IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ドグマの意味・法律用語としての意味・セントラルドグマの意味

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「ドグマの意味・法律用語としての意味」と題して、「ドグマ」という言葉の意味や用例について、多角的な視点からご紹介します。「ドグマ」という言葉は日常的にはあまり使われませんが、実は今後、多大な分野において使われる言葉となるでしょう。

先述で「教義としてのドグマ」の意味合いやその用例を日本語でご紹介しましたが、今度は外来語の出典元、英文での用例についてご紹介します。 【「教義」としての「ドグマ」の用例(英語版)】 ・This country’s dogma relating to legal was remade in learning human reason. 「この国の法律上のドグマは人道を学ぶ上で再び改められました。」 ・Her dogma that was gotten from the religion was due to her pure mind. 「その宗教から得た教理は、彼女の本心を満足させることができました。」 ・Needless to say, dogma and law doesn’t get one purpose. 「言うまでもなく、教理と法律は目的を同じにはしない。」

キリスト教における「ドグマ」の意味

宗教上における「ドグマ(教義や教理)」はたいていその開祖が決めた「万民のための方針や理念に基づいた法律」としてあり、または時代の変遷にしたがって、いろいろな人の手によって改変されていく内容を含めています。 しかしキリスト教のドグマは初めから1つであり、それは「神とイエスキリストと聖霊からなる三一体」の教えをまず前提に置き、十戒にある教えをクリスチャン各自が守った上で、万民にキリスト教を布教する使命を帯びていることを、その根本的な主張に置きます。 これはキリスト教会員誰でもあっても変わりなく、全てのクリスチャンがこのようにキリス教会の下で働くことを大事とし、やがて来る再臨(世の終わり)のときにこそ「神の国の義」を求める上で成り立つ「神が人に与えるべき天国」を完成させるために行なわれる働きの完遂を教えています。

「ドグマ95」の背景と意味

「ドグマ」の意味合いは現代において、実にさまざまな分野で活用・流用されており、その意味と活用の派生は芸術分野、映画界、ドラマ、陶芸、美術の世界においても、一般的に知られる日常用語として用いられます。 「ドグマ95」というのはデンマークでの映画運動において提唱された教理であり、1995年に映画監督・ラース・フォン・トリアーをはじめ、その他複数の映画監督や関連人物の間で起こされた「映画を作るときの決まり事」を主張する運動を意味します。 映画を作るときの決まり事としてまず10項目を挙げ、それを前提(基礎土台)とした上で、2008年までに270つもの映画作品を制作してきました。

「ドグマ95」で掲げられたドグマの具体的な内容

ドグマ95で掲げられたドグマの具体的な内容をご紹介します。どの項目も「映画を撮る際の独自の方針」を決めた内容です。 1.撮影はロケーションを使用することを絶対とし、セットを使用しない。 2.音響は必ず映画制作上で作られた音を使用すること。 3.カメラワークは特定の機材を使わず、手持ち作業で完遂すること。 4.全ての映画はモノクロにせず、カラー作品にすること。 5.CGを含む合成したスクリーンフィルターは使用しない。 6.必要以上にグロテスクなアクションを表現しないこと。 7.ストーリー構成はリアルタイムのみに徹し、回想シーンを含む、枠小説的な表現はしないこと。 8.作品を「○○ジャンル」などの無理な枠組みに想定した上で制作しない。 9.基本的なフォーマットは35mmフィルムにしておくこと。 10.監督の氏名をスタッフロール・エンドロールにクレジットしないこと

「ドラゴンズドグマ」の意味

「ドラゴンズドグマ(Dragon's Dogma)」というのは、2014年5月にゲームメーカー・カプコンから発売されたプレイステーション3、Xbox 360用ゲームソフトのことで、その発売時から当ソフトはシリーズ化作品としてを博しています。ジャンルはオープンワールドアクションのRPGで、めくるめく冒険ファンタジーが画面一杯に広がる仕上がりです。 ストーリーとしては、主人公がドラゴンに闘いを挑むも全く歯が立たず、挙句の果てに自分の心臓を奪われた主人公は「ドラゴンに選ばれた者」として蘇生し、その後は自分の心臓を奪回するため、再びドラゴンを倒す冒険に出かけるという内容です。 バンドのB'zによって主題歌『Into Free -Dangan-』が歌われていて、とてもリアル感あふれる内容になっています。

法律用語としての「ドグマ」の意味

法律用語にも「ドグマ」という言葉が存在し、その意味は主に「特定物ドグマ(合意原則)」の法律範疇で問われる内容で、民法570条に規定された「隠れた瑕疵(かし)」について説明するときに用いられます。「瑕疵(かし)」の意味は「(特に買い取り当事者が)予期しない状態や、本来の商品の性質が欠損している場合」を言います。 たとえば中古のギターを購入するときに、そのギターの性能が一見では完璧に見えても、いざ買い取った後からさまざまな部位の機能の欠損が見つかったとします。当然、買い取り主は売買者にその欠損部分の弁証を請求します。 しかしその請求は、売買上の取引においては「商品を買い取り主に渡した」という点で完全に履行していることになり、「欠損部分への弁証」はその契約においては問われないことになります。つまり、買い取り主はその弁証請求ができないことを証明する法がこの「ドグマ」に含まれます。

セントラルドグマの意味

初回公開日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング