IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

麓の読み方/意味/類語/対義語・麓と袂の違い・麓を使った名前

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「麓(ふもと)」という言葉の意味や使い方、類義語や対義語を紹介しました。それぞれの言葉の意味についても解説しました。「麓」から連想される言葉を挙げ、その読み方や意味についても説明しました。また、「麓」とう漢字の入った名前やそこに込める意味についても書きました。

麓の読み方は?

「麓」は「ふもと」と読みます。

ふもとの語源は?

麓(ふもと)の別の意味を紹介します。江戸時代の薩摩藩では外城制度というものがありました。家臣たちの城下町居住が完全に行われず、郷士(=農村に居住する武士)が居住していた集落が麓集落と呼ばれていました。府本・府下とも書きます。

ろくの漢字の成り立ちは?

「麓」の音読みは「ろく」です。意味は、ふもと・山のふもと・長く連なる山裾・山守・山林の管理をする官、などです。形声文字です。木が並び立つ象形と、角のある鹿の象形から「麓」という文字が成り立ちました。

麓にはどういう意味があるの?

麓にはどういう意味があるの?
※画像はイメージです
出典: Dictionary - Free pictures on Pixabay

「麓(ふもと)」の意味は、山の下の方の部分のことです。

山の下の方の部分とは?

「麓」には、「山の下の方の部分」という意味がありますが、厳密には山の下の方の次第になだらかになった部分のことをいいます。

山すそとは?

「山裾(すそ)」の意味は、山のふもとの広がった部分のことをいいます。用例をいくつか紹介します。 ・山裾の小さな村 ・山裾のを見晴らせる場所 ・山裾の小川

麓の類語は?

「麓」の類語は、根元・基部・底面・基底・下・底部・根本・底辺・底・裾、などがあります。

根元の意味は?

関連タグ

アクセスランキング