IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

欲求不満の意味と使い方・類義語と対義語・フラストレーション

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

欲求不満の意味を説明することは難しくありません。それは多くの非とか感じた経験を持っているからです。ただ、文章にした時にはその気持ちを表現することは意外と難しいと感じるでしょう。どのような理由で欲求不満になっているかわからないからです。

「欲求不満」の意味

人はいろいろな欲求があり、それが満足できない状況を欲求不満と表現しています。言葉としての意味はそれで十分ですが、心の状態はそれほど単純ではありません。欲求不満の詳しい状態を説明しましょう。

なんらかの原因で欲求が満たされない状態のこと

自分が求めている欲求がすべて満たされることはありえません。その意味では常に欲求不満状態と言えるでしょう。しかし、ここで重要なことは、その不満を何とかして解消したいと考えているかどうかです。 つまり、欲求不満は意識することによって、さらに強くなっていきます。満たされないことはたくさんあってもそれを不満に感じない場合は、欲求不満の気持ちを持つこともないでしょう。 また、別の形で欲求不満を解消することも可能でしょう。同じ状況であってもすべての人が同じことを考えるわけではありませんから、欲求不満となる条件を規定することは難しいでしょう。例えば、貧乏でも幸せに暮らしている人がいる一方で、裕福な生活でも不満を感じている人がいます。当人の気持ち次第で欲求不満のレベルは変わることがわかります。

あるいは欲求の充足を阻止した原因を克服することができずに不満は状態のこと

自分の中の欲求を意識しており、それを充足しようとしてもどうにもならない状況となった場合に不満は強くなります。それが欲求不満の意味と言えます。つまり、状況を何とかしたいと考えると欲求不満は大きくなりますが、解決する方法が見えていれば、それは欲求不満を意味しません。 重要なポイントは欲求不満の気持ちに共感することはできない点です。おおよその気持ちは理解できたとしても、その人のイライラを感じることはないでしょう。悲しみや喜び、怒りなどの感情と大きな違いです。 イライラを解消するために何をすればいいでしょうか。それは本人だけがわかっていますが、実は本人にもわからない場合も少なくありません。そこで欲求不満の解消にはとりあえず体を動かしてみることがいいと考える人も少なくありません。原因がわかっても、それを自分で解決できないことが多いからです。

「欲求不満」の類義語

「欲求不満」と同じような意味を持つ類義語を紹介しましょう。

フラストレーション

フラストレーションは英語ですが、欲求不満の原語となります。ただ、すでに日本語としても通用する言葉でしょう。フラストレーションの意味は欲求不満と厳密には違っています。欲求不満は人の心のある状態を表現していると感じますが、フラストレーションの意味はもっと幅広い精神的なストレスを感じている状態です。 例えば、悲しみや心配ごと、スリルを感じている状態もフラストレーションと表現できます。つまり、フラストレーションはマイナス思考だけではなく、それを跳ね返そうとする力を出すためのいい意味での刺激となる場合もあります。

不平煩悶「欲求不満」の対義語

欲求不満と不平煩悶はほとんど同じ意味と考えていいでしょう。いろいろな欲望が満たされていない状態です。ただ、不平煩悶はあまり一般的な熟語ではありませんから、誰かに気持ちを伝える場合には欲求不満で十分です。 客観的に見て満たされていないかどうかではなく、本人がどう感じているかが重要なポイントです。お金持ちはどれだけお金があっても満足感を得られない話は典型的でしょう。自分が置かれている状況を客観的に見る視点を持っていれば欲求不満になることもありません。さて、その対義語としては円満具足や、福徳円満があります。それぞれの意味を説明しましょう。

円満具足の意味

円満具足は欲求不満の反義語で、満足している意味です。具足は満ち足りていることを示しています。物理的に満ち足りることも重要ですが、気持ちが満ち足りていなければなりません。 そして、円満は家庭円満、夫婦円満などそれぞれの気持ちが一つになって、楽しい生活を送ることができている状態を意味しています。欲求不満の場合と同じですが、お金があってもなくても、不満を持っている人はいますし、満足している人もいます。 要するに、その非との考え方で状況は変わってきます。円満具足の気持ちを持ちたいと考えるなら、現状のままでいいと思うだけです。お金を儲けるとか、楽しいことを考える必要はありません。

福徳円満の意味

初回公開日:2018年01月14日

記載されている内容は2018年01月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング