IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「浪漫」の読み方/使い方/例文・「浪漫」の語源と由来・浪漫主義

更新日:2020年07月20日

言葉の使い方

今回は「浪漫の読み方や意味、その使い方」と題して、「浪漫」という言葉の意味やその用例について詳細な情報をもとにご紹介します。この「浪漫」という言葉は古くから日本に伝わってきており、その変遷にも実に興味深いエピソードが盛りだくさんです。

コミック・アニメの『ルパン三世』などでも聞く、「男の浪漫」という言い方は古くから見られました。しかし「女に浪漫がないのか」と問えばそうではなく、これは「男の浪漫」という主張を目立たせただけの言い方で、この言葉が主に打ち出されたのが「男子の興味を引く芸術分野」だったからに他なりません。 ・男の浪漫はたそがれどきに ・ビールを黙って飲むのが、男の浪漫 ・静かな音楽こそが、男の浪漫を引き立てる ・隠遁生活に、男の浪漫が充実している ・俗世を離れて男の浪漫を開花してみる いろいろと表現がなされますが、これは女性にもそのまま転用できる表現であり、「男の」と男性に限って言える表現ではありません。

浪漫的な恋をしたい

「ロマンチックな恋をしてみたい」や、「デートするなら、ロマンチックなムードが大切」などと、よく男女間で交わされる恋愛において「ムード」や「ロマンス」などの言葉が使われます。 このように「ロマンチック」や「ロマンス」という言葉は、特に男女間での話に使われることが多い言葉です。

「浪漫」という外来語の成り立ちをしっかり把握しておきましょう

いかがでしたか。今回は「浪漫の読み方や意味、その使い方」と題して、「浪漫」という言葉の意味やその用例について興味深い視点からご紹介しました。 外来語というものは、その言葉の起源である外国で「どのように扱われていたのか」や「その言葉の成り立ちはどうだったのか」など、日本に入ってくる前の「その言葉そのものの成り立ちと由来」を知ることが大切になります。その由来をきちんと知っておくことで、その言葉の正確な理解につながるでしょう。 日本語でも「その言葉の成り立ちや由来」を正確に知っておくことはもちろん大切で、「言葉と向き合う時間」を大切に持つことを心がけることは、語学力・文章力の向上に役立ちます。1つの言葉としっかり向き合う時間を大切にしましょう。

初回公開日:2018年01月15日

記載されている内容は2018年01月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング