IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

言葉の意味

「変革」という言葉について、意味や使い方をご説明するとともに、「変革」と似た意味を持つ「改革」や「革新」といった言葉との意味の違いや使い分け方についてもご説明しています。この記事を読んで、「変革」の意味を正しく理解しましょう。

更新日時:

「変革」とは

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

みなさんは、「変革」という言葉の意味を正しく理解していますか?また、「改革」や「革新」といった、似た意味を持つ言葉との意味の違いについても正しく理解して、使い分けることができていますか。今回はこの「変革」という言葉について、意味や使い方、似た意味を持つ用語との使い分け方についてもご説明していきます。

意味

「変革」とは、「へんかく」と読み、「変えて新しいものにすること。」という意味や「変わって新しいものになること。」という意味をもつ言葉です。

類義語

「変革」と似た意味をもつ類義語には、「改革」「革新」「改良」「改変」「改善」「変更」「修正」「刷新」などがあります。

漢字

それでは次に、「変革」という言葉について、漢字の成り立ちを調べていきましょう。「変革」の「変」という文字には、「 事態が移り変わること。変化すること。」という意味があります。また、「変革」の「革」という文字には、「たるんでだめになったものを建て直す。」という意味や、「あらためる。」という意味があります。 二つの漢字の意味が合わさる事で、「変革」という言葉が生まれたことがわかるでしょう。

英語

「変革」を意味する英語表現には、「change」や「reform」があります。「変わる」を意味する英単語であることがわかります。 もし、英語表現を使用する機会がある方は、ぜひ覚えておいてください。

変革の使い方の例

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

それでは次に、「変革」という言葉の使い方について、例文をご紹介していきます。 【例文】 ・来年から制度が変革されることが、その会議により決定しました。 ・近年の営業不振を脱却するには、社員ひとりひとりの意識の変革が必要です。 ・インターネットの普及は、ビジネスにおいても大きな変革をもたらしました。

変革と似た用語の意味と使い方の違い

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

それでは次に、「変革」と似ている意味を持つ用語について、意味と使い方をご説明していきます。「変革」との違いについてもぜひ考えてみてください。

改革

まずご紹介するのは、「改革」という言葉です。「改革」とは、「かいかく」と読み、「従来の制度などを改めてよりよいものにすること。」という意味を持つ言葉になります。 【改革】 ・古い制度を改革しなければ、この国の景気は良くなりません。 ・その運動は、改革の第一歩となりました。 といった例文で使用することができます。「改革」は「古いものの悪いところを変えて良くする」というニュアンスで使用されることが多い言葉です。「根本から変えて新しくする」という意味で使用されることが多い「変革」とのニュアンスの違いに注意しましょう。

革新

「革新」とは、「かくしん」と読み、「旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。」という意味を持つ言葉です。 【革新】 ・急速な技術革新により、わたしたちの生活は豊かになりました。 ・彼が務めているのはずいぶん革新的な企業です。 といった例文で使用することができます。「革新」にも、「古くからの制度などを改めて新しくする」というニュアンスが含まれています。「変革」との意味の違いに注意して使い分けをしましょう。

刷新

「刷新」とは、「さっしん」と読み、「弊害を除き去って、全く新しいものにすること。」という意味を持つ言葉です。 【刷新】 ・その会社では今年から人事を刷新しました。 ・その委員会はわが町の教育の刷新を目的としています。 といった例文で使用できます。「悪いものを除き去る」というニュアンスが含まれているところが、「刷新」という言葉についてのポイントになります。

改善

「改善」とは、「かいぜん」と読み、「悪いところを改めてよくすること。」という意味を持つ言葉です。 【改善】 ・健康のために、生活習慣を改善する。 ・次の会議までに、改善策を考えておいてください。 といった例文で使用できます。「変革」や「改革」ほどの「大きな目標に向かって改める」というニュアンスではなく、「目先の悪いところを良くしていく」というニュアンスで使用されるところが「改善」という言葉の特徴です。 「改善」を積み重ねていくことで、「変革」や「改革」が可能になるといってもよいでしょう。「改善」は「変革」や「改革」と共存している言葉であることにも注意が必要です。

「大変革」の意味とは

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

「変革」を使用した表現の一つに、「大変革」という表現があります。これは、「大変革時代」や、「大変革期」といった言葉として使用されることが多い表現なのですが、どういった意味で使用されているのでしょうか。 「大変革」とは、その名のとおり、「大きな変革」を意味しています。つまり、「考え方や行動の仕方が急激に広範囲に変わること」という意味を表わしています。 【大変革】 ・自動車業界は、いまや大変革時代に突入した。 ・我が社にとっては今年こそ大変革期です。 といった例文で使用することが可能です。ビジネス雑誌などでも目にする事が多い「大変革」という表現をぜひ覚えておきましょう。

「変革」の対義語は?

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

それでは次に、「変革」とは反対の意味を持つ言葉をご紹介しておきます。「変革」とは反対の意味を持つ対義語は「保守」です。 「保守」とは、「ほしゅ」と読み、「 旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること。また、その立場。」という意味をもつ言葉です。 【例文】 ・その政党は保守的な政策ばかりを打ち立てています。 ・彼の考えはとても保守的です。 ・その会社は保守的な経営戦略を立てている。 といった例文で使用することができます。

これからの企業に求められているものとは

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

これからの企業が、時代の変化とともに生き残っていくためには、「変革」が求められているのでしょうか。それとも、変わらずに「保守」的な経営をした方がよいのでしょうか。 もちろん、古い制度や考え方には良い点もあります。そのような良い点を守っていくことも経営においては大切になるでしょう。しかし、時代が移り変わっていく中で、企業が生き残っていくためには必ず「変革」が必要になります。 「変革」にはさまざまな意味が含まれています。経営陣が考える「変革」とは、どのようなものでしょうか。たとえば、古い人事制度を廃止したり、企業風土を変える事を目的とする企業もあるでしょうし、新規事業への参入を決定する企業もあるでしょう。 そして、そのような企業の「変革」に必要不可欠なのが、従業員ひとりひとりの「意識変革」や「行動変革」です。

意識変革が行動変革につながる

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

「心(意識)が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」という言葉を聞いた事はありませんか。これは、アメリカの心理学者ウィリアム・ジェイムズの名言です。 この言葉からもわかるように、「意識変革」と「行動変革」はつながっています。もしも部下に「行動変革」をさせたい場合にはまず「意識変革」をしてもらうように心がけましょう。 「意識変革」を促すためには、具体的な目標が必要です。「○○という目標を達成するためには、Aのような意識では達成できない。Bのような意識に変えていこう」と具体的な目標とともに、具体的な意識の例についても取り上げて説明することが必要です。 一人一人の意識が変われば行動も変わってくるはずです。まずは「意識変革」からはじめましょう。

「変革」の意味を正しく理解する

「変革」の意味と使い方|例文・類義語(改革/革新)との意味の違い

さて、今回は「変革」という言葉について、意味や使い方、似ている意味をもつ言葉との使い分け方についてもご紹介してきましたが、いかがでしたか。正しい意味を理解することはできたでしょうか。 「変革」には似た意味を持つ言葉がたくさん存在します。意味の違いを正しく理解し、上手に使い分けができるようになりましょう。

アクセスランキング