IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「畢竟」の意味と使い方の例文|読み方/書き順/語源/言い換え

更新日:2018年02月18日

言葉の読み方

畢竟という言葉の意味をご存知ですか?この記事では、畢竟の仏教用語としての意味や、実際の文章での使い方、例文などをわかりやすく説明しています。気になる書き順や、英語での言い換え、畢生など似た言葉との意味の違いも必見です。この記事を読んで是非教養を高めましょう。

左れば古来世に行わるゝ和文字やまともんじの事も単に之を美術の一部分として学ぶは妙なりと雖も、女子唯一の学問と認めて畢生勉強するが如きは我輩の感服せざる所なり。

福沢諭吉『新女大学』の引用です。現代文に訳すと「(古来より伝わる和文字を、美術の一部分として学ぶのはいいけれど、)女子唯一の学問と認めて(そればかりを)一生涯勉強するようなことは、私の感服しないところだ」という意味になります。 畢竟は「結局」「つまるところ」という意味の言葉ですが、畢生は「一生」を表す言葉です。同じ漢字が使われていますが、全く違う言葉です。注意しましょう。

畢竟を正しく理解しよう

いかがでしたでしょうか。今回は「畢竟」の意味と使い方、そして用例を紹介しました。畢竟は現代では馴染みの薄い言葉ですが、読書の際に意味を知っていると内容の理解が深まります。 このような難しい言葉をマスターし、誤解をせずに文章を読み解くことは、読解力の向上につながります。言葉の正確な意味と使われ方を理解し、教養をどんどん高めていきましょう。

初回公開日:2018年02月18日

記載されている内容は2018年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング