IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「訣別」の意味と使い方の例文|読み方/類語/対義語/決別

初回公開日:2017年12月28日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2017年12月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

人生の重要な時期について表現することができるフレーズの1つは「訣別」です。なんだか、悲しいイメージのある表現ですが、実は必ずしも消極的な意味で使われるわけではありません。この記事から「訣別」の正確な意味と使い方を学びましょう。

「訣別」とは?

「訣別」という言葉にどのような意味があるのかご存じだしょうか。映画やドラマの中でもよく使われている「訣別」という言葉の意味を知るのは非常に重要です。 なぜなら「訣別」という言葉が使われる時には、大抵の場合重要な場面になるからです。場合によっては深い悲しみや感動を表現するフレーズにもなります。 そんな理解することが非常に重要とされている言葉「訣別」にどのような意味があるのか、これから具体的に紹介します。そして、正確な意味について理解した後に「訣別」の使い方についても詳しく理解しましょう。

「訣別」の意味とは?

「訣別」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。「長く、きっぱりと別れること」という意味があります。そのため「訣別」という言葉がドラマの中で使われる時には、友情関係が長く、きっぱりと別れることを意味している場合もあります。 そのような人との結びつきが、一時的ではなく長期的にになくなってしまう時に「訣別」という言葉を使用することが可能です。この別れる期間を理解することが「訣別」という表現を使うためには非常に重要になります。 通常、一時的に不仲が生じて付き合いが悪くなるだけの場合は、他の単語でそのことを表現することができますが「訣別」の場合は、 もっと長い期間特定の人の間で不仲が続くことになります。

「訣別」の読み方とは?

「訣別」という言葉がテレビの字幕や新聞で書かれているのを、読んだことがある人もたくさんいるはずです。「訣別」という漢字はどのようにして読むことができるのでしょうか。 「けつべつ」という読み方をします。多くの人は何も意識することなく「訣別」を「けつべつ」という読み方で読んでいることでしょう。学校で習ったとおりに読んでいることになりますが、緊張していると読み方を間違えてしまうこともありますので、この機会にしっかりと覚えておきましょう。

「訣別」の類語について

「訣別」という言葉の類語について知ることは非常に重要です。なぜなら、ある単語の類語について知ることによって、意味の理解をより一層深めていくことができるからです。 では「訣別」という言葉の類語にはどうな表現があるのでしょうか。今まで気づかなかっただけで、普段の会話の中であなたが使っていた他の言葉も「訣別」の類語の可能性があります。

「訣別」のわかりやすい類語は「お別れ」

「お別れ」という言葉を生活の中で何でも聞くことがあるのではないでしょうか。例えば、小学校でも「お別れ式」という行事が行われることもありますし、会社やスポーツグループに所属していたとしても「お別れ会」が行われることも少なくありません。 「お別れ」という言葉はどのような意味で使われているのでしょうか。「訣別」と同じように「きっぱりと別れる」ことを意味しています。しかし「お別れ」の方が、軽い表現として多くの人に認知されています。 「訣別」の場合は、仲の悪い人間関係だった人たちが、付き合うことがないように関係を断ち切りますが「お別れ」の場合は、別れを告げているだけで必ずしも人間関係が悪かったことには言及していません。 少しの意味の違いがあるものの「訣別」の類語の1つに「お別れ」という言葉があることがわかります。

「訣別」の対義語にはなにがあるの?

「訣別」という言葉の対義語にどのような表現があるのかこれから調べてみることができます。反対の意味がある言葉と「訣別」という表現を比較することによって、それぞれの言葉の意味を正確に理解することができるでしょう。

「合意」も「訣別」の反対語の1つ

「合意」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。基本的には「意志が一致すること」という意味があります。「訣別」には「長く、きっぱりと別れること」という意味がありましたから「合意」という言葉も「訣別」の反対語の1つになることがあります。 例えば「契約に合意した」という表現を聞いたら何をイメージすることができますか。おそらく、契約に関連している当事者同士で意見の違いがあった可能性もありますが、最終的には当事者同士の意見が一致したことになります。 最終的に意見が一致したことを表現するための言葉として「合意」という表現を用いることができるでしょう。

決別とは?

書き方が違う買ったとしても「決別」という言葉には「長く、きっぱりと別れること」という意味があります。「訣別」と全く同じ意味になりますので「訣別」を使うことのできる表現であれば「決別」も使うことが可能であることがわかります。

関連タグ

アクセスランキング