例としては、 ・歓喜の頂上にある ・頂上の境内 ・崖の頂上 ・ピラミッドの頂上 ・頂上の地位

頂きの意味は?

「頂(いただ)き」には、物の最も上の部分・山頂・登頂、などの意味があります。 用例としては、 ・山の頂に着いた ・聞かせて頂きます ・丘の頂に立っている 謙譲語の「頂きます」は、頭上に載せる動作を指す言葉でした。感謝を表現して受け取る動作(高く掲げる)から、「もらう」を意味する謙譲語になりました。

山頂の意味は?

関連タグ

アクセスランキング